FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

もうすぐ七夕  “想い出は帰らず”♪

たけしくんのオフィシャルブログ、21日 の『気ままに気まぐれ日記』に、この日がミニアルバム「桜橋から」の満4歳の誕生日だったことが記されておりますね~。初のミニアルバム「桜橋から」は、健之くんデビューからぴったり9ヶ月後の、2006年の6月21日に発売されました。ほんとに月日の経つのは早いものですネ。 
 実は私はこの「桜橋から」を、いつも、とてもよく聴いているように思います。どの歌声も清新で思い切りが良くて、本当に気持ちの良い作品ばかりです。健之くんの定評あるハイトーンの美しさはもちろんのことですが、もともと私は、舞台の「旅の終りに」を初めて観た時に、たけしくんの稀(まれ)に見る、安定した中低音の響きに、こころから魅せられたのでした。 たけしくんの歌の、涙の出るような哀愁、切なさ、それでいて既成の演歌には無いみずみずしさ、そして歌全体に流れる抜群のリズム感に、まさに一瞬の内にトリコになって、以来、ずっとたけしくんの大ファンというわけですので、それで「桜橋から」の中の曲のように、高音部は勿論、低音・中音すべてを網羅する素晴らしい曲を歌いこなす健之くんが、本当に大好きなのです。 ほかにも「津軽のふるさと」「遠野ものがたり」「洞爺湖の雪」「マリモの湖」などなども大好き、夢のように美しい「見上げてごらん夜の星を」も、もっと好き、「初恋」は、歌謡コンサート出演時のものが、またイイですね録画したビデオや、you tube上でもたくさん楽しめます。デビュー曲の「金沢望郷歌」は、わたしは最初のシングルバージョンが心にしっとりと来ますでしょうか。 豊かな低音部があってこそ高音部がより際立つ、というのは、デビューの年に、健之くんが、歌手協会の奨励賞を受賞された折の対談で、前会長の青木光一さんもおっしゃっておられたかと思います。健之くんはまさに、そうした数々の素養に溢れる、稀有な歌い手さんなのですね。素晴らしい!!  


 健之くんの歌のほかに私はこのところ、NHK「ラジオ深夜便」で2ヶ月ほど流れている、ボニージャックスの「そして葉桜のとき」が、かなりお気に入りという感じなのですが、この曲が意外にも! もんたよしのり「ダンシング・オールナイト」のコード進行に、ちょっと似ているところがあるかな?と、最近ふと気づきました。気のせいかもしれません(笑)。何しろうちのラジカセの録音機能が、壊れたままです。「そして葉桜・・」は、歌詞も素敵ですので、アルバムを買ってよく聴いてみようかなとも思っています。


 ミニアルバム 2006
『桜橋から』 ぜひ、お聴きになってみてくださいね
6/22のスポーツニッポンの記事です




 と、ここまで書きましたら、健之くんがすぐにまた日記をアップしてくださっていますネ。
作詞家の吉岡治さんを偲んで綴られております。 五木寛之さんが、吉岡治さんをはじめとする、当時の作詞家の先輩・同僚の諸先生方のことを、ラジオ深夜便“わが人生の歌語り”の昭和41年前後の回で、お話をされていらっしゃったことがありましたが、その後も何度か、作家になられる前、いろいろな作詞の仕事もされていらしたことなどを語っておられます。その頃は、CMソングが時代の先端とされて、多くの依頼が舞い込んだそうです。ほかに‘保育童謡’というジャンルもあったとか。また復活しても良いように思いますね 
 そして五木先生は昭和40年春に、直木賞の連絡を受け、41年に受賞をされます。しかしそれからも、作家が作詞家より上であるとは、お思いになられたこともないそうです。本当に吉岡先生の代表作「天城越え」の詞などはまさに、芸術の域に達しておりますね。私は健之くんがブログで紹介してくださっている、吉岡先生の事を長時間取り上げたテレビ番組を、残念ながら見ていなかったのですが、ウィキペディアで調べてみますと、本当に多岐にわたる、また膨大なるその作品群です。「真夜中のギター」のサビの歌詞は、一度聴いたら絶対に忘れないほどの、無敵のインパクトがありましたし、今で言うアニソン「悟空の大冒険」は、ウキウキと楽しい歌で私は大ファンでした。遺された秀作たちは、永遠に人々の心に残って行きます。

