FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

魔術と魔法は同じ?

 たけしくんのオフィシャルブログ『気ままに気まぐれ日記』に、手話と栗拾いの話題が載った時、手話への思いは先日このブログにも書きましたけれど、同時に、たけしくんが栗園で、イガイガのついた栗拾いをされたというので、ふと遠い昔のことを思い出しておりました。知り合いの住んでいた横浜の日吉という所まで、小さい私は、時々親に車に乗せられて遊びに行くことがありました。何か親の用事のついでに、私のことも、気晴らしにと連れ出されていたのだと思いますが、そのたび私は、ごくおとなしくついて行きました。後部シートに座って車が動き出すと、すぐに眠ってしまうくせがあった私は、どこの道をどう通って日吉まで行っていたのか、今となってはまったく思い出すことが出来ません。そのことがちょうど、芥川龍之介の「魔術」という作品の中に出て来る、主人公が、夜の東京・大森のあたりの坂道を、自動車だか人力車だかに乗って、いったいどこをどう登ったり下ったりしたのかわからないままに、大雨の中、目的地である先方の魔術師の家へ辿り着く・・・という場面とよく似ているな~、と思うのです。

この小説の主人公は、道中、別に寝ていたわけでもないし、時代も設定もまったく違ってはいますけれど、後年この作品を読んだ時に、そんな自分の子供の頃の出来事を思い出して、どこか不思議な懐かしい心持ちになったものです。その日吉の知り合いの家は、萱葺きか藁葺きの大きな家で、今思うと、たぶん何かの傍ら、まだ農業も営んでいた感じがします。ある年の秋に、庭の向こうの大きな栗の木の下で、イガイガのついた栗を、その家の人と一緒にたくさん拾いました。
落ちた栗の中には、イガが半分とれてしまって、2~4個位入った栗の中身が、もう外から見えているものもありました。本当に、イガの中の栗はツヤツヤと光って、まるで作り物のアクセサリーか何かのように綺麗でした。私は栗を見ながら、何故か“さるかに合戦”のお話を、思い浮かべたりしていました。 ん?? たぶん、さるかに合戦の中に、気の強い「クリ」が出て来て、さるやかにと一緒になって暴れていたお話を思い出し、栗の痛そうなイガイガを目の当たりにして、思わずその古い民話のことを想起したのかも知れません。

遠くの丘の斜面に、柿の実が赤く生っているのが点々と見えて、夕焼けが、柿に負けないような赤い色であたりを染め上げて行きました。そんな、まるで、すべてが童謡の中の景色のような光景も、今ではもうこの辺りでは見られないのかも知れませんが、私の生まれ育った近くにも、以前は確かにこうした風景がありました。たけしくんの、束の間の休日に、故郷で栗拾いを楽しまれたブログを読んで、私の胸にも久しぶりに、遠い秋の日の記憶がよみがえりました

芥川の小説「魔術」はごく短い小品で、読まれた方も多いかも知れません。読書の秋ですね~。私も、最近はゆっくり読書をするという時間が激減してしまっていたので、この秋にはまた、ちょっと気合いを入れて本を読んでみようかなと思います。
先ずは、今日がお誕生日の、健之くんの恩師・五木寛之さんの書かれた、大好きな『風の王国』からいま読み直し始めたところです。4年前に、著者改訂で改めて刊行された、「横書き」の装丁の本は、秋の夜に手にとるのにぴったりの美しさです。 



<70年代ヒットシリーズ>

「SHE SOLD ME MAGIC」 by Low Christie
<「魔術」ならぬ「魔法」・・・>
先日のテレビ東京「歌の楽園」でも取り上げられた「ナオミの夢」と、だいたい同時期にヒットした、ルー・クリスティの「魔法」のジャケットです~。↑

PageTop

♪リクエスト&リクエスト

24~25日へかけての、NHK「金沢発ラジオ深夜便」も、早い時間からわくわくしながら聴いておりました。「にっぽんの歌こころの歌」のコーナーに入り、石川県にゆかりの曲が、冒頭の1曲「能登半島」から、リスナーの方々のお便りと共に4曲流れ、そしていよいよ、トリで健之くんの「金沢望郷歌」がかけられた時は、ファンとして涙が出るほど感激しました。アンカーの福井慎二アナウンサーも、松原健之さんの「金沢望郷歌」に、たくさんのリクエストをいただきました。平成17年・松原健之さんのデビュー曲です、と、それぞれ曲の前後にしっかり紹介くださいました。北海道から四国までの、「金沢望郷歌」にリクエストをくださったリスナーの皆様の中から、十数通の方のお名前が紹介され、募集されていた、金沢への“旅”の思い出を綴ったお便りも何通か御披露されました。もちろんその方々のリクエスト曲も、健之くんの「金沢望郷歌」です 私の知る限りでは、「ラジオ深夜便」の中でリクエスト曲へのお手紙やお葉書が、こんなにたくさん一度に読み上げられたのは、あまり例がない事と思います。本当に良かったですね!!


