FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

犀星のうたを ♪「金沢望郷歌」♪

24日のNHK「BS日本のうた」で、久々にデビュー曲「金沢望郷歌」を、しかも「名曲イレブン」のコーナーで 歌われた健之くんでしたね~
季節に合わせて、この日は「♪春の風吹く~」の歌詞も素敵な2番も、御披露されました。
あらためてお聞きしますと、「金沢望郷歌」はさすがに、たけしくんの恩師、作家の五木寛之さんの作詞と、ヒットメーカー・作曲家の弦哲也さんのお二人によります、渾身の作品であるだけに、格調も情緒もある佳い曲で、しかも穏やかに見えてその実、歌うには大変難しい曲ではないのかな、と思いました。本当にたけしくんは、曲の隅々にまで微に入り細に亘って気を遣われながら、実に上手に歌われます。サビの部分の「この街に生まれ この街に生きる・・」のところは勿論素晴らしいのですが、サビ前というのでしょうか、「犀星の詩(うた)をうつす犀川」 「辰巳の用水(みず)は今日も流れて」 などのところから、次第に最高潮へと曲が盛り上がっていくさまが、とても良いんです 最高音部もラクラクと、且つ音程もこれ以上ないほどに決まるという、たけしくんの声と歌唱力があってこそ、この、しっとり&しみじみとした序章から、故郷への切ない愛惜を込めながらも、どこかワクワクした気分へと続いてゆく曲の感動が、初めて素直に、聴き手の心に届くのだと思います
お衣装も、デビューの頃のカッチリとした感じから、大人のエンターテイナーへと、ひときわ美しく変遷を遂げられている象徴のような、綺麗な黒のラメとラインストーンの輝きが、ライトにも会場の歓声にも映えて、とっても素敵でした。又のテレビへの御登場が、こころから楽しみです。



「五木寛之ブックマガジン」から☆☆
<たけしくんの歌と同名の、小説「金沢望郷歌」を執筆された頃の五木寛之さん。有名外国人アーティストとの対談中のスナップのようです。(五木寛之ブックマガジン)>

PageTop

加賀百万石。

6月2日のたけしくんのブログ「気ままに気まぐれ日記」に、金沢にて今年の「百万石まつり」の雰囲気を楽しまれたという記事がありました。良かったですね~
後で調べてみましたら、お祭りの主役の加賀藩祖・前田利家公の入城行列で、2012年の利家公役は、俳優の川野太郎さんが務められたということでした。3日間のお祭り全体も、さぞ華やかでしたことでしょう。
川野太郎さんといえば、NHKの連続テレビ小説「澪つくし」以来、私もずっとなんとなくファンでしたがちょうど先月後半の東京で、川野さんが、かつてたけしくんも、五木寛之さんの原作・脚本の舞台で共演されたことのある、前進座の嵐芳三郎(当時・広也)さんが外部出演されたお芝居に、一緒に出演されていたのを拝見することが出来ました。当初、川野さんの役は、渡辺徹さんが演じられる予定でしたが、徹さんが稽古中に急病で降板、急遽、川野さんが代役に立たれたのですが、台詞も多くてさぞ大変でいらしたと思います。でも、とても良い舞台でした。そして、更に台詞も動きも多かった芳三郎さんは、22日間の公演を、本当に体力・気力共もつのかなと、終演後に観劇仲間と語り合いましたが、無事好評裏に千秋楽をお迎えになったようで、ほんとに良かったです。徹さんも、今月には、すっかり善くなられたとテレビのインタビューにも登場されていましたネ。誠に安堵いたしました。。
お芝居の上演が、初め6月3日までの予定から、5月31日までに変わったのも、やはり諸事情あってのことでしたでしょうが、今から思いますと、川野太郎さんが、6月2日にこの金沢でのお仕事がおありになったのも、理由のひとつかも・・・と思ったりしています。


                               シズウェ ちらし★

PageTop

出色の「函館山から」♪♪

落ち着いて家のパソコンの前に居ることが少ない日々ですが、その間にも、当応援ブログにたくさんの方が御訪問くださり、これもひとえに、健之くんの大きな人気のおかげと、心より感謝致しますと共に、厚く御礼申し上げます
5月の中旬以降は特に、健之くん初のコンサートツアーも盛大にとり行われまして、そうした影響でこちらへまでびっくりするほどのアクセス数を戴き、恐縮の極みです。まことにありがとうございます。

