FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

晴れた寒い土曜日

2008年の、中国・四川省の大地震を生き抜いたという2頭のジャイアント・パンダが、やっと先日、上野へやって来たその直後に、ニュージーランドで大地震が起きてしまいました。昨年の9月にもあったばかりで、立て続けに天災に襲われた、かの地です。たけしくんも御自身のブログで、「祈り」という、誠に胸に沁みるタイトルで、思いを綴った一文を寄せておられます。本当に世界各地で、政情不安に加えて地震や津波、洪水・干ばつ、そして火山の噴火も多い昨今です。このたび被害に遭われた方やそのご家族の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
                          





その少し前のたけしくんのブログには、チョコバームクーヘンとコーヒーのお話が載っておりました。チョコバームクーヘンって、有りそうであまり見ないように思われます。珍しくて美味しそうです。近くの「ユーハイム」のお店のウインドーでも、眺めて来ようと思いつつなかなか時間がありません。
たけしくん、バームクーヘンでのコーヒーブレイクは、とてもオシャレでいいですね~。
オシャレといえば、気取るつもりは毛頭ないのですが昔から、海外のドラマとか映画・アニメなどが好きです。まだテレビの海外ドラマの先がけの頃、「パパは何でも知っている」や「ローハイド」「ベン・ケーシー」などが大流行し、アニメでは私は「ポパイ」が大好きでした。いわばそういう“時代”だったのだと思います。その名残か、今も、音楽も含めて外国モノが気になる世代です。
もうすぐ行われる、第83回アカデミー賞授与式の司会が、ジェームズ・フランコと共に、女性の方はアン・ハサウェイが勤めるそうです。
                                  Anne Hathaway★
私は、男性ではたけしくんのような、しっとりとした美形が好きなのですが、女性は、また
趣きの変わった、彼女のようなタイプの可愛さも良いなと思います。 映画「プリティ・プリンセス」シリーズでは、ひたすら明るくてちょっとコケット、「ブロークバック・マウンテン」では、なんともビミョーな、でも大事な役どころでした。プレゼンターとしての彼女を観るのも含めて、アカデミー賞が楽しみですが、日本で無料の放送が見られるのは、BSで、もう少し先ですネ。
                                                 

                         マンマミーア! サントラ♪
<今回のアカデミー賞で、主演男優賞の呼び声も高いコリン・ファースは、これまでもいろんな
映画に出演しておりますが、昨年見たミュージカル映画「マンマ・ミーア!」にも顔を出していましたね~。実になんでもこなす俳優さんですが、ミュージカルは御承知の通り「歌」をうたいます。
これが彼はさすがに少々・・・。 その辺は、御本人も十分に自覚しているそうですが、サウンドトラック盤で聞きますと、もうそれは気にならず、どの曲も楽しく、感動的に聞くことが出来ます♪
                                       (↑写真右端が、コリン)>

歌も声も、姿も美しい我らがたけしくんが、ミュージカルのステージに立たれたとしたら、と想像しますと、ファンも限りなく胸がワクワク致しますね!


※文末になりましたが、先週、当応援ブログに管理人宛てのコメントをくださいました、健之くんの大ファン様、生でご覧になった、健之くんのステージの様子を暖かく伝えてくださり、本当にありがとうございました。今後共たけしくんへの更なる御声援の程、よろしくお願い申し上げます

PageTop

ぱんだ。(^^)

たけしくんが以前、御自身のブログで、「クォーターパンダ」のことを書かれて、ファンはみな
「なに??」と思ったことがありましたね~。結局、マクドナルドのクォーターパウンダーという、1/4ポンドもある大きなハンバーガーのことを、面白可笑しく書いてくださったということで、あの時は皆様、マックでたくさん召し上がりましたでしょうか?

 
 今日は土曜日、ゆっくり起きて、テレビでも見ながら、バーガーでブランチなどされた方もいらっしゃったかもしれません。
                              ハンバーガー♪
そんな折のワイドニュースの中で、来週の月曜日には上野動物園に、中国からパンダがやってくる、という話題をご覧になった方もおられるかと思います。私も拝見、ああ、やっとまた上野にパンダが来るんだなーと思いました。
いつものように、雄・雌1頭ずつで、それぞれとても、イケメンと美女だそうです。 
パンダの美人というのは、顔がまんまるで目も丸く、おまけに耳の形も丸で、“色白”であること、と言っておりました。私がちょっと可哀想かな、と思いましたのは、すでについている2頭の名前、「比力(ビーリー)」・「仙女(シェンニュ)」というのですが、日本でもう一度、名前はつけなおすのだそうです。もう2頭もそれぞれ5歳、慣れている名前でしょうに、そのままでもいいような気もします。とても可愛い名前なのにね。 でもとにかく、これから上野のお山で、2頭仲良く元気に暮して行って欲しいものと、思いました。

PageTop

待ってました!!

