FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

♪遠賀川・・で “あなたに逢いたい”♪

健之くんの恩師・作家の五木寛之さんが、月に1度、NHKの「ラジオ深夜便」のコーナーに出演されるのが、毎月末の日曜日の深夜です。聴ける時と聴けない時があるのですが、この26日の放送は、最近どうしても夜中になってから始める仕事をしながら、聴いておりました。今回は1981年前後の日本や世界の世相と、五木寛之さんの人生が語られながら、その時代の何曲かの歌が流れました。その頃五木さんは、ちょうど2度目の休筆期に入っていて、それは一つとか二つとかの理由からではなくて、“大きな見えない力に導かれるように・・”、また、我がはからいには非ず、という風におっしゃっておられましたが、ご自分の選択というよりは、周りの状況が自然にそうした、ということであったようです。雑誌の連載等を調整して、3年間、京都の大学の聴講生として過ごしておられます。50歳目前の頃のことで、あの聴講生時代が、人生の中で一番贅沢な、幸せな季節だったと述懐しておられました♪ そして、あまり聞く機会がないので、こういう折に皆さんに聞いて欲しい、と言われて流れた曲が、八代亜紀さんの『あなたに逢いたい』でしたヨ!キティ 五木寛之さん作詞で、弦哲也さんの作曲の歌です。若々しい青年作曲家だった弦哲也さんが、ギターを抱えて五木寛之さんの元へいらして、それをつま弾きながら「こういう曲ですけど、どうですか?」と言われたそうです。前に何かで「あなたに逢いたい」が、お二人の初コンビの曲と読んだ記憶があったのですが、まさにそうだったのですね。その遥か延長線上に、我らが健之くんの爽やかな「金沢望郷歌」や「冬のひまわり」が生まれたと思うと、重ねられて来た‘歴史’の重みも感じるし、縁というものもしみじみと思います。この夜かかった曲はほかに、「哀しみ本線日本海」「望郷酒場」、そして「織江の唄」でした! 来月末の放送では、五木寛之さんが2度目の“学生時代”を過ごされた、京都・龍谷大学での勉強の様子などが語られるようです。今回の放送でも、ほかにゲバラやカストロの話まで登場していて、いつも、とても話題の展開が面白いのですが・・・また聴けるかな~?ホーリーくん汗

      200904271136.jpg
<新緑と青空が眩しい今日の駅前。あまりの晴れピーカンに、出掛ける前に思わず写メに撮りましたが、なんだかマンションの完成予想図のようになってしまいました~。が、これはもう5年も前に完成したわが町の音楽ホールです。下を走る電車が、ちょうど右方向の駅に向かって入って行くところでした。>

PageTop

お土産はなぁに?by南の花嫁さん♪♪

健之くんの『気ままに気まぐれ日記』に、韓国からの記事が載りました~。ファンの方からのコメントにも有りましたように、海外から初の、気まぐれ日記でしたね!とても明るい話題で、嬉しいことです。 世界不況の中にあって、韓国のお隣りの中国では、自動車の需要が潜在的に1000万台はあるそうで、これからは、ここが世界の自動車産業の‘主戦場’になって行くだろうと、先日の経済ニュースでも言っておりました。米・連邦破産法が適用されるか否かで問題の渦中にある(今朝のテレビ東京の番組の解説によりますと、どうも適用される方向で物事が進んでいるようですが・・)あのGM社も、中国では車が売れているのだそうです。日本のマツダも先般、中国での販売強化を決めたようですが、韓国にもヒュンダイ自動車など大手メーカーがありますので、きっと韓国も、中国市場には熱い視線を送っていることでしょう。日本にとっても韓国は、これから益々、いろいろな意味で気になる国になって行く気が致します。海外進出という点においては、芸能界でも、韓国から日本へと進出して来ているタレントさんも多いですし、今度は健之くんも、この日本から韓国・アジアへ、更に世界へ向かってと、大いに活動の幅を広げて行ってくださることは、
私達ファンにとっても、大きな夢ですさとと-音符ブルーパラレル。これからも、健之くんには是非是非、今の良い環境をいっぱいに活用されて、より素晴らしい歌手活動を展開して行って戴きたいものですネ。