9月に入ると、長引く猛暑の疲れがピークとなって襲って来て、「深夜便」の時間まではさすがに起きていられないことが多く、この金沢発深夜便のことも、たまたま久しぶりに夜中のラジオのスイッチを入れた、19日の未明に初めて耳にしました。その折、お便り・リクエスト曲の締め切りは9月21日です、というアナウンスを確かに聞いたのですが、なかなか手紙を書く時間が持てず、当日消印有効!と勝手に決め込んで21日にNHK金沢へ「金沢望郷歌」のリクエストを書いて送りましたが、放送日はもっと先だと思っていたので、意外に早くて驚きました。どうか皆様も是非、放送を聞いて、あらためて良い曲だと思いました、五木寛之さんの金沢への想いと、松原健之さんの、曲への真摯な念と感謝の心がいっぱい詰まった素晴らしい歌です、というファンのそのお気持ちを今一度、どうかNHKへたくさんお送りくださいね~。
 →ラジオ深夜便 「ご意見・お問合せ」⇒「みなさまの声にお応えします」
   〒920-8644 NHK金沢放送局




初秋の海 湘南★
      <すっかり涼しくなりました>

PageTop

クリスタルな夢♪

たけしくんの26日の『気ままに気まぐれ日記』に、「手話」のことが載っておりましたネ。先月のテレビ東京「歌の楽園」で、沖縄の曲「花」を歌われたときに、♪泣きなさい 笑いなさ~い♪のところで、左手首を鈴を振るように優しく動かしながら、手をぱくぱくされていたのを、ひょっとして、手話の一部かな?と思ったことがありましたが、いかがなのでしょうね? それとも、琉球舞踊の所作なのかも知れません、或いはまったく別のことかも知れません。いろいろと想像するのは楽しいです  健之くんのこの日の日記からは、健之くんが、手話を少しずつ覚えようとされていることが表れていまして、これは本当に素敵なことですね。そんな健之くんの出演された、同日の「歌の楽園」も楽しく拝見しました。女性とのデュエットもまたいいものです♪ たけしくんが、横の綺麗な女子を優しく気遣いながら歌う姿を見ながら、こちらもついにやにやしてしまいます。この日の、田中れいなさんとお二人での「世界中の誰よりきっと」では、たけしくんは、コーラスの所をより真剣に細心に、ハーモニーを自ら確かめるように歌う表情が凛々しくて、歌もとても良かったです。 来週は石井竜也さんが番組に登場するようですね。
たけしくんが、以前ラジオの番組の中で、高校時代の文化祭では、クラスメートを大勢引き連れて、米米クラブの歌を歌ったりしてたんですよというお話をされていたのを思い出します。本当に、先週のたけしくんの、サザンオールスターズの「いとしのエリー」を歌われた録画を、私はとっても何度も見ておりますが、このサザンとか、まだお聴きしたことはないのですが、米米クラブの曲とかは、実にたけしくんによく似合っておられると思います。曲調が多彩でリズムも変化に富んでいて、そして派手さも哀愁もあって・・という歌が、たけしくんの素晴らしい歌唱力にかかると、もう無敵の魅力を発揮するように思います。是非また「エリー」のような曲を、この番組でも聴ければ嬉しいと思っています♪ 26日の放送で「SAY YES」を歌った宮田涼一くんは、前からポップスのカバーをよく歌っておられたようですね。友人が、デビュー前から彼のファンで、前に一度、ストリートライブに引っ張って行かれたことがあるのですが、その頃は、ソロでオリジナル曲を歌われていたような記憶がないでもないのですが、その後、レディオサイエンスというデュオになられたのでしょうか?今度、その友人によく聞いてみようと思います。宮田くんは最初からJポップでしたが、たけしくんも、もしそうであったらどうだったかな?と、ちょっと考えます。ジャンルを問わず、何を歌ってもあまりに上手い歌い手さんである健之くんの存在は、いずれにしろ次第にこうして、広く世間の知るところとなって行った事でしょう。

  