                          河津桜 静岡県☆2011.2.14
 
ひばりさんの♪「津軽のふるさと」、昭和の名曲中の名曲です。13日の「BS日本のうた」で、弘前市の大きな会場から、たけしくんがこの曲を熱唱された放送を、又たくさんの方々にご覧戴けた事と思います。先週の「歌謡コンサート」、そしてこの日の「BS日本のうた」と、NHKの大きな歌謡番組に、健之くんが続いて御出演なので、ファンもまた、喜びいっぱいの日々ですネ。
「津軽のふるさと」は、御存じのとおり、健之くんの初のフルアルバム「旅立つ季節に」にも収められておりますが、まさに “CDより上手いスーパー歌唱力”が、またもや余すところなく発揮されまして、「日本のうた」収録当日の会場でも、実際に健之くんの歌を聞かれたお客様方は、さぞ驚かれ感動されたことでしょう。間奏や、また歌い終わった後の、大歓声や拍手の渦が、テレビを通してよく伝わって来まして、本当に心から嬉しく思いました。とてもお洒落な光るネクタイ姿も凛々しく、この日の青森・東北のお客様の中から、また健之くんの大ファンになってくださる方がいっぱい出来ました!と確信しております。本当に有難いことです。


「津軽のふるさと」は、詞も曲も特別に秀逸で、たけしくんも、ひたすら一心に打ち込んで歌われている様子が、画面からもよく分りました。自然に口をついて出る歌詞や、体から湧きあがってくる
メロディーに乗せて、美しく熱いエネルギーに満ち満ちて歌われているようで、「ああ津軽の 海よ山よ いつの日もなつかし・・」の後半の盛り上がりの所では特に、聞いていて涙が出るほどの
圧巻のステージでした。 たけしくんがこれほど、この「津軽のふるさと」を手の内に入れられているのも、もしかしたら一つには、デビュー間もない2005年の歌手協会・歌謡祭で歌われて、同年の協会「奨励賞」を受賞された、栄えある御経験があったからかも知れません。ちょうどこの時の歌謡祭を、東京で観ることが出来まして、初めて聞くたけしくんの「津軽のふるさと」の
あまりの素晴らしさに、私もド肝を抜かれましたが、周りの観客の方々も全く同じ思いでいらしたようで、たけしくんが歌い終わったあと、超満員の客席が一瞬しーんと静かになり、そしてその直後、割れんばかりの万雷の拍手に、場内が長く包まれた感動を、今でもよく覚えております。
ぐっと胸に響く魅力の低音から、一転して、あそこまでの高音部をファルセット無しに歌い上げるという『神業(かみわざ)』を、綺麗で可憐な表情と共にやってのけてしまうという、こんなに素晴らしい歌い手は、世の中にそうそうあるものではないと、その時にも心底思いました。 あの頃から、なんとか一日も早く、ゴールデンタイムのテレビ放送で、たけしくんの「津軽のふるさと」を、出来るだけ多くの方々に聞いて戴きたい!と、ファンの一人として念じ続けて来たことが、この夜は実現して、「待ってました!!」とばかりに、大変嬉しいひと時でした。
まさに美空ひばりの再来がこの世に舞い降りたことを、全国の音楽ファンの皆様に、益々知って戴きたいという思いが新たになります。また何度でも、テレビの番組でお聴きしたい、たけしくんの「津軽のふるさと」ですね。



 ※ ↑写真は、お昼休みにテレビに映った、たけしくんの故郷・静岡県は河津の河津桜です。
バレンタインデーの今日、いよいよ本格的に可愛いピンクの花をつけ始めたとのことでした。/

PageTop

さながら雪の精でした♪松原健之さん「雪」

「関東南部も深夜から“雪”に・・・」 そんな予報も出た、8日の火曜日は、我らがたけしくんが、
NHKの「歌謡コンサート」に出演されて、ロングヒット中の『雪』を妖精のように、魅力的に歌われました。ご覧戴けましたでしょうか。素敵でしたね~。歌い出しからもう、揺るぎない安定感のある甘い声で聞き手の心を捉え、あとはそのまま夢見るように、歌の世界の中にたゆたっていたという、聞かれた方々は皆様きっと、そんな快いひと時を経験された事と思います♪ ロマンチックというか、切ないと言おうか愛しいと表現するべきか、時間にすれば、ほんの束の間の出来事にもかかわらず、健之くんの素晴らしい歌声は、この曲の、はかなげな主人公の心情をみるみる際立たせ、そこへバックの演奏や、ステージ上の美しい「雪」の照明などすべてが溶け合って、確かな音楽と映像との、エンターテインメントの世界を確立しておりました。 黒のスパングルの、細いラインの入った同色のタイで引き締めたシックな衣装も、かえって「雪」の白と対象をなす、硬質の
なまめかしさを湛えて、健之くんにとても良くお似合いでした。 会場の声援も華やかでしたし、
ほんとに良かったですね。

