FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

ジュビロード

たけしくんの『気ままに気まぐれ日記』に、「地元・ジュビロ磐田」のことが出ておりますね~。
サッカーのことはよく分からないのですが、ゴン中山雅史選手のことは、もちろん知っております。以前、たけしくんがデビューされた翌年くらいでしょうか、NHKテレビの「街道てくてく旅・東海道五十三次」編で、やはり、当時サッカー選手だった岩本輝雄さんが、東京・日本橋から、ず~っと終点の京都・三条大橋までを踏破されたのですが、途中、静岡では中山選手の実家の前も通って、岩本さんが、中山さんのお父さんと楽しそうに話をしていました。 たけしくんの御実家のある袋井市ではたしか、おばあちゃんとその娘さんが、岩本さんと共に良いお話を聞かせてくださいました♪ 中山選手、本当にチームへの貢献度は計り知れないものでしたし、また、三浦カズさんと並んで非常に息の長いサッカー人生です。わたしも是非これからも、陰ながら応援していたいと思います。磐田は、たけしくんのふるさと・袋井のお隣の駅ですから、まさにたけしくんには「地元」ですね。たけしくんから、地元・静岡という言葉をお聞きするたびに、とても嬉しい気持ちです。ふるさとは本当に良いものですね。
 そんな、たけしくん誕生の地も同然、という磐田市で行われるクリスマスディナーショーが、もう目前に迫りました。おめでとうございます。クリスマスツリーきらきら お越しになるファンの皆様も、又たけしくん御自身も、きっととても楽しみにされていることでしょう。たけしくん、大ハリキリで頑張ってくださるでしょうし、ショーの大成功、間違いなしです!! 私は、健康状態を始め、わが身に降りかかることが何故かこのところ多くて、行きたいなあ、どうしよう・・と思っている内に、早々に「完売いたしました」のお知らせが、公式ホームページの方に出てしまい、なんだかもう、つくづく情けなかったのが昨日の出来事のよう。。 心底、たけしくんの歌声を聞きたかったです。



磐田 ジュビロード
<以前たけしくんのコンサートに行った折、翌日の朝に撮った磐田駅前“ジュビロード”。休日の早朝だったせいか、静かなたたずまいでした。>

PageTop

京都・南座

先日、健之くんが出演された、高知・中村の「一條大祭 歌謡フェスティバル」ですが、ネットで調べてみますと、一條大祭は一條神社というお社の祭りで、室町~戦国時代に、京の公家の名家・一條家から土佐に移り、定着して行った方々を代々お祀りしているのが、一條神社なのだそうです。当時、この土佐一條家の威光により、ご当地は大そう栄えたともありました。
 一條家と聞きまして思い起こすのが、歌舞伎の「一條(条)大蔵卿」というお芝居なのですが、たぶん歌舞伎のほうは、摂政・関白、太政大臣まで輩出する名家で、五摂家の一角である、一條家を題材にしているというだけで、大蔵卿という方が実際におられたとか、まして土佐にいらしたというわけではないのかも知れません。でもこれがとても面白いお芝居ですので、御存知の方も多いかと思います。わたしも、勘九郎時代の勘三郎さんや、吉右衛門さんの大蔵卿で、何度か歌舞伎座で拝見しました。菊五郎さんがなさったのも、見たかも知れません。そうしたこともあり、今回、健之くんの「歌謡フェスティバル」御出演を通じて、一條大祭のことを知りまして、芝居や歌舞伎座のことを想起した次第ですニコハート
 長きにわたって、ずい分いろいろと楽しませて貰ったその歌舞伎座も、来年4月を最後に現在の姿とはお別れで、その後は長期の改築工事に入ります。「歌舞伎座さよなら公演」も、あと少しを残すのみとなりました。友人が、不景気だから良い席ならポツポツ空いてるよ、と教えてくれましたが、、、歌舞伎座から迎えにでも来てくれれば行くのかなぁ(笑)。