PageTop

日曜バラエティーは『初恋』で持ちきり♪

13日・日曜日のNHKラジオ「日曜バラエティー」は、家で用事をしながらラジオの前を行ったり来たり、でもカンで、たけしくん御出演の場面は見事に聞くことが出来ました!何といっても「全国放送」なのが、とても嬉しいです。‘ニュース’の時間が多いですよネ。ニュースは大事です。世相スケッチ・謎かけコーナーのお題の「回転寿司」が、今のこの時代でも順調に売上を伸ばしているという事は、先日のニュース番組でも言っておりました。何しろお客さんは、お店が一括大量仕入で手に入れた、新鮮なお魚類を、安く沢山食べられるわけですから、時としては、いろいろと材料を買って来て調理をするよりも安上がりで、庶民には大いに助かるという仕組みです。日本人はお魚が大好きですし。

この日も健之くんは、『初恋』も、新曲『雪』も、リズムに乗り伸び伸びと歌われて、とても秀逸でした!! 健之くんの『初恋』が終わったあとのコーナーでは、司会の山田邦子さんが、「初恋の頃が懐かしい」と、また、古屋和雄さんは「初恋の頃は・・・忘れたぁ!」と、それぞれ改めて楽しく自己紹介をされておりました。お二人とも、とっても健之くんの『初恋』を気に入ってくださったからのようで、ファンも嬉しいことでした。 古屋さんのことは、花形アナウンサー時代から私はかなりファンでして ずい分前になりますが、ETVの番組の中でしたか、ご自分が‘お父さん’になられたのが遅かったので・・というお話をされていたことがあったかと記憶しております。ハンサムでソフトな持ち味は、明石勇さんとか、もっと以前の斎藤季夫さんとかの、NHKの名アナウンサーの方たちの特徴であったと思います。現在の古屋さんは、その頃よりかなりリラックスされ番組でもギャグを連発されているようで、これまた楽しいです。山田邦子さんの高校時代の古文?の先生の、ものまねのコントも面白かったですネ。邦子さんの同級生しか知らない「先生」ではありますが、知らなくても面白いです(笑)。邦子さんはたしか、目白にある名門女子校のご出身で、昔から痛快なギャグが楽しいばかりでなく、どんな場面でも堂々と、どこか体全体に余裕のようなものが感じられるところが、とっても好きなタレントさんです。
さて梅雨のさ中ですが、健之くんは、これからも沢山お仕事が続きますね。こうした季節だけに、その爽やかな歌声を聞きに行きたいものですネ~。





 百人一首♪
<邦子さんの古文の先生が、授業で “秋の田の~~!!”と絶叫?していらしたという百人
一首の一番目を飾る御歌> 

PageTop

『雪』で涼しさを感じてくださいネ♪

「全国の皆さん、こんにちわ!」と、健之くんの元気なご挨拶で始まった、11日のNHKラジオ「歌の散歩道」です♪ 明るい、「全国の皆さん!」の声が嬉しいですね 私はこの日、出先でポケットラジオから放送を聴きましたが、午後2時が迫り、歩きながらどこか喫茶店をと見まわしてみてしかしお店の中へ入ってしまうと、音が聞こえにくくなってしまう場合もありますので、テラス風のカフェを選んでみました。初夏の風の中、戸外の椅子でくつろぐのは気持がいいし、おかげさまでラジオもバッチリ冴え冴えと聞えました~。番組直前のニュースが、日枝神社のお祭りで、その付近の道路が混雑していることを伝えておりました。
 たけしくんは、先ず『金沢望郷歌』の1番と2番を、次に新曲『雪』を、それはそれは情感豊かに歌われて、確かにラジオを聴いてはいるのですが、まるで広い劇場で、お芝居の一場面を観ているかのような堂々とした、しかも哀愁に満ちた歌声に、とても感動いたしました。ちょうど司会の加治章さんが、かつて五木寛之さんの原作・脚本で、たけしくんも3年間客演され、主題歌を歌った「旅の終りに」のお芝居を、当時、新国立劇場でご覧になったというお話をされておりました。
資料を見ますと、「旅の終りに」の新国立劇場の公演は、2001年の10月3日から7日にかけて行われております。加治さんは、どの日に観劇されたのでしょうね? 健之くんの恩師のお一人で、詩人の故・松永伍一さんは、やはりこの新国立劇場公演の、10月5日の舞台で初めて、たけしくんの「無垢な美声」(松永先生の文より)に触れられ、まさに魂を揺さぶられた時の御感想を、
文春文庫の「平成梁塵秘抄劇シリーズ 旅の終りに」巻末の、「私の観劇ノート」で、その流麗な筆にほとばしらせておられます。本当に、もう10年近くが経つのですね。
加治さんが番組の最後に、今日も東京は25℃ぐらいあるようですが、どうぞ松原さんの歌う『雪』で、涼しさを感じて戴ければと思います、という、とても素敵なメッセージをくださいました。


