FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

Jポップ 『あなたに逢えて』 ですよ~♪

24日に川崎アゼリアで行われた、健之くんの新曲にして、東映創立60周年記念作品・映画「北のカナリアたち」の栄えある公式応援歌にも選ばれました、『あなたに逢えて』のキャンペーンです 健之くんのお歌があまりに上手で、神々(こうごう)しいほどでした
『あなたに逢えて』、その、何ものにもとらわれず、集中して一心に歌われる姿に、困難な時代の中で、私達が生きるということへの勇気と希望を感じることが出来まして、聴いていてとても幸せでした。その上に歌声に味があって、とってもいいですね~。途中、童謡の「カナリア」のメロディーの一節が挿入されるところの、素晴らしい健之くんの低音が、曲にハイライトを与えているかのようで、凄いです!! 一方、エンディングで、持ち前の豊かなテノールで「あなたに逢えて♪」と、希望の光へ向かうように、高らかに歌い上げるところなどは、また一段と、光り輝くスターのオーラたっぷりで ファンとしても、ほんとうに感激しきりでした。
パソコンやモバイルオーディオへ曲を取り込む時に、皆様もすでにお気づきと思いますが、たけしくんの新曲『あなたに逢えて』は、このたび「Jポップ」のジャンルです。「カントリー」とか「R&B]とか、もちろん「演歌」とか、曲にはいろいろな範疇に属するものがありますが、今回はJポップ良いんじゃないでしょうかネ。映画の応援歌でもありますし、これから広くいろいろな方にお聞き戴けたら、ほんとに嬉しく思います。


さてキャンペーン会場ではカバー曲の「初恋」で、皆様の明るい手拍子で盛り上がり『あなたに逢えて』のカップリング曲の『想い出の君へ』は、曲調がちょっとクニ河内さんの、「そっとおやすみ」に雰囲気が似ているような感じもして、爽やかな中にも物憂い感じが、これからの季節にもピッタリで、こちらもまた多くの方の支持を戴けそうで、期待がふくらみますね~!! 
今回の新曲とカップリング゙曲は、いずれもあの小椋佳さんの作詞・作曲という豪華さで、カップリング曲の方は、佳さんのアルバム収録曲だそうですが、時代を経てこのたびたけしくんがこうして歌われますと、聞き手のほうもまた、あらためてとても‘ときめいて’お聴きすることが出来るのではないかな、と思います。


たけしくんの恩師の作家・五木寛之さん作詞の、やはりカバー曲「織江の唄」では、たけしくんの、ある時はしっとりと語りかけるような、またある時はひたむきな願いを秘めて詠嘆調に、「織江」の哀しみや諦めや、その中にもほんのわずかな望みにすがるような、はかない感情を写した歌声が、聴く者の魂に響きました。この「織江の唄」のとき、健之くんの歌に足をとめてくださった沢山の方達の方をふとふり向いてみましたら、皆さんとても真剣な表情で、じっと息を詰めるようにして歌に聴き入っているのが目に入り、とても感動しました。曲が終わった時には、皆さん息をふ~っとついたような感じで、あとにはとても大きな拍手が湧き起こりました。そうでしょうほんとうに、健之くんは素晴らしいでしょう、みなさん
終演後、あらためてCDを購入する方も多く見られまして、良かったなあと思います。たけしくんは、デビュー曲の、同じく五木先生作詞の「金沢望郷歌」(この日はアルバムバージョン)を歌いながら、立ち見のお客様ともいっぱい握手をされて回り、その時にも皆さん大喜びでしたね!!

キャンペーンでのこうした交流は、後日、必ず結実するものと信じております。素敵な歌を聴いた心は、その方にとって決して忘れ去ることのない記憶として、いつまでも残ります。その方達はどこかできっと又、健之くんの歌を求めてくださるに違いありません。そうした意味でも、とにかく出来るだけたくさんの方に、たけしくんのあの天賦の歌声を聴いて戴きたいものですね。


「織江の唄」の歌詞の中に「織江も 大人になりました」という有名なフレーズがあります。とてもしっとりと、静かな嘆きを込めてこの曲を歌う、今や立派な大人の歌い手となられた健之さんがそこへ重なり、そして新曲『あなたに逢えて』の、余人をもって代えがたい素晴らしい歌唱力も改めて聴かせて戴きまして、この日、何とも感動的なステージでした。