 先日のテレビのニュースで、京都・南座に、恒例の「まねき」が上がった光景をみました。筆頭は、先日、文化勲章を受けられた坂田藤十郎さんのまねきでした。演目は何でしょうねえ。
いくら丈夫でないとは言っても汗お陰さまで、私もまだなんとか身体は動きます。来月の顔見世興業へはちょっと行けないのですが、1月にでも、観光を兼ねて出来れば初芝居を観に、南座へ行ってみたいなと、あくまで希望ですが思わないでもありません。しかし時期的に、ちょうど大学センター試験の最中に当たるため、京都方面も、早目に手を打たないと、容易にはホテルが取れないと聞きました。世の中、なかなか上手くは行きませんね~~絵文字名を入力してください


                          カフェ「エリカ」
<健之くんの、来年発売のアルバムには、夏の初めの歌謡コンサートでも、とっても素敵だった「エリカの花散るとき」は、果して入るでしょうか??うさこ love アルバムにどのような曲目が連なるのか、非常にワクワク楽しみなところですね! こちらの喫茶店の名前もエリカですが、“絵李花”と書くようです。演出家の宮本亜門さんのご実家としても有名、新橋演舞場の向いにあります♪>             

PageTop

♪なもしと菜飯は違うぞなもし?

たけしくんの『気ままに気まぐれ日記』に、先日、お仕事で高知県へ遠征された折の様子が載っています。たくさんのお客様に迎えて戴き、本当に良かったですね。「ことーたでしょ」=「疲れたでしょ!」と、ねぎらって戴いたそうです。ちょっと考えますと、「体にコタえた」などのコタえた、が、ことうた、になって、ことーたでしょ、疲れたでしょう?になるのかしら、どうでしょうね??本当に、なんとも可愛らしい表現です。
 四国の言葉では、愛媛の「・・ぞなもし」も有名で、これはご存じ、夏目漱石の「坊ちゃん」に出て来て以来、いっぺんに知られるようになったのではないか、とも思います。 坊ちゃんの‘なもし’事件の、私のおおざっぱな記憶では、無鉄砲な、チャキチャキの江戸っ子新任教師の“坊ちゃん”が、赴任先の愛媛・松山の中学校の生徒達に、ことあるごとにいろいろとイビられるので、頭に来て生徒に怒ると、今度は「・・そうではないぞなもし、先生」という具合に、のんび~りとかわされてしまいます。又々キレた坊ちゃんがついに、「うるさい!菜飯(なめし)は祭りの時に食うもんだ!」とばかり怒鳴りますと、「なめしじゃないぞな、なもしだなもし」などと、更にやんわりと応酬して来て、まったくもって掴みどころのない、ちょっとブラックな中学生たち~♪ という感じではなかったかと思います汗 菜飯は、混ぜご飯のようなものでしょうか。これも江戸独特の言葉です。方言は楽しいですネ。 
 たけしくんが出演された、高知の「一條大祭」で思い出したことは、また次に書きます~。表情1

  
  名物
<菜飯ならぬ「深川めし」も、やはり東京下町の名物。過日、深川江戸資料館のそばのお店にて絵文字名を入力してください美味しかったです♪>

PageTop

楽しみです!「BS日本のうた」♪

健之くんの「気ままに気まぐれ日記」に、19日の「BS日本のうた」の公開録画で歌われた『湖愁』のことが、載っております!実はこの時代の歌は、私のちょうどエアポケットとでもいいますかニヤ 盲腸炎をこじらせて一大事となり、数か月間入院していた頃なので、あまり記憶がさだかではないのですが、でももちろん、『湖愁』の松島アキラさんの事は知っております♪ 当時、橋幸夫さんらと覇を競っておられましたね。あの頃、渡辺マリさんの歌った「東京ドドンパ娘」なども、よくテレビから聞こえてきたという思い出があります。