                           komorebi.jpg
                                <‘散歩道’のこもれ日>
    cafe.jpg

PageTop

しなやかに優しく、自然体で生きられたら

たけしくんも、最近のブログ『気ままに気まぐれ日記』で触れておられましたが、五木寛之さんの、「ため息はついていいんですよ」というお話は本当に、従来の‘深いため息をつくと幸せが逃げる・・’的な説とは違い、大いに勇気の出るものです。 また、コミュニケーション力に欠ける大人、という話題も、健之くんが同じく日記に綴ってくれておりましたが、これもまさに、現在の日本ではかなり垣間見られる現象だと思うのです。

 以前、私がわずかに参加させて戴いたことのある、五木先生の論楽会でも、心に響くお話が沢山ありました。中でも、新聞で親が子を或いは子が親をあやめるという、おぞましい事件を読んでも、おお、また同じような話題ばかりだなぁ、とばかりに、さっさと次のページをめくり、ほ~、昨日は阪神やっと勝ったか!そうかそうかとお父さんは会社へお出掛け、帰宅後、今日もよく頑張った!とスポーツやバラエティ番組を見ながら、たっぷりの夕餉を機嫌よく平らげ、ぐびぐびとビールを飲んで、あとは寝てしまう。次の日もまた次の日も同じことです。どんな悲惨な事件も事象も、鋼(はがね)のような心でバンバンと跳ね返してしまい、こころに沁み入る感情も、深い悲嘆の念も持たずにただ毎日を生きている、こんな人が世の中には非常に多くて、やり切れない思いです、というようなお話をされたのが、今でもよく記憶に残っております。本当にそうですね。何でも鋼鉄の心でばんばん弾き返して、感動もまた悲壮感も感じずに生きているのは、それは強いのではなく、鈍感で人間離れをしているに過ぎないのだと思います。

 コミュニケーション力のない大人、おとなげない大人!自分の子供と他人の子供を同じように慈しむ優しさの無い大人、結局は将来の、思いやりも優しさも無い人間を育ててしまうことになるだけの、現代の多くの親や大人たちの存在には、まことに‘ため息’が出ます。このように、成人してもコミュニケーション能力の希薄な人たちの事については、就職試験の面接などで、試験官から突然マニュアルにない質問をされると、途端にどう答えて良いのかわからず、何も口をきけずに押し黙ってしまう学生が多いと、先日も何かの話題の中で耳に致しました。あらためて、誰とでも臨機応変に、それでいて新鮮さとウイットに富んだ会話の出来る、柔軟な頭を持った本当の「大人」を目指して頑張りたいものと、心から思う今日このごろです。





縁日の灯
<ここでちょっと気分を変えて、心の和む?我が家の近所の縁日の光景を♪ きっと、晩御飯はちょっと控え目にして、くり出して来た子供たちやそのお父さん・お母さん、赤ちゃんを抱いた若夫婦や、犬を連れたおじさんなども、いっぱいでした。この縁日も、以前は決まった日に、月に3~4回は立っていたのですが、ここのところはめっきり減って月に1度ほどだとか。しばらく忘れていて、私達もほんとに久しぶりに行ってみましたが、とても楽しかったです。昔ながらの小さな商店街です。よろしかったら、今度遊びにいらしてください


                           チョコバナナでじゃんけん☆縁日
         <テキ屋のお兄ちゃんとじゃんけん☆ 勝てばもう一つチョコバナナが貰えます>

PageTop

♪「笑劇団」実らぬ恋の珊瑚のかんざし♪

4日は、「夏木ゆたかのホッと歌謡曲」・「きみまろフルコース ごきげん歌謡笑劇団」と、テレビにラジオに我らが健之くんが出演され、大活躍で、ファンならずとも、とっても楽しい1日でしたね~。たけしくん、売れっ子です本当に良かったです!! NHKBS2の、きみまろさんの番組は、特に初出演でしたので、寸劇にも特異な?!才能を発揮されるたけしくんの姿に、全国のお茶の間でテレビをご覧の、たくさんの方々が楽しまれたことと思います。ほんとに良かったです。
そして歌では、それまでの「笑劇団」とは打って変わって別人のように、きちんと「歌手」の顔に戻られる姿に、歌声に、ビビビッと来た方も大勢いらっしゃったかと、大いに推察いたします。健之くん、是非また出てくださいネ