 カレンダーとウォークマン
<わたしはipod ではなく、ソニーのウォークマンを使っています~。ipod よりだいぶお安かったので・・エヘッ  韓国・中国でも根強い人気のあるソニーですが、今月下旬に、またポータブルオーディオプレーヤーの新製品を発売するようです。「NW-X1000」シリーズ、4~5万円で、you tubeも聴けて、ワンセグTVも見られる&録画出来るなど、多機能だそうです。私には、まだちょっと縁は無い感じですがきつね

PageTop

4月12日・イースター・先勝(^^)

健之くんの『気ままに気まぐれ日記』に、久し振りに会ったお友達と御一緒に、中国料理を食べに行かれたという記事が載っています。きちんと“中国料理”と書いていらっしゃるところがスゴいです!桃と申しますのも、私は社会人になってから、ふと思うところがあって、ある時1年間まったく仕事を辞めまして、調理師専門学校という所に通った事があるのですが、そこでは、実習として「日本料理」「西洋料理」「中国料理」の3つを学びます。中華料理ではなく“中国料理”とありましたので、それが正しい呼び方なのだと思います。中国料理は、皆様ご存じの、あの丸くて厚くて重いまな板と、四角い包丁とを扱うのにかなり苦労しました。漫画・「サザエさん」のお家のお隣に住む、作家の先生の名前と同じく「いささか難物」でありました~涙。1年間で、調理師免許は取得出来るのですが、一流ホテルの厨房や、名店などへ就職しようと志す若者の中には、お菓子のパティシェの資格も併せて取るなど、更に学校に留まり、2年、3年と勉強を重ねる人達も居て、今から考えると、私にとりましてもあの1年間は、とても貴重な体験の日々でした。
 さてうさぎ12日の東京地方も、暖かいというよりは、むしろ暑い一日でした。今日は出掛けていて、G1レースの「桜花賞」を見逃してしまいました!健之くんには以前、3rdシングル「冬のひまわり」の、プロモーションビデオの中で、牧場の馬と戯れるシーンがあってとても素敵でしたが、競馬中継などは、時々見ることはお有りでしょうか~?
 
                                   200904121235.jpg
                                   <葡萄酒とイースターエッグ>

PageTop

ゆく春に。

七色のしあわせ♪

健之くんの、『気ままに気まぐれ日記』にも綴られていた、舞台『旅の終りに』の主役だった中村梅雀さんが出演中の、朝のドラマ(NHK連続テレビ小説「つばさ」)を、初回から見ています♪ 朝ドラをずっと見るのは、あの「ちりとてちん」以来ですが、なかなか奇抜な演出もありよね庫驚き顔 面白いのではないでしょうか?
ドラマの挿入曲の一つが、昔、ピンキーとキラーズが歌った「七色のしあわせ」の冒頭部分によく似ていると思い、どなたの曲だろうとちょっと検索しましたところ、これは、このたび番組の音楽担当となった作曲家の方の曲のようでした。また、他にも何曲かバックに、クラシックギターのデュオのお二人が演奏している曲が流れているそうです。このお二人は、プロフィールを見ますと、梅雀さんが卒業されたのと同じ、桐朋学園大学短期大学部の後輩に当たると思われるのですが、偶然の巡り合わせなのでしょうね。そして、先ほどの「七色のしあわせ」という曲 ♪七色のしあわせ 虹の色に 優しく包まれた私の恋・・・♪ 私は、ピンキーとキラーズの、大ヒットした「恋の季節」よりも、この曲とか、「涙の季節」の方が、メロディアスな感じで好きでした♪ 
       
                                   川越祭り 案内
<ドラマの舞台は小江戸・川越です。前々から、一度見においでと、ご案内まで頂いて、知り合 いの方から誘われ続けている「川越まつり」、 「菓子屋横丁」や「時の鐘」などの観光では、一度だけ行ったことがあるのですが、お祭りの時期にも出掛けてみたいです。>