さて明日には、たけしくん御出演の、NHKテレビ「BS日本のうた」 の放送もあります!!
5月31日に、厚木市で収録されたもので、とっても楽しみですね~。皆様ぜひぜひご覧くださいませ。
そして、同じく明日は、レギュラー番組「STVラジオ 松原健之 歌をあなたに」の放送日です~。もう約1週間が経ってしまいましたが、今週の放送は、本当にファンにとりましてもとりわけ楽しいものでした
前日6月16日の、「STVラジオ開局50周年 ドキドキおまつりプラザ2012」の中での収録が、早速この日オンエアになったのですが、札幌の屋外会場で、詰めかけた大勢のお客様を前に、生で歌われた健之くんの、その素晴らしい歌声が、本当にステキで、心洗われました。
日曜は朝から出掛けることが多いので、たけしくんの番組は、主に出先で慌ただしくお聴きしていますが、今週もなんとか喫茶店に滑り込んで 番組を、携帯情報端末からイヤホンで そして録音の準備のいとまもなく聞いておりましたが、つくづく、たけしくんのこの歌を、録音して家族にも聞かせてあげたかった!!と思いました。そのくらい感動的で涙が出るようで、なおかつたけしくん本来の、自由で自然でのびのびとした歌声でした。私にはそのように聞こえてとても嬉しく感じました。

「函館山から」は、あれほど情緒的でしっとりとした曲ながらも、ラジオから健之くんの歌声が流れるや否や、歌と共に、ワルツのリズムに合わせて体が浮き浮きと動いて来てしまうのです。たけしくんがどれほど素晴らしいリズム感を持った、聞き手を知らず知らずの内に心地よくさせてしまう歌い手さんであるかが、本当によく分かりまして、あらためて、心から凄いなあと思いました
こぶしも軽々と しかもとても美しくて、札幌の爽やかな空気を繊細に震わせるかのようで、まさに出色でしたね~。
「愛のうた」も、いつにも増してのびやかで、また、一段と優しさと哀愁がありました。もっと歌いたい!もちろん、ファンはもっと聞きたい!といった感じがしませんでしたか?
「あなたに花を」も、今の季節には「夏」のくだりに、より明るく爽やかなノリが感じられて華やぎますね。

いや~、こんな素晴らしい歌声を聴くことが出来まして、今週は本当に幸せな日曜日でした。
録音が出来ないのは残念としても、でも、今までにも健之くんがコンサートやイベントで歌われた歌の中には、その場の録音もビデオも無いからこそ、よけいいつまでも、心に残って消えることのないものや、あるいは又、たった一度しか聞けなかった曲もあり、それはそれで、なんとも言えず良い思い出なのです。そんな思い出のページが、またひとつ心の中に加わった気持ちです。
たけしくんのたぐい稀(まれ)なる素晴らしい歌声を、またぜひお聞きしに行きたいものです



                                   「アイス」の美味しい季節♪

PageTop

健之くん コンサートツアー 大団円♪

キラキラ→オレンジキラキラ
「松原健之コンサート2012~ときめきはバラード~」ツアー
この度、各地の公演がいずれも大盛況・大成功の内に
目出度く閉幕されましたことを、心よりお喜び申し上げます!!

   5月19日(土)東京・ヤクルトホール 15:00~
   5月26日(土)磐田市民文化会館 15:00~ 
   5月27日(日)名古屋テレピアホール 14:30~ 18:00~
   6月3日(日)神戸朝日ホール 16:30~ 
   6月10日(日)金沢市文化ホール 13:30~ 17:00~

PageTop

福を招ぶ猫♪

2日のたけしくんの「気ままに気まぐれ日記」に、たけしくんの恩師・作家の五木寛之さん命名の、金沢市内の「あかり坂」で、たけしくんが撮られた猫の写真が載っていました
夜ですが、おそらく毛の色が茶と白の猫が、高みに佇んでいるのが判別出来ます。冴えざえとした月も一緒に写って、何かステキな静謐な雰囲気がありますね~。
たけしくんは、ほんとに猫がお好きなんだな と思います。

「猫」も「月」も、これをテーマにした物語や小説が、古今東西、実に多い気がします。「長靴をはいた猫」・「月と6ペンス」、 「不思議の国のアリス」にも猫が出て来るし・・日本でも、「赤い月」や、また短歌や俳句の世界では月は常連ですし、猫は、なんといっても夏目漱石の「吾輩は猫である」や、谷崎潤一郎にも「猫と庄造と二人のおんな」という作品がありました。いずれも、もう一度読んでみたいな~と思えて来てしまいます。