                        Ani Holem al Naomi~ナオミの夢♪
<先週の、健之くんの「いとしのエリー」の歌のすぐ後に、茉奈佳奈ちゃんによる「ナオミの夢」のカバーが披露されました。あまりに懐かしくてびっくりしましたが、もう何年前のことになるのか、でもずいぶん流行った曲で、私もレコードを持っていました♪↑>

PageTop

♪『望郷』♪『帰郷』そして・・・

Mt RAINIER HALL  渋谷Pleasure Pleasure  松原健之ハートフルライブ♪☆

そして、華々しい発表から今年で満5周年を迎えた、珠玉のデビュー曲『金沢望郷歌』。18日は、そんな‘郷’という字が並んだ、たけしくんの、その名もハートフルライブで楽しいひとときを過ごすことが出来ました。私は昼の部を拝見いたしました。
 アンコールを含めた選りすぐりの全17曲、ちょうどアルバム1枚を聞くような、たっぷりした歌の数々と、更に途中楽しいトークあり、「想い出のアルバム」の、スライドの映像による御披露ありと、盛り沢山の内容を、たけしくんのオフィシャルブログ「気ままに気まぐれ日記」でも御紹介のありました通り、若者の街・渋谷の綺麗なライブハウス、↑Mt.RAINIER HALL 渋谷プレジャー・プレジャーにて、ファンも休日を堪能出来ました。また引き続き明日の祝日には、名古屋で初となる「松原健之 コンサートin名古屋」が賑々しく開催されますね どうか又たくさんのお客様方に、たけしくんの素晴らしい歌声を楽しんで戴けますよう、心よりお祈りしております。

 ハートフルライブの1曲目の『望郷』は、山崎ハコさんの切ない曲です。ステージの幕明けにふさわしく、決意と気合いの入った健之くんの歌に、ライブ冒頭から圧倒されました。きっと聞くひと誰の胸の中にも有る望郷の念に、歌声は強く悲しく皆に訴えかけて来たことと思います。私のように、この地で生まれ、育ち、帰るべき田舎を持たない者でも、心のふるさと・自分の原点を、日々の生活の中で、いつの間にかどこかに置き忘れ、或いは見失っているというのは、往々にしてあることです。目まぐるしい日常で振り返るいとまもなく、自分が本当に求めて還るべき「場所」を忘れていた、又もしかしたら敢えて忘れようとしていたのを、たけしくんの“魂の歌”を聞くことによって、あらためて、生きる哀しみのようなものが切々と胸に迫って、泣けました。

 この日、久しぶりに一緒にたけしくんのライブを楽しんだ友人たちの間でも、特に好評だったのがこの『望郷』をはじめ、『初恋』『最後の雨』『遠野ものがたり』『もし翼があったなら』・・といったナンバーだったでしょうか。もちろん2曲目の、今をときめ く『雪』も、これからの秋から冬へと向かう季節の中で、益々の期待感といっしょに楽しく切なく聞けました。私としては、NHKテレビでも歌われてお馴染みの『最後の雨』、また『遠野ものがたり』の安定感や、『冬のひまわり』の、高音と共に随所に見られる低音部の、渋い落ち着いた声の魅力、そして打って変わって、『星の旅びと』の、本当に星の瞬(またた)きにも似た、ファルセットの美しさなどが、どれも素晴らしい歌のラインナップの中でも、ひときわ印象に残っております。また健之くんの歌を聞きに行けますのを、心から楽しみにしています。


 19日のテレビ東京「歌の楽園」も先ほど拝見、なんと!!あのサザンオールスターズの歌を歌われた我らが健之くんです。「いとしのエリー」を熱唱です。もうほんとに、湘南サウンドまでお上手です。最後の「♪エ~リー~」、艶のある力強い歌声が、とっても魅力的でした。また何度も繰り返し録画を見ましょうネ BSジャパンでは24日(金)の夜6時半からの放送です。ぜひぜひご覧ください。たけしくんの歌声に魅了されること請け合いです。




