FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

聞き手の『心』に甦った!『心もよう』♪

24日の、たけしくんが出演されました、射水市からの「BS日本のうた」は、御出演の歌手の皆さん全員でのオープニング曲「アルプスの牧場」から始まりました。レイホ~ レイホ~と明るい歌ですネ。 10月26日はちょうど、この曲を歌われた灰田勝彦さんの御命日に当たるそうですが、
灰田勝彦さんは、私がかつて、青春の一時期を過ごした学び舎の大先輩でもいらっしゃいます。

 さて、射水市からの「日本のうた」は、健之くん今月2回目の、この番組への御出演でもあり、ファンとしては、録画をしていつでも観られるステキなビデオがたくさん増えて、嬉しい事この上ありません この日、健之くんの歌われた、井上陽水さんのカバー曲『心もよう』は、こんなにもいい歌だったかしら!?と思わず言ってしまったほどの、本当に素晴らしい、たけしくんの歌声でした。
アルバムを含めて、どの曲もかなりヒットしていたにもかかわらず、陽水さん自体なぜか私は当時
それほど好きでレコードを聴いていた、というほどでもなかったのです。

 健之くんが歌われる『心もよう』を聞きまして、何十年ぶりかで、この歌の本当の良さを初めて味わえたような気がしました。嬉しかったですね~~。 前半は抑え目に、途中から次第次第に、めくるめく歌の世界へ聴衆を引き込んでゆく健之くんの歌唱力に、今更ながらとても感動致しました。何もかも忘れて、素晴らしい歌声に聞き入ることが出来るというのは、音楽好きな者にとっては本当に幸せな一瞬です。♪あざやか色の 春はかげろう の所で、バックに女声コーラスも加わり、曲全体がより華やかになって、益々リズムに乗った健之くんの美声が、強く、波が寄せるようにたたみかけて来るのを聞く時、「これが歌というものの本物の醍醐味だ」と、テレビの前の多くの方も、思ってくださったと確信しております。さらに、信じられないほど美しいファルセットの彩(あや)も聴かせてくださり、その時TVカメラが、まつわるように健之くんを捉えて、とても美しい映像でした。エンディングへ向けてが、また一段とドラマチックで素晴らしかったのは、ひとえに健之くんの大団円の歌声の力強さと、ピタリと演奏とマッチして寸分の狂いもない、卓越したリズム感の賜物だったと思います♪ 圧巻という言葉がぴったりの、健之くんの『心もよう』でした。

 私も以前しばしば、健之くんの歌を聞いて、楽しくなり、のちに切なくなり、そしてとうとう最後に涙がこぼれそうになったことを、また思い出しておりました。歌でもお芝居でも、またミュージカルでもオペラでも、人は良い芸術に触れた時、感動を覚え、涙して、それで魂が浄化されて、結果、心が癒されるのだと思います。「歌」にも始めから癒しがあるのではなくて、優れた歌い手による歌を聞き、それが胸に迫って、胸を突かれて、時には自分の人生や世の中と、歌の世界とが重なり、涙を流し、そのあとにふっと癒しの時が訪れて、気持ちが軽くなるのだと、あらためて気づかされております。歌っていいですネ。特に健之くんの歌と歌う姿は本当に感動的ですね!!



かぼちゃかぼちゃカボチャ★
    <ハロウィンも近い街角で>

PageTop

♪『松原健之 ベスト アルバム』♪

20日に、思いがけなく中国が利上げにふみ切り、世界中がびっくり=サプライズ! もっとも、
中国は御存知の通り、景気がいささか過熱気味でインフレ懸念があったため、それで中国政府は、この際金融を引き締めにかかったのでしょうが、しかしそのために一時、世界の株価は下がり、金や石油の値も下がり、ドルは上がり・・それなのに、何故か円高だけはいっこうに止まらずという、日本はナゾの経済状況が続いています。この先どうなるのか、はなはだ不安にはなりますが、それはここ十数年、いつものことですね~。いろいろとお仕事がお忙しい方も多いことと思います。お互いお疲れさまです! 気候もあまり安定しませんし、心身ともに疲れが残る今日この頃ですが、どうぞ皆様、余暇には良い音楽などを聴いて、リフレッシュされてくださいませ。

ということで、20日にはいよいよ、我らが健之くんの、記念すべき初のベストアルバム『松原健之 ベストアルバム』も、発売となりました。 もうお聴きになられましたか?
このアルバムを手に取り、あらためて聴くデビュー曲の『金沢望郷歌』と、そのカップリング曲の『もし翼があったなら』─ 健之くんの、わくわく弾むような初心・熱意が、その素晴らしい歌声から伝わって来て、涙が出ますね。  ファンも、時として初心を忘れることがあります。健之くんの、長い間のひたむきな努力がようやく実って、初めて世に出たこの『金沢望郷歌』のCDを、胸に抱きしめるようにして心から喜んだ時のことを、ファンとしても忘れないようにしたいものと、また泣けて来てしまいます。デビュー曲とは思えないほどの、本当に完璧で力強く、心に響く歌声でした。

 以後、アルバムの中に次々ときら星のごとく続く、曲々のラインナップももちろん素敵、そして、このたび新録音されました、たけしくんの恩師・作家の五木寛之さん作詞の『この世に人と生まれたからは』は、何度もくり返して健之くんの歌を聞くうちに、詩と曲が渾然一体となって腑に落ちて来る、さすがに良い歌ですね。 曲全体が、終盤へ向かってクレッシェンドして行く所がとても感動的です。