漱石も、猫が好きでした。
五木寛之さんも、きっと猫はお好きですね。
前にたしか、BSの番組「五木寛之 21世紀・仏教への旅」の中でも、五木先生が愛おしそうに、猫の頭を撫でているシーンがありました。そのあたりも、師弟で健之くんとよく似ておられますネ。

漱石は、小説「吾輩は猫である」を発表する前に、題名はどうも「猫伝」とするつもりだったらしいのです。そこを、親友・正岡子規のお弟子さんである高浜虚子から、「吾輩は猫である」にするようアドバイスを受け、無事、この小説は「吾輩は猫である」として、後日、雑誌「ホトトギス」に連載されることになったと言われていますね。「猫伝」でなくてホントに良かったと心から思います。でも、希代の文豪にして、こういうこともあるのですから、なんだか少し、安心いたします。ブロンズ ねこ�♪

                  ブロンズ 猫�♪

写真は、街角で見かけたブロンズ像の猫です。像と一緒にあった碑を読みますと、昔、この近所に実在した猫だそうで、当時、猫の頭をなでた人達に良いことが次々起こったそうです。福を招(よ)ぶ福猫の記念に、街の方々が後年こうして、像を作ってくださったのですね。とても縁起が良さそうなので、私も写真を撮ってみました。

たけしくんがこれからも益々御健康で、素晴らしい歌声で大活躍を続けて行かれますよう、いつも心よりお祈りしております。

PageTop

「歌い手の個性によって変わる歌」♪

5日の、健之くんのブログ「気ままに気まぐれ日記」に載った、五木寛之さんの「わが人生の歌がたり」のご本には、後半の、「歌い手の個性によって変わる歌」の項に、健之くんがカバーして歌われた、「初恋」について、本当に心からのお褒めの言葉を、述べてくださっているのですね~!!
五木先生の、この回(第43回)に当る、ラジオ深夜便・「わが人生の歌がたり」の放送は2008年10月26日、再放送が2009年6月26日の、いずれも日曜日でした。たけしくんが、「NHK歌謡コンサート」で、村下孝蔵さんの「初恋」を初めてカバーされたのが、2008年の9月2日でしたから、
五木先生はこの健之くん御出演の番組を御覧になって、そして翌月の御自身のラジオ深夜便で、さっそく健之くんのお名前を挙げて、健之くんの歌を絶賛してくださったんですね。
あらためて、本当に嬉しいことです!!
私は、この時の深夜便本放送は聴き逃してしまったらしく、再放送をお聴きしまして、当ブログにても感想を書いておりますが♪ たけしくんの大ファンなのですから、五木寛之さんのラジオは、ちゃんと本放送を聴いているべきでしたねっ 

五木寛之さんにとりましても、愛弟子の健之くんは、ほんとうに可愛い存在なのだと思います。「彼は(初恋を)とても上手に歌っていて感心しました」という、ラジオの向こうで、おそらく満面の笑みをたたえながらのお話しのくだりが、今でも特別耳に残っております。



本屋さんの中を歩いてふと目に入って来たのが、偶然これも「初恋」に端を発する長い小説で、長いけれど文庫でコンパクトなので、五木寛之さんの本と一緒に購入して来ました。辻仁成さんとの「奇跡の二重奏」と、帯に書いてあります。では辻さんの作品も読まないと完結しないのかな?! 江國さんと辻さん、2人の人気作家の関係にも興味津々です。
小説「左岸」上 下♪

PageTop

亀→猿へ。(^^)

たけしくんの、今回の「松原健之コンサート2012 ~ときめきはバラード~」ツアーも、いよいよ、来たる6月10日(日)の最終地・金沢2公演にて大団円を迎えます!!
これからも、たけしくんのコンサートツアーは何度もあるものと、心から楽しみですが、ともあれ今回は10日がファイナルとなりますので、くれぐれも健之くんの素晴らしい歌の数々をお見逃し・お聴き逃しのないよう、何卒皆さま、万障お繰り合わせの上、奮って会場までお運びくださいませ。


