FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

2月、シアターコクーンに健之さん登場♪

椎名桔平さん主演で、健之くんの恩師・作家の五木寛之さんの作品をベースにした舞台「教授」に、来年の2月15日(金)に、健之くんも、アフターライブの出演者としてステージを努められるというお知らせがネットに出まして、ファンとしてとても誇らしいことですね~。

場所も Bunkamuraシアターコクーンという素晴らしい劇場で、たけしくんもBunkamuraには観劇や音楽の鑑賞に行かれたことがあると、たしかオフィシャルブログにも書かれていらしたと思います。御自身としても、とても心躍るステージではないかなと、お喜び申し上げます。

シアターコクーンに一番最近行ったのは、昨年のいわゆるコクーン歌舞伎を観た時で、今、病気療養中の中村勘三郎さんの御子息の勘太郎時代の勘九郎さん、義弟の中村橋之助さん、そして尾上菊之助さんらの出られた「盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ」という演目でした。
ちょっと好きなお芝居なので、敢えて若手の活躍するコクーン歌舞伎をみてみました。なかなかに良かったです。
勘三郎さんの一日も早い舞台復帰を、心からお祈りする日々です。


  プログラム☆ 歌舞伎(盟三五大切)

PageTop

Oh!Please! スペシャルステージふたたび♪

健之くんが、NHK「BS日本のうた」に、今年7回目の出場にして、昨年11月20日放送の回以来2度目となります、先輩歌手さんと御三方での「スペシャルステージ」を勤められた模様が、11月11日(日)にオンエアされました 御覧くださった方も多いと思います。
再放送が、あと1回、祝日の金曜日・23日勤労感謝の日にありますので、皆様ぜひまた楽しんでくださいね

華やかなスペシャルステージで、私が特に感動しましたのは、健之くんが、ばんばひろふみさんの「SACHIKO」を歌われた時、♪SACIKO 思い通りに・・と、美声が一気に最高音部へ届く思い切りのよい歌い方がもう抜群で、加えてその音程の確かさも、聴く者にとってとても心地よく嬉しかったところです。本当に、なんてすばらしい歌唱力でしょう!!

昨年9月13日の「歌謡コンサート」以来の、北山たけしさんとのデュエット「コスモス街道」はまさに名曲で、当時のヒット歌謡の力というのをあらためて知ることが出来ます。こうしたデュエットでは、歌い手さんの声が合わさり、2倍の迫力で迫りますから、聞きごたえがありますネ。
オリジナル曲「奥入瀬恋歌」は、ラジオ以外のメディアでは初めてお聴きしましたが、「コスモス街道」「あずさ2号」などの、この『狩人』路線を敢えて踏襲する手法で作られた曲と想像出来ます。あらためて、男声デュオというのも独特の雰囲気があって良いものだな~と思いました。
もしもこれから先、狩人の路線を倣(なら)わない男声デュエット曲が誕生したとしたら、それはそれでまた、斬新かも知れませんね。歌謡曲ファンとしては、期待する余地があるのかも知れません。健之くんに、ぜひまたそうした曲を歌って戴きたいという気もします。
西城秀樹さんの「傷だらけのローラ」も、絶叫調のこれまた名曲で、健之くんも、きっと歌い甲斐のある曲ではなかったのかな、と思いました。
この日健之くんとご一緒された、小林幸子さんも北山たけしさんも、わたしはまだ生で拝見したことはないのですが、特に北山たけしさん、素直で飾り気のない温かい人という印象が、テレビの画面を通しても感じられました。これもきっと、彼の魅力の一つなのでしょうね。
スペシャルステージでは、まだたくさんの曲が歌われておりますので、どうぞ明日の再放送も、お忙しい方は録画録りなどされて、お楽しみになってみてくださいませ。

フィナーレ近くの「ダイアナ」では、我らが健之くんは、歌いながらツイストもちょっと踊られたりして、楽しそうでとても良かったです。


私は健之くんの大ファンですので そういう楽しそうな健之くんのステージを、コンサートやイベントやショーなど、もっといろいろ行ってみたいのですが、なかなかタイミングの合わないことも多く、そんな時は泣きの涙・涙滂沱です。本当です でも、いつも・いつでも、心の中で健之くんの歌に大声援を送っています。だって、大ファンですから。


そんなこんなで、内容もあまり盛り沢山と言えないことも多い当応援ブログではありますが、それでも毎日とても沢山の方が訪れてくださるのは、ひとえに健之くんの人気に依るところで、まこと感謝致しております。7~8月ごろからは特にまたアクセス数が多くなりまして、これはちょうど新曲がリリースされたり、また、今回の大作映画「北のカナリアたち」に、健之くんが公式応援歌「あなたに逢えて」で参加されるということで、世間の大きな関心を呼んでいるのだと思います。夜にパソコンを開いてみて、アクセスの数の多さにびっくりすることもしばしばです。御出演のテレビ放送があった日なども、ことに多くの方が、検索して応援ブログも訪ねてくださるようです。重ねましていつも本当にありがとうございます。


兎にも角にも健之くんは、前回の「BS日本のうた」スペシャルステージの時の、小柳ルミ子さん・竹島宏さんとの舞台、そして今回の小林幸子さん・北山たけしさんと繰り広げられた素敵なパフォーマンス共に、現在の歌謡界に鮮やかな新風を吹き込んでくれる、歌の天使のような存在だと感じました!! お歌の時のお衣装も明るく綺麗で、オープニングの黒のスーツも、ピシっと締って健之くんの美形によく映えました。番組にも、また健之くんにも、若いファンたちがいっぱい増えてくださると嬉しいですね~