以前、池袋の会社で働いていた頃の上司が、学生時代にバンドを組んで、クラブでムード歌謡などを、演奏して歌うというアルバイトをしていたそうで、その頃の曲を、よく夜のカラオケスナックでも歌っておりましたカラオケ。なんでも、キャスターで元NHKアナウンサーの森本毅郎さんも、当時、慶応の学生バンドにいらして、そのころから、もう大変なモテモテぶりなのが、ずいぶんと羨ましかったとか汗。仕事先で、松尾和子さんや、井上ひろしさんの歌も、生で聴く機会があったようです。松島アキラさんのお名前も、そうした話の中にたびたび登場しておりました。カラオケでは、その方々の「雨に咲く花」や、まさに『湖愁』をよく聞きました。そんな、主に団塊の世代かそれより少し上の方々をはじめとして、きっと沢山の方が、この日収録の「BS日本のうた」で、健之くんの歌う『湖愁』を、楽しく見てくださることと思います。素敵でしょうねえ。絵文字名を入力してください 放送がとても楽しみです!!



  ダイヤモンド富士
<『湖愁』・・・この湖は山中湖です。
昇る朝日が、ちょうど富士山頂で輝くという‘ダイヤモンド富士’―私はまだ実際に見たことはありません~キラキラ 青。>

PageTop

♪この日を待ちくたびれて♪

健之くんのオフィシャル日記で、今回、NHK「BS日本のうた」で『湖愁』を歌われたという記事を読みまして、曲のオリジナルの歌い手さん・松島アキラさんを、改めてネットで検索していたところ偶然、現在、松島さんと同じプロダクションに、本郷直樹さんもおられるのを見まして懐かしさがいっぱい!本郷直樹さんのデビュー曲「燃える恋人」は、当時、乗れる歌謡曲とでも言うんでしょうか、なにかというと、ずい分クラスメートとも一緒に口ずさみました。♪この日を待ちくたびれて 二度も三度も逢った・・・すべてが好き 何より好き 愛した夜だから~♪ って、覚えやすい・明るい・屈託ないスマイル その上、本郷さん=今で言う、かなりのイケメンでした! ということで、今でもこの歌の歌詞もメロディーも完璧に近く覚えています。よく見ると、阿久悠作詞・中村泰士作曲の歌だったのですねえ。中村泰士さんのあの「喝采」も、ほぼ同時期の曲でした。おんぷ


                           栗とビールとサンローラン

PageTop

うたはちゃっきり節、男は次郎長♪

たけしくんが14日の「気ままに気まぐれ日記」で紹介してくださっている、目に障害があるという子供さんの詩が、とても素晴らしいですね!hoshiキラキラ
 お医者さんになる勉強というのは、頭脳だけではなく、体全体を駆使・酷使して行うもののようですので、なりたいと望んではいても、このお子さんにとって、それはかなり難しい夢なのかも知れません。でも、たとえば文学者になっても、世の中の子供の、また大人たちの、人生の指針になるような活動をする事は、十分に可能だと思うのです。彼の詩には、健常者にも無い明るい精神と生気に満ちていて、それに触れる人に大きな勇気を与え、誰もが持っている優しい心を、あらためて思い出させてもくれます。大した才能ですね~! こちらの方面で、その芽を伸ばしてくださるのも一つかと思います。身体に気をつけて、頑張って生きて行ってほしいと、心から願います。flower
 健之くんは、お仕事の遠征先の福岡・柳川で、このお子さんの出られた「白秋祭」のことを知られたようです。お忙しい中でも、常に様々な方面にアンテナを伸ばして、こうして小さなお子さんの話題に感動を覚えた事を日記に書いてくださったり、ほかにも、いつもいろいろと知識や情報を得る努力をされている健之くんの姿勢が、とっても素敵に映りますアップロードファイルおんぷ

