FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

登り龍の年へ♪愛を

     トレッサ横浜 北棟♪
26日、TOYOTA presents 
たけしくんがゲスト出演される、「ゆうきのつばさ2011~インクルージョン(包みこむ)社会へ~」
障害の有無などに関わらず、すべての人たちがその人らしく活き活きと命を輝かせて生きることができる、
そんな「インクルージョン(包み込む)社会」の創造を目指したイベント

トレッサ横浜 北棟リヨン広場での催しへ出かけてまいりました。
こちらが「リヨン広場」ですか?と、北棟会場のフロア係の男性に尋ねますと、はい、そうです。よろしかったらどうぞお掛けになって・・と、にこやかな返事が返って来ます。その時は健之くんがゲスト出演される、書道家の金澤翔子さんとのイベントの前のコーナーで、まだほんの少し残っていたお席が、私が館内をウインドーショッピングして戻ってみますと、もうまったくの満席、立ち見の方々も続々とおいでになっておりました。26日、大盛況でした。
たけしくんの1曲目「愛のうた」は、あとから司会のあいざわ元気さん(震災直後の4月にユーストリームで拝見した、健之くんも参加された、「がんばろうニッポン 愛は勝つ」プロジェクトでも司会進行をされていました)が、「今の歌で、会場中がいっぺんに愛で包まれてしまいました!!」と言われた通り、本当にのびのびと暖かく会場を包みこんで、それはこのたびの「ゆうきのつばさ2011~インクルージョン~包みこむ社会へ」というイベントテーマにもピッタリと寄り添った、そんな健之くんの、素晴らしい歌声でした。
次に歌われた、12月14日発売のミニアルバムの中から、タイトルと同じ「風よはこんで」の熱唱をいち早く生でお聞き出来たのも嬉しいことでした。間近で健之くんのこれらの歌を聞かれていた、直前に会場のお客様を前に席上揮毫(きごう)と言うのでしょうか、水茎のあとも麗しく、見事な書を何枚もしたためられた、書家の金澤翔子さんも、ここではすっかり乙女心を奪われてしまったようで、お二人一緒のステージ上での温かいフィナーレは、大勢の観衆の皆様も、きっと幸せな気持ちになられたことと思います。 私も久々に、そうした穏やかで幸せな気分を味わうことが出来ました。


ダウン症を持つ書道家、と、この度のイベント「ゆうきのつばさ」のホームページにも、また金澤さんを応援するページにもご紹介があり、どちらも読ませて戴きました。
様々な障害のある方々については、私の通っていた中学にもそうしたクラスがあって、時々交流をしたり、また映画の「レインマン」を観たときにも、すべてがノンフィクションではないにしろ、いろいろな事を考えさせられました。米ドラマの「ビバリーヒルズ青春白書」の中では、ごく普通の明るく見える学生が、実は“学習障害”というあまり聞き慣れない症状を背負って生きていることが、ずいぶん前ですが取り上げられていました。私の知人はこれもまた長く、車椅子サッカーのボランティアをしています。人は本当に、いろいろな境遇の中で暮らしているものなのですね。すべての人を飲み込み、内包して、なおかつ自然に正しく機能する社会へ向かって、私達は少しでも近づいていかねばならないと改めて思いました。

ダウン症患者さんの中には、努力して調理師試験に合格される方もおられるんです。とても几帳面な方々が多いので、きっちりと材料の分量を量らなければならないお菓子作りなどには、ことさら力量を発揮されるということもあるそうです。
この日拝見した金澤翔子さんの書道も、誠にきっちりと几帳面な筆使いで、しかし書き上がった作品には、驚くほどの躍動感や勢いもいっぱい!! 一方、ホームページには静寂感のある「無」などの文字も並んでいて、実に立派な才能です。

歌でその天賦の才を遺憾なく発揮し、ベストセラー作家・五木寛之氏をして「奇跡のクリスタルボイス」と言わしめた、今をときめく気鋭の人気歌手・松原健之さんと、障害を持ちながらも、煌めく才能と純粋な心で人々の心を捉える書道家・金澤翔子さんとのつかの間のコラボレーションは、とても楽しく爽やかに心に残りました。
金澤さんと一緒にしたためた、健之くんの見事な“愛”の字とともに。


金澤さんは、来年のNHK大河ドラマ「平清盛」の題字も担当されるということで、これもまた大きな楽しみですネ、と健之くんがステージで語られ、また彼女がその場で大作「龍翔」の揮毫に臨む際などにも「来年はたつ年ですからね」「龍の字は本当に龍が登って行くような感じ」「書はアートと言われますが、金澤さんの書はアートを超えたアート」と、たけしくんは随所で的確なメッセージも述べられておりました。