  アゼリア宇宙カプセル♪JR川崎駅
       <「アゼリア宇宙カプセル」

PageTop

swing (浮動票)♪

アメリカの大統領選挙も、投票日の11月6日まであと2ヶ月足らずと迫り、民主・共和両党の党大会も既に終わって、いよいよあとは両陣営ともラストスパートに入ろうとする所だと思います。しかし11日には、リビアで米領事館が襲撃を受け、大きな犠牲も出ておりまして、エジプトやイエメンなどへもその状況が飛び火してなんだか心配な世界情勢です。日本は遠いと思っては間違いで、経済・政治・そして紛争も、世界全てが繋がっています。金融面ではEU圏での超緩和政策に続き、米でも14日、緩和策の最後の切り札・広く国民の主に住宅資産への効果を狙ったQE3がついに発動され、ご承知の通り昨日は世界中が株高となりました それらの今後の影響も皆いろいろと気になる中での、アメリカでは4年に一度の、オリンピックと同じ年に行われる国を挙げての選挙ですので、ただ見ているだけの私達にも否応なしに情報は入って来て、各国ひとそれぞれ思うところはありましょうが、まあとにかく見守るしかできないですよね。ニュースを見ておりましたら、選挙では「浮動票」もキーポイントの一つ、英語ではswingというそうで、swing voter浮動票有権者、から来ているようです。かの国では、日本ほど浮動票は多くないそうで、そこはやはり、普段からファジーな部分の少ない国民性から来ているのではないかな、という気もします。



さて!!たけしくんの素晴らしい天賦の歌声を、既に御存じの多くのファンの皆様は、私も含めまして、本当に幸せで嬉しいことですね そのたけしくんの新曲「あなたに逢えて」の発売が、これまた来たる9月19日と、大変迫ってまいりました。東映創立60周年記念大作、映画「北のカナリアたち」の、公式応援歌にも選ばれました、たけしくんの10枚目のシングルのこの曲が、世の中の、多くの音楽‘浮動票’をお持ちの皆様の間に、広く新たに浸透して行って欲しいものと、切に願う今日このごろです。

祖父母の代からの前進座ファンで、ずっと色々なお芝居を見続けていたおかげで、私もそこで、五木寛之さん原作・脚本の舞台「旅の終りに」の中で、たけしくんの歌声と初めて出会うことが出来ました。音楽全般が大好きで、学生時代にはへたの横好きのサークル活動で、バンドを組むほど歌も好きだったのですが、当時、なんだかどうも最近、聞く歌が少ないな~と感じていた、いわば私も、音楽業界にとっての「浮動票客」的存在だったのではないかと思うのです。
それが、お芝居のおかげで健之くんの素晴らしい歌声にめぐり会えたのですから、その意味で、私は前進座に足を向けては寝られないほどの恩義を感じています。 健之くんの歌う主題歌「旅の終りに」は、本当に何かにぶつけるかのように力強く、そして小気味よい節回しの中にも言い知れぬ哀愁を帯びて、涙が出るほど感動的でした。劇団自体は残りますが、このたび前進座が、数々のこうした優れた舞台芸術の上演によって30年間守って来た、自前の劇場の歴史を間もなく閉じることとなってしまい、それがなんとも残念で、実は私はまだそのショックから立ち直っていないのですが それはさておき。


世間の、音楽「浮動票」を持った皆様は、まだまだ非常に多いと常々感じている私です。歌は好きだけど、昨今は歌番組も少ないし、うまく時間が折り合わないのでテレビもあまり見られない、iPodでいつも音楽は持ち歩いているけれど、聴いているのは、昔からのお気に入りか、ポップス・海外の曲ばかり、映画や演劇は時々観に行くけど、コンサートで生の歌を最後に聴いたのは、○十年前の、誰の何だっけ??...などなど、こうした方々は、残念ながら驚くほど多くいらっしゃいます 
せっかく潜在的に音楽は好きなのに、新たに聴くべきものがなかなか見つからないのです。私がたまたま芝居を見ていて、運良く健之くんの煌めく才能と素晴らしい歌声に出会えましたように、日本には今、松原健之さんという、輝くばかりにステキな歌い手がおられます!! ですので、この秋には、映画「北のカナリアたち」をご覧になって、また、街やメディアや様々なところで、たけしくんの歌声を耳に目にされまして!! まだ「御自分の大好きな歌手」 という‘投票先’を決めておられない、浮動票を握りしめた沢山の方々が、ぜひぜひ、我らがたけしくんのあの清新な歌声に目覚めてくださり、日本全国に益々ファンが増大して戴けますよう、毎日心の底からお祈りしています。

人は誰も、良い歌を聴くのは大好きですし、“音楽・歌は単に趣味・娯楽ではなく「魂の食べ物」です ”と、たけしくんの恩師・ベストセラー作家の五木寛之さんも、かつてラジオでおっしゃっておられました。ほんとうに歌は、人生の必需品ですね~。



高山植物・リシリヒナゲシ♪
            <高山植物・リシリヒナゲシ>

PageTop

「あなたに逢えて」が今月19日に発売♪

先日、ふとした拍子に、無意識に口ずさんでいた「♪いつだって愛したい 愛されたいと祈るわたし・・」の歌に、自分でも思わずびっくりしてしまった私です。
9月19日発売、健之くんの歌う、東映創立60周年記念映画「北のカナリアたち」の公式応援歌「あなたに逢えて」を、STVラジオの健之くんの番組で、まだ2回しか聞いていないのに、こうして口をついてメロディーと歌詞が出て来てしまうのは、きっとそれがとてもステキな歌だから と嬉しくなります!!