                                八幡宮例大祭 2010 渋谷
<18日のハートフルライブの日の渋谷は、この夜が八幡様の例大祭の宵宮ということで、一段と賑わっておりました☆>

PageTop

“泣けるほど愛したりしない”♪

真夜中の号泣タイム3年前の、NHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」の集中再放送が、毎週日曜の深夜に放送されておりましたが、いよいよそれも来週が最終週となりました。我が家のHDD・DVDレコーダーは、悲しいことにまだ地デジ対応ではないので、録画が出来るのはアナログ放送のみ、つまり、アナログの1~12のチャンネルと、あとはBS1とBS2のみです。BS1とBS2は、なぜか「アナログ放送」なのですね~。 「ちりとてちん」は今回BS-hiでの放送なので、ウチでは録画不能、仕方なく毎度穴のあくほど画面をみつめているしかありません。もう何度となく見ているのにと、家族も呆れ顔です。最近は、こうして日曜の夜に夜更かしをしてしまうので、月曜は一日中眠くて仕方がありません。今夏の猛暑も重なり、月曜の仕事はなるべく無理をしない段取りにしておりました。完全にテレビに毒されました(笑)。

健之くんの出演されるNHK「歌謡コンサート」も、BS2で後日もう一度放送が有りますので、いつもリアルタイムでは、いったんパソコンの地デジで撮っておき、その後BSの放送でテレビから録画をしなおして、保存するように努めていました。 テレビ東京「歌の楽園」は、たけしくんが歌われる部分を、やはり主にパソコンに録画して聞いております。12日の放送でも、藤井フミヤさんのカバーを、とても真剣に丁寧に歌われて、ステキでした。思えば、フミヤさんも九州のご出身。健之くんの恩師の五木寛之さん、松永伍一さんも九州が故郷でいらっしゃいますね。九州の人は総じて、音楽がとてもお好きで得意の傾向にあると思われます♪そして大変嬉しいことに、この日は健之くん御出演のテレビ番組がもう一つありまして、愛知県刈谷市からの「BS日本のうた」は、BS2からの放送です。

たけしくんの地元・静岡にも近い愛知県からの公開録画ということで、ファンの皆様の声援も、とても大きかったですネ。今回の収録日は去る7月8日でしたが、2月の日本青年館でのファーストコンサートから半年足らずで、たけしくんの、この日の「最後の雨」は、その頃から更に進化を遂げ、より大人の雰囲気いっぱいの、素敵な歌となっておりました。「本気で忘れるくらいなら 泣けるほど・・・」の繰り返しのところなどは、もう、ミュージカルの一場面を見ているようで、力強い中に哀感もあるし、また清涼感にも溢れています。またもや何度も繰り返し見てしまいますね~!
ファーストコンサートを一緒に見た友人の一人が、「たけしくんは、ミュージカルがきっといいわよね~」と、感に堪えたように言っていたのを思い出します。ファンの希望も周囲の希望も多々ありましょうけれど、いずれにしろ、どうか健之くんの好きな歌を、思い切り歌い続けて行けますようにと、いつも私の願いは一つです。



                             連鶴 桑名☆
<刈谷市からもわりに近い、三重県の桑名の近くへ、以前、デビュー間もない健之くんの出演される歌謡ショーを聞きに行った帰りに、桑名の地元の方から戴いた、名物の折り鶴「連鶴」。
手前が4羽、向こう側の赤いのは3羽が、それぞれ連なって折られています。鶴は幸せの象徴のようで、いいですよね~♪>

PageTop

絵葉書。

先日の、たけしくんのオフィシャルブログ『気ままに気まぐれ日記』に書かれていた、たけしくんの“マル秘肉体改造計画”、素敵な試みだと思いますよネ。 画一的なダイエット等で、もしも、
せっかくのそのひと生来の魅力が、そこなわれてしまうことがあっては勿体ないですし、御自身の健康法とも照らし合わせた方法を、もうかなり健之くんは体得されていることと思いますが、是非思うまま続けて戴きたいと、ファンも楽しく願っております

岡山の「BS日本のうた」の、10月10日の放送も楽しみです。健之くんは何と言ってもお仕事ですので、全国あちこちへ行かれましても、なかなか観光までは手が回らないことが多いでしょうか?イイ所だなぁと思われれば、また後日、プライベートで訪ねられることもあるかも知れませんね。何はともあれ、全国津々浦々で、健之くんが、あの素晴らしい歌声をいっぱいに響かせて来られることが、ファンにとりましてもこの上ない喜びです。そこここで、新しく応援してくださる方がどんどん増えて行くのを見るのは、本当に嬉しいことです。


 だいぶ以前、家族と共に岡山を旅したことがありました。のんびりと大きな、とても良いところでした。あの「雨月物語」の中の『吉備津の釜』で有名な、吉備津神社も訪ね、まあいろんな驚きを感じ♪ 総社駅のそばの喫茶店で飲んだ珈琲は、今も忘れ難いほど美味しいものでした。