大河ドラマ「平清盛」の脚本は、大好きだったNHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」の作者の藤本有紀さんで、だいぶ前から始まるのを楽しみにしておりました。芝居好きの友人によりますと、俳優陣も含めて、かなり期待の出来る内容のようです。健之くんが五木先生作の舞台で3年間共演された、中村梅雀さんも出演されるようですので、どこに登場するか、こちらもぜひ楽しみに。皆様もどうか興味津々でご覧になってみてくださいネ~。


                                       26日 ホッと♪
                                        <ホッ

PageTop

♪心の旅で☆☆遠くへ行きたい♪

20日・日曜日の夜はもちろん、健之くん御出演の「BS日本のうた」で、楽しく楽しく過ごしました~。
全国たくさんの皆様が、テレビを見てくださったことと、実感しております。健之くんの故郷で見ておられる皆さまも、たけしくんの今回のスペシャルステージ登場は、本当に心待ちにされていた時間だったことでしょうと、誠に嬉しく、またファンの一人として誇らしい気持ちでいっぱいです
たけしくん、こんなに立派に成長されて、素敵な歌手になられて、しかも画面からは、緊張というよりむしろ、しっかり落ち着いて歌もダンスの演技もされていたように感じられました。
テレビを拝見しているこちらも、安心で満ち足りた気分に包まれます。これならば、いつ「紅白」に出られても大丈夫と、これもまたファンとしては、その日を楽しみにする気持が膨らんで参ります。遅くても早くても、あるいは遅かれ早かれ、その日はやって来ますので、いったいその時にはどうやってお祝いしましょうと、非常にワクワクいたします。

「BS日本のうた」のスペシャルステージでは、たけしくんのお衣装もステキでしたが、光沢のグレー・爽やかな白、銀糸とライトストーン輝く黒と皆様はどれがお好みでしょうか?
私は、たけしくんには、華やかな照明にキラリ・キラリと大人っぽく輝く素材を使用した装いが、
どれも嬉しくてたまりません。とてもよくお似合いですものね。
このスペシャルステージで披露されました、めくるめく健之くんのなんと全10曲のラインナップは、with小柳ルミ子さん・竹島宏さんのものも含めまして、どの歌も素敵でしたが、中でも「遠くへ行きたい」は、健之くんの素晴らしい中低音の効いた一曲で、あらためて聴きごたえ十分の迫力に満ち、一方、高音部の魅力が生かされたデビュー・ヒット曲の「金沢望郷歌」との対比は、
たけしくんの歌声の多彩さと、ジャンルの広さとを、全国のお茶の間の皆様にも、また沢山知って戴けたことと、嬉しく嬉しく、思います。
すでに会場の声援もとても大きくて胸ときめきますが、これからも、もっともっと絶大な応援が広がってゆくことが期待されますネ。 

「心の旅」も、ことのほか素敵でした。センチメンタル・ジャーニーのメロディーに乗って登場され、そのまま「心の旅」の小柳さんとのデュエットに移るのも、今回のコーナーのテーマである「旅」を意識したものだったと思いますが、良かったですね~。
優しく手と手をつないで歌われた時の姿は、まるで、十和田湖のほとりの、あの「乙女の像」のようでしたが,むしろ乙女の像よりもずっとスリムで美しいお二人でした。 
聴衆に夢を運ぶエンターテインメントここにありという感じで、すべて楽しゅうございました。


                                

「心の旅」には、私なりに思い出もありまして、あれは大学1年生になったばかりの頃、学内のフォークソングのサークルに参加して、1年先輩の2年生に、当時のアイドルによく似た、とても可愛い女性がおりました。もちろん、男子学生たちの圧倒的な人気の的です。でも、その彼女が大好きで仕方がないのは、4年生の元部長の男子。4年になるとあまりサークル活動はしなくなりますが、時折練習で見かけるその人は、いかにも統率力のありそうな、ちょっと近寄りがたい雰囲気の学生で、しかし実際は、女性に対していささかちゃらんぽらんなところもありましてその彼女とも、くっついたり離れたりを繰り返していたようです。そして、その「離れたり」の時には、周りの男子達が秘かに喜んでいたらしいのも岡目八目の下級生たちには可笑しかったですが、しかし当の彼女はいつも、とても何かに悩んでいたようです。
さて私達が入学した年の夏、山中湖での合宿に、4年生たちも途中から参加して、いよいよ合宿最終日の夜を迎え、それまでの練習の成果を発表する形で、みんなに作品を聞いてもらい合う場となりました。 まず演奏はしないと思っていた4年生の中で、「彼」が思いがけず部員達の前に立ち、それじゃ特別にやるかな~ という感じで、バンドメンバー達と共に、おもむろに演奏を始めたのが、チューリップのカバーの、この「心の旅」でした。「♪ああ だから今夜だけは 君をだいていたい・・・」。 一心にギターを弾きながら歌う元部長の姿に、部員のみんなは、男子といわず女子と言わず、心打たれました。あー、うまく行ったんだ、彼と彼女、やっとうまく行ったんだな・・と。 彼女は、オーディエンス側に並べられたパイプ椅子の席で、ずっと嬉しそうに下を向いて座っていました。 


