FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

全全半全全全半♪

昔、中学の音楽の授業で習いましたね~、全・全・半。。全音と半音の並び方 ピアノの鍵盤で言うと、白鍵のみで構成される長調の西洋音階のことだと思いましたが、音楽理論は難しくてこれ以上はわからないのでここで止めるとしましてm(_ _)m ある曲をハ長調で記譜したとして 黒鍵がよく使われる曲は名曲、とも言われるようですネ。黒鍵つまり半音のより多い曲ということだと思います。たけしくんが20日の酒田市からの「BS日本のうた」で歌われた、岡本敦郎さんの昭和25年のヒット曲「白い花の咲く頃」も、まさにそういう曲だったのではないかな、と思います。そんなことを考えながら、たけしくんのテレビを見ておりました
複雑で難しい歌だったと思いますが、健之くんはこの日もまた、とても手の内に入れられて、真っ白な優雅なお衣装で清新に歌いこなしておられました。1番から3番まで、表現力も豊かに綺麗に堂々と歌われ見事でした。なんと司会の青井アナのお手伝いという役も担われ、会場の声援も一段と熱を帯びて楽しい放送となりましたね~

それにしても「白い花の咲く頃」ー古い曲でびっくりです。大正~昭和一ケタ生まれの方々の他には、懐メロ番組を通じて、我々くらいの年代でやっと知っているというところではないでしょうか
岡本敦郎さんが、生前テレビで語っていらしたのを聞いたことがあるのですが、この方は「藤山一郎」信奉者でいらして、とても憧れておられたようですね。藤山一郎さんは戦前戦後を通じて唯一無二の歌謡界の大スターで、その女性側の双璧が、あの美空ひばりさんであると思うのです。
今月12日、東映京都太秦映画村内にて行われた、ひばりさんの「美空ひばり座」オープニング゙記念に際し、その若い天賦の歌声でひばりさんの歌を何曲も披露された健之くんは、ですから本当に素晴らしいです そんな、今をときめく素晴らしい歌い手であるたけしくんには、今後テレビで、是非新しい曲目もたくさん歌わせて戴ければ嬉しいなと、心より願っている次第です

「悲しかったあの時の あの白い花・・」健之くんの高音の美しさは、その前後の中低音の落ち着いた甘い響きがあってこそ、より生きているのだと思います 私は過去、高音部はもとより、たけしくんのそんな「華麗なる中低音」に魅せられて大ファンになった一人と言っても過言ではないのです。




                                 白い薔薇、紅い薔薇♪
                                  <白い花も、紅い薔薇も

PageTop

10万回越え♪♪

もう、あれから1週間以上が経ってしまい、でもまだ嬉しくて嬉しくて思い出し笑いをしてしまいそうなたけしくんの、テレビ「NHKのど自慢」初ゲスト出演でしたが、石川県白山市からのその放送回で、たけしくんの持ち歌を歌われた方がお二人いらっしゃいました。「金沢望郷歌」と「歌の旅びと」がその2曲だったのですが、あらためて見てみますと、御存じYou Tubeでの再生回数がどちらの歌も10万回を越えているんですね
「歌の旅びと」は10万回というより、もう20万回に近い数字で、「冬のひまわり」も同じくらいです。すごいですネ~
たけしくんの良い声で歌う良い歌なのでテレビやラジオから流れるたびに耳を傾け、あるいは何度もCDを聞き You Tubeを聴いているうちに、やがて、自分でもちょっと歌えたらな~ と人が思い始めるのは、本当に健之くんや健之くんの歌が大衆に愛されている証(あかし)です。
先日のブログでも述べましたとおり、ツイッターなどSNSでも、「のど自慢」ゲスト当日の健之くんの「北の冬薔薇(ふゆそうび)」の歌声に対し、沢山の賞賛の声が溢れていました。ありがとうたけしくん素敵でしょう?今日からさっそくファンになってね、と心の中でにやにやにやにや 
私ごとで恐縮ですが、放送終了後、友人知人達からも、いっぱいメールや電話を戴きました。「のど自慢ゲスト、やりましたね!」は感激でしたし、録画までして見てくださり「相変わらず綺麗で上手い」との嬉しい感想を送ってくれた方もいらっしゃいました。特にお知らせはしなかったものの、後から「いつも見ている番組に出演されていて、感動しました」とわざわざお手紙をくださった方もあって、ファンとしてはもう、この上なく幸せな気持ちです。 ブログアクセス数も、健之くんのこうした人気のおかげで絶好調で心より感謝しております。
ほんとうに、健之くんを知ってくださる方が日ごとに増えて行き 今やごく普通の方たちの間でも、健之くんや健之くんの歌を愛してくれている人がたくさんいらっしゃいます。そのことがまた嬉しいですね。
 