そして今日は、歌舞伎の市川亀治郎さんの四代目(よだいめ)・市川猿之助襲名興行が、東京・新橋演舞場にて幕を開けました。「亀」治郎から、「猿」之助へ。また一つ、演劇のシーンが変わります。私はのんびりと、昨日になって、松竹のホームページを見てみたというほど出遅れましたので、チケットは買えませんでしたが、芝居好きの友人たちも、皆なかなか手に入れにくかったようです。大きな襲名興行は、だいたい全国を3年位は回ると思いますので、演舞場が終わって、御一行が巡演に出られましたら、一度どこかで観てみたいなとは思っております。
今回は、皆様御存じのとおり、天下の芸達者・亀ちゃんの襲名はもとより、三代・猿之助さんの猿翁襲名、テレビでお馴染の香川照之さんの市川中車襲名と、その息子さんの市川團子(だんこ)襲名&初舞台とが重なり、亀ちゃんは、先代の「スーパー歌舞伎」も踏襲し御披露するということで、話題があまりに盛りだくさんで、チケットもすっかり入手困難になったものと思われます。
舞台を御覧になられる方、おめでとさん!

                          「2011浅草歌舞伎」より☆
                      新・猿之助さん(右端)。2011/松竹・浅草公会堂「浅草歌舞伎」より                     

そしてそしてたけしくんとも、作家・五木寛之さん原作、脚本の舞台で共演されました、中村梅雀さん出演の、初のコマーシャルが、今、テレビで放映中です。日本香道のお線香のCMで、NHKの「世界ふれあい街歩き」のナレーションなどでもおなじみの、特徴あるわかりやすい口跡の語りとともに、爽やか・穏やかな梅雀さんの笑顔が可愛いです
梅雀さんは、今、大河ドラマ「平清盛」でも、歌舞伎をはじめ数々の舞台で鍛え上げた、誠に重厚且つ華麗な所作と台詞まわしとを駆使され、大活躍中です。
たけしくんの歌=素晴らしい芸術 を愛する者として、
同じく芸術の世界の話題は、いろいろと嬉しいですね~。


※先日ブログの整理中、操作を誤り、せっかく戴いた過去のコメントの内の何件かが消去されてしまいました。
 誠に申し訳ございませんでした。心よりお詫び申し上げます。

PageTop

食の安全・安心& 新CD♪

先日の健之くんのブログ「気ままに気まぐれ日記」に、たけしくんが長ネギと一緒に写っている写真が載っておりましたね~。意表を突いた構図が楽しかったです。

そしてその後、同じく健之くんのブログに、来たる7月25日に発売予定のアルバムと、テイチクレコードの先輩歌手・北山たけしさんとのデュエット・シングルのことが発表されました。
シングルは、ネットで検索しますと「フォーク歌謡」ということです。
デュエットのお二人それぞれにとりましての新風・きっかけ、また、そこにとてつもない良い結果も、生まれて来るやも知れません。
曲のヒットを衷心より祈念申し上げております。
アルバムとシングル作品の、2枚同日の発売ということで、アルバムのほうも、たけしくんの、どのような歌声がたくさん収められるか、本当に楽しみですね!!

        


↓こちら、何日か前に九州の友人が送ってくれた、新鮮な野菜たちです。まだほかに、まん丸で大きく真っ白な玉ねぎもたくさんありました。
    佐賀の人参・そらまめ♪
<にんじんとそら豆。茶色の敷物に置いてみたら、土の上の採れたて野菜みたい
                                               
昨年の震災後、H22年度産米が、店頭という店頭からいったん全く消え去ってしまい、大変困ったのを機に、友人を介して九州からお米を買って、定期的に精米して送ってもらうようになりました。そのついでに、友人はいつもいろいろなオマケを、荷物の中にいっしょに詰め込んで来てくれるのです。
自家製の梅酒やら、新鮮な果物、銘菓等々、そして当地の季節の移り変わりの様子や、日常の生活を報らせてくれる長い手紙も付いて、まるで新たに田舎が出来たみたいで、本当に嬉しく、感謝をしております。彼女とは以前、ほんの短い期間、東京の或る会社の営業所で机を並べていたことがあるだけの間柄なのに、本当に有難い事です。食の安全・安心も、昨今とみに大事なことですが、心を癒してくれる大切な友人の存在もまた、遠く離れていると、あまりというか殆ど会えないけれど、居てくれるだけで、つくづく安心します。
ちなみに、もたないのでおネギまでは荷物の中に入って来ないため 私共では最近、京都の九条ねぎなども、よく近所のスーパーで買って食しております。慣れるとなかなかの美味です。
お茶はもちろん、たけしくんの故郷・静岡県は掛川のそれはおいしいお茶を、もうずっと長いこと、頂いております。

PageTop