まあ、そんな遠い日のアマチュアサークルでの思い出の曲なのですが、今、所もNHK「BS日本のうた」という、素晴らしい大舞台で歌われました我らが健之くんと、ルミ子さんとの綺麗な「心の旅」のデュエットをお聴きしながら、ウルウルするほど懐かしく又、健之くんの晴れ姿に、
嬉しくてたまらない私なのでした。






                           「よろしかったら」♪
<この日の「BS日本のうた」では、筒美京平さんの曲も何曲か歌われまして、楽しかったですルミ子さんの「飛んでイスタンブール」の歌とダンスもとてもステキでしたネ
スペシャルステージに先立つ「よろしかったら」も、一緒に歌っておりました。↑家にあったジャケットです~。
「湯島の白梅」がまた好きで、こちらも一緒に ~「鏡花の世界」~の一つですネ

PageTop

ヒカラビタ、サバ?!

ちょっと前のたけしくんのブログ「気ままに気まぐれ日記」に、最近やっとカレーの作り方を覚えました、という記事がありました。とても微笑ましくてそれに、何かとてもよくわかるような気がいたします。

社会人になってだいぶ経ったころ、ある時一念発起して仕事を1年間休み、調理師専門学校に入学する経験をしたことがありました。それまで私は、料理と言えば本当に食べる一方で、包丁はおろか、ほとんど自分でマッチも擦ったことがないような不器用さでさすがにちょっとこれは、と思っていたところ、仕事も煮詰まり気味でしたし、ちょうど料理の業界に興味を持つきっかけもあって、どうせやるならと、思いきって調理師学校の願書を手にしたのでした。長い人生、1年くらい仕事を辞めても差支えなかろうと、考えたのだと思います。今から思えば、それはなかなか良い決断だったとは思います。若いフレッシュな生徒さん達に混じって、過去の自分の学生時代にもなかったほど、一生懸命に勉強させていただきましたが、同じように、社会に出てかなりの時間を経過したお仲間も、けっこう多く入学して来ていて、切磋琢磨しながらも、それなりに楽しい日々でした。脱サラなどで、自分のお店を持ちたいと目論む方も、かなりいらしたと思います。

卒業するころには、それが卒業の必須条件のひとつでもあったのですが、包丁を見るのも怖かった私も、実習で、大根の桂むき1メートル!も無事クリア出来るようになり、座学(栄養学・衛生学など、立って行う調理の授業に対して座って受ける授業のことを言います)の先生から、いつもやんちゃで、座学の時はおしゃべり三昧?!の生徒さん達に、君たち、たった1年で、私達教師と同じ「師」のつく調理師ですか・・と嘆かれつつ、それでもめでたく皆卒業 卒業式のあとの謝恩会は恵比寿の大きなホテルで行われ、日頃のお詫びとお礼とばかり、若い卒業生たちはみんな大泣きして、先生方に抱きついたりして大いに別れを惜しんでおりました。いい子たちなんだなぁと、ほのぼのしました。

しかし言うまでもなく、資格を取ることと料理を美味しく作れることとは全く別のことです。また調理師は外食産業の中にのみ存在するもので、その作り出す料理は、家庭の日々のそれとは、似ているようでやはり少し違っています。その上で、料理とは?と聞かれたとして、答えはやはり、「愛情」でしかないと思うのです。野菜でも肉でも、そうした扱う素材たちへの愛情と、食べてくれる人たちへの愛情そのものです。
健之くんのいらっしゃる芸能界にも、調理師資格を持つ方が結構おいでになると聞きました。神奈川県出身の歌手の小金沢昇司さんも、たしかそうではないでしょうか? 一度、たけしくんも出演されました、新橋の歌謡ショーで拝見しました。眼差しの優しい方ですネ。

その後しばらくの間、そのまま調理師学校で仕事をさせて戴いたり、調理の現場を見たりして、外食産業の表と裏を知ることが出来たのは、良かったのか悪かったのかはわかりません。 そして私は相変わらず、今も「料理」は不得意のままです

  ※タイトルの‘ヒカラビタ サバ’は、料理のお話ではなくて、さっき何ヶ月ぶりかで見た、アニメ
  「クレヨンしんちゃん」の中で、しんちゃんが「身から出た錆(さび)」を言い間違えていたのが
  面白かったので。 出発進行 ナスのお新香~ とか、しんちゃん語録はいつも可笑しい
  ですね~~。