※11/11(日)オンエア 「BS日本のうた」
           再放送日が変更になりました。 →12月 7日(金)午後4:30~5:59



                         町はクリスマス♪
                今年は、街なかのクリスマス支度もことのほか早いようです>

PageTop

「北のカナリアたち」俺は何を忘れて来たか

わが家から歩いて約10分以内の所に、シネコンと呼ばれる映画館が3つもありまして、さながら「映画の街」ですね~ 休日にはとても混み合います。
さてそんな映画館の一つに、つい先日、もちろん我らがたけしくんが、公式応援歌「あなたに逢えて」を歌い、なお且つ映画のワンシーンにもご登場ということで、私もいそいそと拝見して来ましたのは、ご存知・東映の大作「北のカナリアたち」です。東映創立60周年記念の作品で、主演はかの大女優・吉永小百合さんでした。
詳しい感想は、公開が終了してからまた機会を見て・・というのが妥当かも知れませんが、まあカタいことは抜きにして楽しくちょっと記してみることにします。


我らが健之さんが、いよいよ銀幕にデビュー♪

先ずは、健之くんは「お医者さん」の役で出演!ということでしたので、ストーリーの中で、誰かが怪我をしたり病気になったりしたところで登場かなと思い、しかし最初に仲村トオルさんが怪我をしたシーンでは、実はたけしくんの登板はまだなのでした。 以前、ラジオ番組の中でたけしくんが、「(出演場面では)森山未來さんとご一緒させて戴きました」とお話しされていたことがあったかと思います。ですから、森山さんにまつわる、それからしばらくしてのシーンに、いよいよ今度こそ健之くんが登場されます。病院のベッドに横たわる急患の体温を読みあげる場面で、あの美声が、本邦初で映画館の客席に響きわたりました~~。ファンはニヤリですね 本業の歌ではなく、こうして台詞(せりふ)であっても、はっきりとよく通る、ホントに美しい声です。 たしか熱は36.5度でしたか それでしたら平熱ですね。この患者さんは大丈夫、助かりそうです

そして、この時点ではたけしくんの姿はまだスクリーンには映らず、観客には警官役の松田龍平さんと小百合さんとが、並んで病院の待合室に座っているところが見えています。それからすぐに処置室の中をカメラが映し出し、そこでたけしくん、いよいよ大スクリーンに初御目見得をいたしました。
ご本人は、ラジオの中で「ほんの数秒の出演で・・・」という感じで語っておられましたが、たとえ短い時間であっても、こうして映画の大作に出演出来るというのは、まったくもってまことに凄いことです!!良かったですね~また是非出演されてください。
最後のクレジットで、わりに良い位置にお名前が出て来て、これも良かったと思います
以前、テレビの人気時代劇「御家人斬九郎」でも、渡辺謙さんの斬九郎の手下の役で、ちょっとユーモラスないい味を出していた塩見三省さん、今回は、小百合さんの柔和な上司の役どころでしたが、その塩見さんのお名前が流れる少し前の、区切りの良い見やすい位置での「松原健之」のお名前の出現に、とても感激しました。
「応援歌 あなたに逢えて 歌・松原健之」の文字も、もちろん流れまして、ファンの一人として大変嬉しく誇らしく思いました
「あなたに逢えて」も益々ヒットされますよう、心の底からお祈りしています。



映画全体の印象は、シチュエーションの違いはありますが、一つの場所=今回「北のカナリアたち」では、それが極寒のロケの場面もたいへん美しい、利尻・礼文の地なのですが、吉永小百合さんはじめ、物語の登場人物が、皆そこへ改めて集まって来るという点で、アガサ・クリスティー原作の映画「オリエント急行殺人事件」を想起された方もおられるのではないかな、と思いました。同じミステリーであるというところで、そうした感想を私も持ったようです。目頭が熱くなったのは、やはり「音楽」・「歌」を通じて友人や師弟の心が一つになる場面。たとえどんな境遇や環境にあっても、良い歌や音楽を共に歌い聴き奏でた経験は、普遍的に、人間の心の大きな支えになるものと思います。



「みんなあなたのことが好きだから」 by「北のカナリアたち」小百合さん

御出演の俳優陣は小百合さん・森山未來さんを初め、皆さんが人気・実力を兼ね備えた方ばかりでした。中で石橋蓮司さん演ずる刑事が、ラスト近くで歌を忘れたカナリアは...の美しい歌声を聞きながらつぶやく、「俺はいったい何を忘れて来たんだろうな・・」が、特に印象に残りました。
たけしくんも6日の御自身のブログで、小百合さんの台詞の一つが特にお気に入られているとのことでしたが、はてどの部分でしょう?でも本当に、心に残る言葉の多いドラマだったと思います。
その小百合さんが、現在と過去とを、髪の長さの違いで上手く演じ分けておられるのが、とてもステキでした。髪の長い若い頃を演じる姿は、「寒い朝」を歌っていらした頃と殆ど変らず、可愛らしかったですネ
そして勝地涼さん、お名前は勿論知っていましたが、お顔を見るのも初めて、もちろん動いているところをみるのも初めてでしたが、演技がとても上手でびっくりしました。出来ればいつか、舞台なども拝見してみたいと思いましたヨ。

では、まだの方もどうか是非是非、映画館でこの「北のカナリアたち」を鑑賞されてみてくださいませ。
筋立ても映像の美しさも、とても一口では語れぬ、群を抜いて秀逸な全2時間10分に亘る感動巨編ですので
御覧になれば絶対に、観て良かったと思われること請け合いです


                       映画館★

PageTop