オリジナル曲として、初めて小椋佳さんの作詞・作曲の作品を歌われるたけしくんに、あらためまして「良かったですね~」という気持ちでいっぱいです。やはり、出だしの「暗がりを手さぐりで」 や「気遣いの嬉しさに」 ・・・「いつだって愛したい」 のところの、特徴ある音階の運びを、美しく歌うたけしくんの声が、先ず聞く人の心に響くのではないかなと思います。歌詞は様々な言葉が散りばめられ、覚えるのに大変に見えますが、全体が一つの物語になっておりますので、歌を聞きながら本当に優しい気持ちになります。
途中に、童謡の名曲「歌を忘れたカナリア」のエッセンスが挿入されているのも、ドキッとサプライズですし、その時の健之くんの歌声が、中低音が効いてまた素晴らしいのです。
エンディングの「あなたに逢えて あなたに逢えて・・」は、長調に転じていますので、曲は希望に満ち感動的な幕切れとなっていると思います。

ラジオのたけしくんの歌を聞きながら、懸命に歌詞を書き取って(ちょっと事情で、録音が出来ません)、中高生のころに戻った気分です。あの頃は、録画も録音もありませんから、英語の歌でもカタカナで夢中で書き取っていました~。不思議なもので、こうして歌詞を書いておいて、それをあとから読んでいると、録音をしていなくても、あやふやながらメロディーも思い出して来るものですネ。それにしましても、CDの発売日が心から待たれます。そして!映画「北のカナリアたち」の公開される11月3日が近づくにつれ、ファンならずとも益々どきどき・ワクワクが止まらなくなって来ることでしょう。本当に今年の秋は、実り多くなりそうですね


そして 「シクラメンのかほり」

8月26日の「BS日本のうた」では、同じ小椋佳さん作曲の、「シクラメンのかほり」を歌われたたけしくんです。その極め付きの歌唱力を見込まれ、たけしくんは番組では大抵、とりわけ難しい名曲を歌っていらっしゃるという印象がありますねっ。テレビで、誰もが知っている曲をカバーされるというのは、とても大変なのではないかと推察いたします。でもやはり、当夜の「シクラメンのかほり」も、いつものようにとても綺麗に歌っておられて、安心しました。
たけしくんは、「シクラメンのかほり」と同じ布施明さんの、「霧の摩周湖」を御自身のコンサートでカバーされたり、また3年程前の「BS日本のうた」でも、小椋佳さんの作品である「函館山から」を歌われていたりと、布施さん・小椋佳さん、そして北の大地とも御縁が深いですね。どの歌も、なかなか誰にでも歌いこなせるという曲ではありません。たけしくんは本当に素晴らしい!!
この日は、お衣装の赤のサッシュベルトも華やかでした


            





小椋佳さんが東大を卒業後、ずっと銀行勤務を続けながら芸能活動をされていたことはつとに有名ですが、 昔の話で恐縮です私の大学時代のクラスメートの一人の御父様が、一時、小椋佳さんの銀行での上司だったことがあったそうです。ある日、応接間から、男性のすごく良い声が聞こえてきて、彼女が妹と一緒に、そっとドアの隙間から覗いてみると、なんとその日、仕事で彼らの家を訪れていたのは、あの「小椋佳」だった、という話を、1年生の時だったか、授業のあとみんなで入った喫茶店でしてくれたことがありました。もちろん、その場にいた友人一同、コーヒーをこぼしそうになりながら「え~~っ」の連発でした。そうよね、○○ちゃんのお父さん、偉いんだもんね!という結論で終わりましたが その御父様よりも、おそらく小椋佳さんは銀行でその後、もっと偉くなられ たしか50歳目前で、一つの区切りということで退職をされたのだと思います。当時大きく報道されましたので、よく覚えています。実に羨ましいというか、見えないところでは様々な御苦労もおありだった思いますが、小椋佳さん御自身は、幾重もの才能に恵まれた多彩な半生で、凄いですね~。

                       



後になってしまいましたが、先日の当ブログの応援日記の記事に、管理人宛てにステキなコメントを戴きました。映画「北のカナリアたち」の公式応援歌に、たけしくんの歌が決まったことを心から喜んでくださり、皆様も御一緒に健之くんを応援して戴けると本当に嬉しい、という私の思いを、正に体現してくださっている方のようです。誠にありがとうございました。これからも、どうか末永く健之くんの応援をお願いいたします



                           ブルームーン☆2012 8 31
          <昨夜評判だった「ブルームーン」(月に二度目の満月)を、携帯からパチリ。
           ずいぶん前ですが、若い!ブルース・ウィリス主演の、
           「こちらブルームーン探偵社」という海外ドラマがありましたネ~

PageTop