☆エル・グレコ(1542-1614)作 「受胎告知」
<当時、倉敷市の大原美術館で求めた、もう古い絵葉書。絵はもっと古いエル・グレコ。>

<↓こちらは、大原美術館の創始者、大原孫三郎から、ヨーロッパ各地で絵画の買い付けを委託された画家・児島虎次郎の描いた絵です。だいぶ後に、大原美術館展が東京で開かれた折に、やはり絵葉書を買いました>
                                ☆児島虎治郎(1881-1929)作 「和服を着たベルギーの少女」(1911)

PageTop

平城京から「歌謡コンサート」♪

城卓矢さんといいますと、城達也さんと一緒になってしまう人もいたのは・・もうかなり前のことかも知れません。お二人とも早稲田を卒業されて、城達也さんは、声優・俳優さんとして、FMラジオの「ジェットストリーム」のナレーション等、やはり美声で一世を風靡した方でしたが、二枚目歌手の城卓矢さんは、かの坂本九ちゃんと同じく、カントリー&ウエスタンが歌の源流にあり、お二人とも日劇の「ウエスタン・カーニバル」に出場経験がおありなのですネ~。健之くんが今夜のNHK「歌謡コンサート」で、城卓矢さんの、あの有名な『骨まで愛して』をカバーして歌われるということで、とっても楽しみにしておりました。
 いや~~~ 1300年の都、古都・奈良からの「歌謡コンサート」でのたけしくんは、とっても素敵でしたね~。最新のブログでは(なう.でしょうか?)緊張した、と言っておられましたが、そんな気配は微塵も感じられない流麗・華麗な歌声で、揺るぎないプロの歌い手さんの、見ていて聞いていて、本当にこちらの心がどんどん潤って来るような、そんな素晴らしいステージでした。
1番と3番とを歌われましたが、それぞれを歌い終えるたびに、客席からまったく自然に湧き起こる大きな拍手が、たけしくんの歌の、群を抜いた素晴らしさをよく物語っていたと思います。たけしくん、ほんとに良かったです。きっと緊張感がほどよく作用したのですね。私の胸も嬉しくて熱くなりました♪ 
‘骨まで骨まで骨まで愛して・・・’の所を、1番と3番とでは微妙にテンポを変えて歌っておられたのも、昔、城卓矢さんの歌を聞いていた頃と同じ感覚でした。でも、健之くんの歌のうまさが、そういう所ではまたまた一段と際立っておりました。要所要所の小気味良い節回しが、リズムに乗った絶品の歌声と相まって適度な迫力となり、この歌の世界の中に描かれた、素直だけどちょっと凄みもある気風の良いイイ女...のイメージが、よく表されていたと思うのです。きっとこれから当分の間、わたしは今日の『骨まで愛して』のビデオを、もう何度となく見ることになると思いますが、そうしたファンの方も、きっとたくさんおられますでしょうね。そして、この夜の歌を聞かれて、新たに健之くんのファンになられた方も、おそらくいっぱいいらっしゃる事と思います。録画をしておられなかった方は、一週間後の来週の火曜日・14日の朝8時15分から、衛星第2テレビでもう一度放送がありますので、是非試みてご覧になってくださいネ。


考えてみますとこの『骨まで愛して』は、中条きよしさんの『うそ』の中身を、もう少し明るく歌った歌のように思われませんか?『骨まで愛して』では、♪傷つきよごれたわたしでも~ と思い切り詠嘆するところを、『うそ』では、ちょっと深刻に「冷たいうそのつけるひと」と俯いて嘆いてみる・・でも、曲はどちらも派手で華麗な歌謡曲です。 こうした、いわゆる夜の花街から題材をとった、
垢抜けた演歌・艶歌が、また流行るようになると楽しいなあ、と思います♪

「歌の楽園」は、たけしくんがしばしば登場されるので、いま楽しみな番組の一つですが、数年前に終了した、日本テレビ深夜の映画番組に「映画楽園~シネ・パラ~」というのがありまして、私の記憶違いでなければ、そのエンディングに、城卓矢さんの「スタコイ東京」がたびたび流れることがありました。私はそこで初めてこの曲を聞いたのですが、「城卓矢さんは、随分いろんな曲を幅広く歌える達者な人だったのだな」と改めて思ったものでした。その意味でも、城卓矢さんの曲をカバーして歌えるのは、近年では我らがたけしくんを置いて、ほかにはなかなかおられない気がいたします。



秋の香り☆
<愛も、骨まで・・となると、命にかかわります♪ いつもは穏やかに愛してネッ

PageTop