※当ブログの開いているコメント欄にメッセージを入れてくださる方もいらして、ありがとうございます。稀にお返事出来ないこともございますが、今後とも健之くんの応援を末永くどうぞよろしくお願い申し上げます。



♪Fuyuno himawari♪
<男性陣にも人気が高いですネ 「冬のひまわり」>

PageTop

京都「美声」案内♪

12日の、「京都太秦 美空ひばり座」オープニング記念イベントでの、たけしくんの「松原健之 ひばりを歌う」の活躍ぶりはめざましかったようであちこちのメディアでも取り上げられてほんとうにおめでとうございました。(→サンスポドットコム
たけしくんによる、ひばりさんの歌のカバーのうまさは以前から定評がありましたが、こうした大きなひばりさんの!記念イベントへの出演で、いよいよそれは盤石となりましたね~。
 以前、ラジオの番組でしたか、たけしくんが「ひばりさんの歌をうたうときは、曲のテンポをひばりさんと同じにしているんですよ」とおっしゃっていたのを思い出して、たけしくんが、その天賦の才能に頼るだけではなく、「歌」に対して、絶えず人に見えない努力や研究熱心さも忘れない姿勢が、こうして大きな評価を生んでゆくということに思いをいたしておりました。かつて、静岡の森町文化会館のステージで初めて聞いた「お祭りマンボ」の、可愛らしさと華やかさに満ち溢れたたけしくんを思い起こし、歌手として今日ここまで歩みを進めて来られたことに、ファンの一人としてほんとうに感無量です。故郷のみなさんも、さぞ喜んでおられることでしょう これからのたけしくんの歌が益々楽しみですね。
                                                             




                                祝♪祝♪☆
                                         

PageTop

♪霊峰・白山も喜んだ!健之くん初ゲスト♪

6日、健之くんが初めてゲスト出演をされました「NHK のど自慢」石川県・白山市からの生放送を、本当にたくさんの方々が見てくださったことと思います。良かったですね~ ほんとうに良かった

新曲「北の冬薔薇」の歌も、まさにプロ中のプロのそれで、日頃自慢のノドを披露した後の、地元出場者のみなさんは、後方の席で或いはうっとり、或いは真剣に、たけしくんの歌声を聞いていらっしゃいました のど自慢に応募されるという、特に歌の好きな皆様にとっては、こうしてステージのごく近くで、素晴らしい健之くんの歌に間近に接することが出来て、この上なく嬉しく感動的であった事と思います もちろん会場へ詰め掛けた大勢のお客様方も、力強い生の歌声にどなたもニッコニコ顔で時折 画面に映っておりました。

ほんとにたけしくん、この晴れ舞台での「北の冬薔薇」は、落ち着きも趣きもあって、途中静寂感あり盛り上がりありと、実に緩急自在な表現力に溢れ、その上‘華麗’で持ち前のスーパー歌唱力をいかんなく発揮されていましたね~と、同時に、歌謡曲の持つ切なさ・心地よさを、聞く人に存分に伝えてくださったと思います。ブルー地に銀糸の、細身のスーツ姿のステキさも加わり、まさにスターの輝きを発散されていて、そんなたけしくんを家族と共にテレビで拝見しながら、心の底から嬉しく思いました。

たけしくんの持ち歌を歌われた御二方は、残念ながら合格はされませんでしたが、どちらの方も、たけしくんとたけしくんの歌に、深い思い入れと愛情がおありなのが、よく見てとれまして、御本人との会話もとても微笑ましいものでした。
全国たくさんの方がテレビをご覧になっていたのでしょうね~。番組終了後のツイッターなどでも、“松原健之さんのすごいファンになっちゃった”や、“声も雰囲気も素敵” “これはファンになりそう”...とか、読んでいて嬉しくて嬉しくてたまらなくなる言葉がいっぱい並んでおりました
ツイッターと言えば、私も「のど自慢」を見ながら手元の端末でちょうど「急上昇ワード」というのを見ていたのですが、今しも「松原健之」さんが9位になったところを写メでパチリ。凄いですね 多くの方が、一斉に「健之くん」を検索してくださっていたのですね~ 

                              
                          yahoo!急上昇ワード★2013 10 6
                                      (YAHOO!急上昇ワード)                                  もしかして、このあともっと順位が上がったのかも知れません。そうでしたら申し訳ありません とにもかくにも、この日の放送で、たけしくんの歌の素晴らしさと、スターの資質十分の美しさとを知ってくださった方が、またぐっと増えたことは間違いありませんね。これからの日々が益々楽しみです。

デビュー曲「金沢望郷歌」のふるさと、ここ石川県を皮切りに今後とも、出身地の静岡県、しばらく暮らされたことがあるという埼玉県などにも、そして首都・東京やその周辺でも、何度でもこの‘国民的番組’「のど自慢」に、たけしくんが度々ゲストで登場されますよう、心より願っています。

PageTop