                               
                            オープンキッチン風ディスプレイ♪

PageTop

遠い あなた 遠い♪

公式スケジュール等によりますと、10日には、松江でNHK「BS日本のうた」の収録予定のたけしくんです。 今回は、その後の放送日が11月20日と近いので、とっても嬉しいですね!楽しみにしております
松江、地元の方は「まっちぇ」とおっしゃいませんか?もうだいぶ以前に、一度家族旅行で訪ねたことがあるのですが、なんとも良いところでした。山陰の風情というのはまた独特で、日本最古と言われる温泉地や、有名な出雲大社も近く、心やすらぐ本当に風光明媚な所です。名物も多く、或る割烹での「日本海鍋」の新鮮さと、旅館で出された「三昧」(ざんまい)というお菓子の、三色の色がとても綺麗で美味しかったことを、いまだによく覚えている私です。その時の帰り道に足を伸ばした、兵庫・豊岡の城崎も、同じく思い出に残っています。志賀直哉の代表作「城の崎にて」の舞台なので、見てみたかったというのが訪ねた理由でしたが、車での山陰路は当時とても長く、目的地は、遠い、遠い・・・という気持ちだったのが、記憶の中に消えずにあります。
                                       


5日のたけしくんのブログ「気ままに気まぐれ日記」に、この日が、たけしくんの御母様の御誕生日だったことが記されておりました。おめでとうございま~す!! 10月・11月には御家族のお誕生日が多く集まっていると、いつか、やはりブログに書かれていたことがありましたネ。

何年か前、健之くんの新曲キャンペーンの折のサイン会で、色紙に、私の遠くに住む友人の名前を、お願いして書いて戴いたことがありました。CDと一緒にプレゼントにしようと、彼女の苗字ではなくお名前の方をお願いしたのです。さらさらと快く書いてくださり、ぼくの母も○○と言うんですよ、とニッコリされたのが懐かしく思い出されます。御母様思いの優しい青年の横顔が、尚更ステキなたけしくん。秋の浅草の宵でした
おそらくあの年以来の、今年は三の酉まである秋となりました。立冬も過ぎましたが、皆様どうぞ、お風邪と共に、火の元にもぜひ十分御留意くださいね~

  
 浅草・仲見世 2011晩秋
 <東京浅草・浅草寺>

PageTop

隣は何を?秋の夜♪

健之くんの恩師・作家の五木寛之さんが、目下新聞連載小説として渾身の執筆中でいらっしゃる、「親鸞・激動編」が、いよいよ来年の1月14日に上・下2巻の単行本として発売予定ということで、とっても楽しみですね!必ずしも連載を毎日は読めずにいる私などにとりましても、1月が待ち遠しい限りです。
     ☆五木寛之作「親鸞・激動編」☆東京新聞より
     
10月31日の、健之くんのブログ「気ままに気まぐれ日記」の、“たけしくん、ヤモリと対峙する”の項は、とっても楽しかったですね~
似たような生物でも、イモリなら黒焼きにして食べられてしまうことも多いでしょうから ヤモリは、ヤモリに生まれて幸せかも知れません。たけしくんの日記によって、私たちも安らぎを得ましたので、やはりヤモリはエライです。
そして、同じくこの日の日記の中でさりげなく触れられていた、小説「蛇にピアス」の話題に、思わず甘酸っぱい気持ちになりました。
かつてこの小説の芥川賞受賞後、いち早く読了した友人が、「ううーー」と呻いていて、私はそのだいぶ後に読んだのですが、やはり「う゛あー」という印象、でも、この一見ぶっ飛んだヒロインを描くふとした筆致に、作者のとても育ちの良さを感じたりもして、印象に残る作品でした。なにより、この作品を著(あらわ)したのがなんと、作者弱冠19歳の折だったというのが信じられません。
そして、たけしくんもこれを読んでいらしたのかな、さすがは五木先生の愛弟子、素晴らしい歌い手にして、なおかつ文学にも造詣が深い!!と、秋の夜長に感じ入りました


年の初めには、今年はもっと読書をしようと計画を立てたのですが、いろいろと取り紛れ、この年もあと2ヶ月となった11月の今も、なかなかそれが実行出来ていません それで、今日は帰りに本屋に寄って、今なかなかにファンの多い、宮部みゆきさんの文庫本をGetしてまいりました。健之くん御自身も、同じく恩師でいらっしゃる詩人の松永伍一さんの解説の中に登場する、五木寛之さん作の「平成梁塵秘抄シリーズ 旅の終りに」の文庫と、ちょっと表紙の色合いが似ておりませんか?迷わず手が伸びました!これから楽しみに読んでみます。

                                      「宮部みゆき」☆

PageTop