 オリジナルの新曲『風の丘に君と』は、たとえば「恋におちて」や「スカイレストラン」、それに「夢一夜」や「勝手にしやがれ」のテイストも感じました。リズミカルでお洒落で都会的で、本当に風のように軽やか、でもその風は、ちょっと微熱を含んで、アンニュイな香りが馥郁と漂います。健之くんの、これまた得難い新境地ですね 良質のコマーシャルソングのような風合いもあるかと思いますので、ぜひまた広く広く皆様に聞いて戴き、人気を博して欲しい曲です。なんだか元気が出て、楽しくなってきますね~。


                                ひとやすみ♪

PageTop

♪健之くんの『空に星があるように』♪ 

もうちょっとで真夏日!という日もまだある、3連休を含む今週ですが、皆様はお元気ですか?
健之くんの故郷・静岡県のすぐお隣りの愛知県では、名古屋で国連の「COP10」という会議も開催されており、このところ様々なメディアを通して「生物多様性」という言葉を、一日に何度も聞いたり見たりしますね~。

私達の世代では、こと環境に関して覚えているのは、せいぜい理科か生物の教科書で習った「食物連鎖」という言葉ぐらいでしたが、今の世界はそれだけでは通用しません そうした食物に関する捕食関係だけではなく、また最近いろいろな所で問題になっている生態系や、遺伝子の事だけでも、そして種の絶滅のことだけでもなくて、もちろん人間と、人間の経済活動をも含めた、地球上の生物すべての関係を多様に考えて、およそ生物が生きるにおいて、良しとされる環境の整備は即!実現に向け行動を起こして行くことが、地球温暖化の問題とも密接に関連しながら、今、緊急に求められていることなのでしょうネ。それが、私達人類がこの先も継続して、地球上に生き長らえるために、絶対に不可欠のことなのでしょう。ぼんやりしていますと、大自然にしっぺ返しをされて、夜空に星が見えるのは当然のこと・・という太古からの原則さえも、いつかくつがえされてしまうかも、知れません?!
 
ということで、10日の日曜日、岡山からの「BS日本のうた」での、たけしくんの『空に星があるように』の歌を、ことさら、しみじみほのぼの・ゆっくりと拝見致しました。とってもステキでした~。 オリジナルは、荒木一郎さんの作詞作曲・歌で、「いとしのマックス」などと同様、当時大ヒットしました。彼の、ちょっとボソボソ歌うところに、特徴と独特の雰囲気があった懐かしい名曲です。
 さてこの日のたけしくんの歌は、曲の美しさに加えて、声も表情もいつにも増して綺麗、何より歌声に、エキゾチックな香りもふんだんに盛り込まれておりましたね~。星の繋がりで、あの“ピノキオ”のテーマ・「星に願いを」の調べが、かすかに一緒に、健之くんの歌声の中に感じられるような気がしました。きっと、健之くんの歌のスケールが大きく、緩急自在のリズム感に溢れているために、歌を聴いているうちに楽しくなって、記憶の中のきれいなメロディーまでもが、綾なして耳に聞えてくるのかも知れません。素晴らしい。 健之くん、ミュージカルスターのように素敵でしたネ~
 更にこの日の歌には、たけしくんの低音から高音までの、美しい声の拡がりにドラマがあって、それゆえに歌詞が、聞いている人の心に、しみ入るようによく届きます。健之くんの『空に星があるように』は、オリジナルの、当時の傑出した斬新さの上に、さらに新しい息吹が加わった、まさに「新機軸」の素晴らしさでした。



荒木一郎さんの曲では、ドラマの主題歌で、前にこのブログにも載せました「夜明けのマイウェイ」のレコードを持っておりました♪ これは、代官山の、その名も「ひまわり亭」というレストランを舞台にした、日本テレビ系で放映された「ちょっとマイウェイ」のテーマ曲でしたが、もう一つ、同じころのやはり日テレのドラマに、「ダウンタウン物語」というのがありまして、これも当時大人気だったんですよネ。私も毎週ワクワク見ましたが、その主題歌が、同じく荒木一郎さん作の「バイバイ子守唄(ララバイ)」でした。ドラマは、横浜の本牧埠頭あたりのほの暗いバーが舞台の、こちらももう、抜群にお洒落で国籍不明な所もある不思議な物語でした。全編が哀愁に満ちていました。なんとなく、舞台「上海バンスキング」のような色合いもありました。ご覧になっていた方も多いことでしょう。本牧というと、たけしくんも昨年、ラジオ日本の公開生番組の中で、横浜から「本牧メルヘン」を歌われましたが、こちらもとっても素敵な歌声でした。
「バイバイ子守唄(ララバイ)」、歌っているのは「ダウンタウン物語」の主役でもあった桃井かおりさんです。私はいまでもよくこの歌を口ずさみます。最近は「本牧メルヘン」も一緒に~。



  ※岡山市からの「BS日本のうた」の再放送は、 10/16(土)BS-hi で 16:30~ の放送です
    ぜひもう一度、たけしくんの素敵な歌声をお楽しみくださいネ



ジャイアントパンダー絶滅危惧種です・・・
<NHKの、COP10スペシャルの番組から☆和歌山のアドベンチャーワールドで生まれたばかりの、双子のパンダの赤ちゃん・海浜(カイヒン)と陽浜(ヨウヒン)ちゃんという名だそうです

PageTop

♪今日はたけしくんのお誕生日です♪

ic_p2_pur.jpg  ic_p2_pi.jpg  ic_p2_gr.jpg

今日 10月1日は、我らが健之くんのお誕生日です

 この1年も、幸せな年でありますように☆おめでとうございます!!

  
                                     ic_p2_gold.jpg  ic_p2_gl.jpg  ic_p2_bl.jpg

PageTop