 北原白秋は、なるほど福岡県が産んだ日本の偉大な詩人・歌人です。「からまつの林を過ぎて、からまつをしみじみと見き・・・」という有名な「落葉松」の詩は、私もたしか小学校の時に習いました。金子光晴の、「・・・かっこうが鳴いている かっこうが鳴いている」の、「かっこう」という詩の方は、やはりその頃に、暗記をして‘群読’というのか、学年のみんなで一緒に舞台に立って、何かの催しの時に、お客さん方の前で朗読した記憶があり、どうも、からまつとかっこうの両方の詩が一緒になって、長い間ごちゃごちゃに頭のすみにあります。この機会に、二編をよく読みなおしてみようかと思います。読書の秋です!
 家族の者が卒業した小学校の校歌は、この北原白秋の作詞で、山田耕筰作曲の、かなりの名曲です♪ 卒業生は皆、この学校の出身ということが、「坂本九」ちゃんと同窓である、ということと共に、校歌の方も、チョット自慢にしているようです♪ 健之くんの故郷・静岡県を題材にした歌「ちゃっきり節」も、白秋の詩ですねっさとと-ペットボトル茶


   次郎長 生家
<以前、静岡の旧清水市内にある「次郎長生家」を訪ねました>

PageTop

大阪ラプソディー♪

スカパー「歌謡ポップスチャンネル」で、健之くんが先月出演された、「大阪発 流行歌(はやりうた)ライブ」の模様を拝見しました。『マリモの湖』、心がこもっていて、とっても良かったですね。 司会者の方との、和やかなお話しの様子も放送されました。 大ベテランの湯原昌幸さん、ご一緒でしたね~~。びっくりheart「雨のバラード」で有名な湯原さんもさることながら、美人アイドルの誉れ高かった、湯原さん夫人の荒木由美子さんのことを、当時わたしの友人が大ファンだった事など、
ふと懐かしく思い出します。その頃私もつられて、由美子ちゃんの歌は、よくテレビやラジオで興味を持って聞いたものです。健之くんが生まれる2年も前の!由美子ちゃんのヒット曲「ヴァージン・ロード」ですが、これはなかなかに良い歌だったと思います。タイトルと裏腹の、やや退廃的な感じのメロディーや歌い方・歌詞が、聞く者の意表をついて、そこがカッコよかったんですヨ。
 さて流行歌ライブのフィナーレは、出演者の皆さんご一緒の「大阪ラプソディー」で、♪二人づ~れ恋の街 と綺麗にハモリも出て、とても楽しそうでした。健之くんは、このフィナーレでは、お歌の時より少しラフな装いになってのご登場、お客様も会場いっぱいで、終始盛り上がったステージでした。この模様は、今月まだ番組の放送がありますので、ご覧になれる方は、どうぞお楽しみくださいね♪

      ch266 歌謡ポップスチャンネル  「大阪発流行歌ライブ」放送中
                            ※10/21大阪・BIG CATにて録画 
       11/12(木)20:00  11/15(日)16:00  11/18(水)13:00
      11/19(木)20:00  11/22(日)16:00  11/25(水)13:00
      11/26(木)20:00  11/29(日)16:00         (1時間番組)        