                   ※ごきげん歌謡笑劇場  再放送 6/10(木)BS2  17:00~                
                      (大府市勤労文化会館)       6/12(土)BS-hi 18:30~



                              堂島ロール
<綾小路きみまろさんは、関西人のイメージがありますが、ご出身は九州の鹿児島ですネ。
こちらは関西生まれのお菓子のご存じ「堂島ロール」。すぐ近くにお店があるのですが、いつもたくさん人が並んでいるので、並んでいない日を狙っていると、滅多に食べられません

PageTop

‘PIT INN’にいるようでしたね、健之さん♪

今日のラジオ日本「夏木ゆたかのホッと歌謡曲」を久しぶりに聴きましたが、夏木さんの、ゲストの歌い手さんの事をとても知っておられて、その方の良いところや特徴をよく研究され、愛情を持って御本人と接するその姿勢や、音楽の知識も相変わらず豊富なところとなど、とても楽しかったですね~  また、健之くんの歌声は本当に今日も素晴らしくて、ラジオを通してですが、まるで生で聴いているかのよう、先日の銀座山野楽器本店でのショーを彷彿とさせる迫力でした。アルバムバージョンのJazzyな「金沢望郷歌」は夏木さんにも大好評で、「ピットインに行ったよう・・」と形容して戴きました。六本木にあった、フュージョン音楽の殿堂・ピットインですが、新宿にはまだ同系統のお店もありますので、ほんとにまた行ってみたくなりますね。そして久々の「思い出の街」、ヒット中の「雪」を、文字通り‘熱唱’されたたけしくんでした。この日は故郷の中学時代の同級生で、画家の門田光雅さんを伴われてのご出演で、ラジオで彼の西麻布のアトリエの紹介もされ、健之くんは大変友達甲斐のある、素敵な青年ぶりでした。暖かさは確かに歌声にも表れて、日に日に磨きがかかり、今日もとても艶のある3曲を聞けたのは本当に良かったです。実は今朝ポケットラジオを携えて、出先でも聴けるようにして出かけたのですが、4時ごろには無事に自宅に戻れ、ゆっくりと番組の「熱唱!麻布台歌謡劇場」の、健之くんの出演コーナーを聞くことが出来ました。ステキな健之くんの「雪」が、全国の音楽好きの皆様のお耳へと益々届いて行きますように!!





チェーホフ 短編集♪
<今日の2曲目「思い出の街」は、初のミニアルバム「桜橋から」の一曲でした あらためて、まさに出色の健之くんの歌声です。 歌詞の中にも出てくる“チェーホフ全集”は、勿論持ってはおりませんが、↑こちらは短編集で、チェーホフの若い時代の作品など64編が納められております。健之くんの歌の影響で、買い求めました。

PageTop

政局ですねえ。

こうした応援ブログで、あまり政治や思想・宗教のことについては、言うべきではないと分ってはおりますつもりでしたが、「政局」というのも、またそう頻繁にはないことなので、ついつい文字にしてみました。いずれにしろ世は、世界の様々な状況を自分の「頭」でしっかりと捉え、また受け入れながら、日々決断をして生きて行くという、グローバリゼーションの一つの形である時代に、入って来ていると思われます。その刻々の判断を誤ったり怠ったりすれば、庶民と言わず政治家と言わず企業と言わず、また一国と言わず、地球の流れからおいて行かれ、相手にされなくなってしまう、ということなのだと思います。厳しく困難な事ではありますが、かと言って今更ビックリする事でもないような気も致します。少くとも、勝ち組・負け組なんていうあの言葉も、もう古いのです。
拘(こだわ)らず、さりとて浅薄にならず、日々軽やかに変化を遂げつつ生きて行きたいものです。


 健之くんのオフィシャルブログ『気ままに気まぐれ日記』によりますと、今日は東京は、晴れて気持の良い日でしたので、公園で少し時間を過ごされたようですね。久々にちょっとのんびり出来たのでしょうかと、読みながらファンも、なんだかホッといたします。私も偶然 今日は噴水・・・というより、水道の大きいようなのでしたが用事の途中に公園で見て、“涼”を感じて参りました。
昼間は結構暑くなりました。

           <小公園
     噴水もどき♪ <繋がれて、飼い主を待っている
                                       可愛いコがいました~
                              人待ち顔☆

PageTop