冒頭の「予報」は当たり、未明から東京地方も珍しい雪でした。朝は寒くて大変でしたが、何か
とても、健之くんの歌の縁(えにし)を感じるような風景でした。
 
当ブログも、健之くんの人気のおかげをもちまして、日頃たくさんの方に見て戴けまして(時には海外からも)嬉しい限りですが、昨夜からまたアクセス数が急増しております。有難いことと感謝申し上げます。 そして、きっと昨日の放送によって、またまた健之くんの新しいファンの方々が、ぐーんと増えてくださっているに違いないと思いますと、それがファンとして一番幸せなことです。どうかこれからも、一人でも多くの方に、健之くんの歌われる歌を、長く長く楽しんで行って戴きたいものですね!


♪ぼくの 可愛い 友達は マイ・ガール マイガール♪

 歌番組も殆ど、たけしくんが出演される時しか拝見しない私ですが いつも艶(あで)やかな
美女・川中美幸さん、昨夜の「歌謡コンサート」では、スッキリお痩せになられていたようですね。北山たけしさん、「動く」北山さんをこんなに長く見たのは、初めてではないかなと思いました。
そして真木ひでとさん。“ガールフレンド” “スワンの涙”、などなど「オックス」時代の曲は、大抵 筒美京平さんの作品でした。昨夜私も、真木さんの歌に合わせていっしょに歌っておりましたが、この「夢よもう一度」が、浜圭介さんの曲だったことは初めて知りました。



昨夜の健之くんのステージの、バックに雪の降る照明が、とても綺麗で思わず写メを撮りました。
「雪んこ」のこけしは、ずっと以前に東北地方を旅した折に買いました


                 ♪雪♪
                                こけし☆東北

PageTop

地デ鹿(ジカ)・・・

4日のたけしくんのブログでは、たけしくんが、「テレビからの情報」についての考えを述べられていまして、私も最近何かと「テレビ」について考えることが多かったので、感慨深く拝見しました。それにしましても、「テレビ」 にしばしば出演される立場のたけしくんが、数ある番組の中には、
やはり色々なものがあり玉石混交ということなのでしょう、“時には思い切ってテレビを消す勇気も必要・・” という意見の方も有る事を、敢えて紹介されていましたのは、それこそ勇気ある行動と感動致しました。
 
振り返れば我が家では、健之くんがデビューをされた’05年の9月に、これを良い機会とばかりにやっと、それまで何年も見ていた茶の間のアナログテレビを、BS放送も映る地デジ対応のものへと、買い換えたのでありました。翌10月に、健之くんが、早くもNHKの「BS日本のうた」に初出演されるという情報が流れておりましたので、この買い替えは実に急を要しましたが ,
以来、おかげ様でずっとそのテレビは健在です。が、あと2台ほどある小さなテレビはまだアナログのままです。「7月でご覧のテレビは見られなくなります、お早めの工事を。地デジコールセンターの電話番号は・・」と、目障りな字幕が盛んに流れて、ただでさえ小さい画面がますます小さくなっております。でも、最近のテレビ番組は、本当に『?!・・』という内容のものも多いし、それに、見る時間もそうは有りません。それで、7月に映らなくなったら、そのあと又ゆっくり考えればいいや、と思っております。自分が特に望まないのに、何かにことさらに、煽られたり踊らされたりするのは、あまり心地よい事とは言えない気が致します。


健之くんがご紹介くださっていたジャーナリストの方も、もしかしたら著書の中で、物事はすべて、一応批判精神を持って見てみる、それがたとえ、テレビという公器から流れ出た情報や事柄であったとしても、もう一度自分の頭で考えてみて判断する、ということを、勧めておられるのではないかな・・・と想像しております。
機会を見つけて、私たちもこうした事をよく勉強してみたいものですね。

さていろいろなこともありますが、来週のNHK「歌謡コンサート」への準備にも余念のない健之くんではないかな、と、これも楽しく想像しております。ファンも、健之くんに会えるテレビはいつも、それはそれは楽しみです。 ちょうど明日は、久しぶりで大好きな先輩とお会いする予定がありますので、たけしくんの「ベストアルバム」をお土産にお持ちしようと、先ほど最寄りの駅ビルのCDショップで求めて参りました。いつも、健之くんの歌を絶賛してくださっている方なので、きっと喜ばれることと思います。8日の「歌謡コンサート」や、13日の「BS日本のうた」などの宣伝も、いっぱいして来ようと思います。



  たけしくんのCD♪「松原健之 ベスト アルバム」♪


PageTop