                               大阪発 流行歌(はやりうた)ライブ 

PageTop

♪制服の 胸のボタンを~♪

10日のたけしくんの『気ままに気まぐれ日記』に、健之くんと、旅客機のパイロット姿の、プロゴルファー・石川遼選手のパネルとの、‘ツーショット’が載っていました。楽しいですね~うれしいネコ音符
ところで、健之くんと石川選手は、面ざしが少し似ているのでしょうか?似ているという説もあり、健之くん御本人もそのように感じていらっしゃるかも知れないとしたら、滅多なことも言えないのですがアップロードファイル 私は似ていらっしゃるとは、あまり感じたことはないんですねえ。もしもそう思ったとしたら、きっとわたしも石川選手のファンになっていたかも知れないのですが、今のところそうした兆しはございませんマイメロ 石川選手は、なんだかずーっと「17歳、17歳」と報道されているような気がして、もう1年以上17歳・・のわけはないし、どうしたのだろう?と思っていましたら、つい先日、試合の中継中に「18歳」と紹介されていましたので、ああ、やっとお誕生日が来たのねと、ほっ汗と致しました。いつも成績も良いようですし、石川選手には今後ともずっと、ゴルフで頑張って戴きたいものです。
 パイロットといえば、スピルバーグ監督で、L・ディカプリオが主演した「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」という映画では、ディカプリオのパイロットの制服姿もちょっと見られます。1回だけビデオを見たか見ないかの映画なので、この機会にまた見てみようかなと思います。各国の映画を見るという事は、或る意味で、古今東西の本を読むのと同じような経験が出来ると思いますし、そこへ優れた芸術性も楽しめ、良い癒しにもなるので好きなのです。今はちょうど芸術の秋、でもありますしネ。映画ぷちハート
 最近は邦画もずいぶん面白いようです。それに様々な要因から、このところ、米大手映画会社が、日本で映画の製作を始めている・・つまり、ハリウッド製邦画というものがだんだんと増えつつあるということもまた、とても興味深い現象です。


                             Kamata Station
飛行機日本の空の玄関・羽田空港へは、京急蒲田駅を通る電車が便利です。こちらは、同じ蒲田駅でもJRの方の駅。京浜急行とは少し離れています。>

PageTop

作曲・編曲。

 健之くんの歌う「青葉城恋唄」が中でも大好きで、収録されているミニアルバム「桜橋から」は、
もうずっと、毎日のようによく聴いています。
まだこのCDが発売になる前、テレビ東京の番組の中で、健之くんのカバーによるこの曲が、初・お披露目されました時に、なんとまあ上手な素晴らしい歌声だろう、また、曲もなんて素敵なアレンジなのだろうと、二重にビックリしたのを、よく覚えております。バロック調のストリングスとでも言うのでしょうか、イントロが始まった途端に、もう耳が釘付けされてしまうような独特の表現は、歌謡曲としてはとても斬新であり又、全体として何度聞いても飽きない、心地よさに満ちた秀逸な編曲であると思いました。
 このステキな「青葉城恋唄」の編曲を担当されました若草 恵(けい)さんが、このたび「作曲」をされた曲が、NHK「ラジオ深夜便」の中で、時々流れています。作詞は喜多條忠さんで、♪セーヌの流れが.... そっと 笑って見せる というシャンソン風の物憂い感じが、今の季節にマッチしております。音楽界にはもちろん、作曲を専門とされる作家の方と、こうした、作曲と編曲を両方される方もおいでになりまして、森岡賢一郎さんという方を、私はずっと編曲家だとばかり思い込んでいましたが、健之くんの「北の物語り」の作詞家・荒木とよひささんと組んで、由紀さおりさんにステキな曲も、以前作っていらっしゃいました。もちろん同時に編曲もされています。また、わたしの大好きな作曲家・筒美京平さんは、ある時点までは、作曲をした曲を、ほとんど全部ご自分で編曲していらしたそうです。いずれにしましても、一つの曲を産み出すにおいて、編曲という仕事は、作曲と同様に、とても大事なものなのだなあとつくづく感じます。若草 恵さんは、そのどちらもされるタイプの音楽家の方なのだと思います。これからも沢山、良い作品を残して戴きたいものですネ。


 さてさて明日は、健之くんの、まさに故郷どまん中・ 袋井市の法多山でのイベントに御出演ということで、ご本人も、地元その他ファンの方々も、とても楽しみにされていることと思います。11月3日は、10月10日などと並ぶ、にこっ晴れの特異日!! イベントもすべて、きっと大成功のことでしょう。健之くんの、静岡での催しにはこれまでにも極力参加し、また今でも参加したいと心から思っていますのに、諸事情あってなかなかタイミングが掴めず切ない思いです音符。どなたか、どうぞ私のことも一緒に連れて行ってくださいな~。




             ZZ  zzz
                                                    にくきうにくきう

PageTop