安堵~☆

健之くんの『気ままに気まぐれ日記』に、2001年9月初演で、丸3年間、健之くんが客演されて主題歌を歌われた舞台『旅の終りに』の事を書いてくださって、本当に嬉しかったです。当時、前進座の‘御曹司’で『旅の終りに』の主演でいらした中村梅雀さんは、さる事情通氏などによりますと、彼のお母様もクラシックのピアニストの出身ですし、梅雀さん御自身も、学生時代からバンドを組んで、ギターやベースの演奏に余念がないなど、梅雀さんと言えば「演歌・歌謡曲」のたぐいはちょっと苦手な方、という噂だったので、ファンは皆、蔭ながらいろいろと気になっていたのです。
ファンとはそうしたものですよネ。それが、先日の健之くんの日記で、梅雀さんが、この長い160もの公演の間、ステージで主題歌「旅の終りに」を歌い続ける健之くんに対して、ずっと暖かいアドバイスや励ましをくださっていたことが分かりまして、今さらのように、こちらもみんなで安堵しているのでした。本当に良かった・・。


ゆく春に。

先日、御徒町の裏街に用事が1つあったので、帰り路に、時はまさに春爛漫の上野公園の桜を観て参りました。ものすごい人出でしたが、ごく短時間の見物のみで帰って来ましたので、おかげ様で、それほど疲れることもありませんでした。
この季節にぴったりなのが、森山直太朗さんの、あの「さくら」ですが、健之くんの歌われる「さくら」を初めて聴いたのは、健之くんが、舞台『旅の終りに』公演に御出演の合間の、2003年冬、
ふるさと・静岡でコンサートをされた折に、幸運にも行くことが出来た時のことだったと思います。或る大きな公民館のホールで行われたそれは、約800席の会場が、昼・夜公演の1600席、超満員でした。まだデビュー前の歌い手さんのショーだというのに、県内外からお客様が集まり、既にもう大変な熱気でした。若いファンの女の子もたくさん来ていらして、ロビーもなかなかに華やかでした。そして、その時の健之くんの「さくら」ほど、美しく暖かく、優しい力に満ちたこの歌を、他に私は生涯まだ聴いたことがありません。当時、健之くんのピアノの弾き語りがあったかどうかは、ご覧になっておられない方には、ご想像にお任せすることに致しますが、もしも私がこの先、身体が動けなくなるなどして、もう一生、健之くんの歌声を聴きに行くことが出来ないような事態になったとしても、あの歌の思い出だけで十分幸せだと思えるくらいに、そのぐらい素晴らしい歌でした。一番高音の所だけを綺麗なファルセットにされていて、すべてがまるで天使のような歌声でした。

  200904051540.jpg
  <柳の緑と、桜のコントラストが鮮やかだった今年のお花見・東京 不忍池のほとり。
  ケータイのカメラを向けると、美男美女のカップルがこちらを見てニッコリしてくれました~♪>

PageTop

“♪幸せ祈る 言葉にかえて・・・♪”

先日、健之くんの『気ままに気まぐれ日記』の、ファンの方からのコメントの中に、健之くんに是非「わすれな草をあなたに」などの曲も、いつかNHKホールで♪ 歌って欲しい・・という書き込みがありました。いい歌ですね、「わすれな草をあなたに」。かつて菅原洋一さんが歌ってヒットしましたが、菅原さんは、もともとはタンゴを本格的に勉強された方で、名手なんですね。私は、実際に菅原洋一さんの歌を聞きに行ったことはないのですが、タンゴはわりに好きで、昔、“藤沢嵐子”さんのは聴いたことがあるのです。バンドネオンの音色と共に、タンゴの調べはなんとも異国的で、情熱と、また哀愁にも満ちておりました。 今、いよいよ季節は4月・新年度となり、入学式や入社式の様子も頻繁にテレビに映ったりして、世の中の気分も新たになっております。私も、ずいぶん昔の春、文学部のドイツ文学科の門をくぐったことを思い出したりしますが、その、ホヤホヤの1年生となった年のドイツ語の教科書に、たしか「忘れな草」(ドイツ語でVergißmeinnicht─
フェルギスマインニヒト─私を忘れないで─)というお話が載っていたなぁと、昨夜、その古い教科書を引っ張り出して来てみました。
忘れな草のお話は、もともとドイツの古い民話(神話?)の中にあるようなのです。お話はこうです。と・・・・言っても、今さら急に教科書を眺めて見ても、もはや時間が経ち過ぎて、書いてある文章がほとんど読めません怒り泣き。 そこで、独和の辞書も久々に出して来て、それをおぼつかない手つきでボチボチ引きながら、なんとか調べてみました所によりますと・・・昔々、花たちはみな、
バラやユリや、すみれ、さくら草、チューリップ、スズラン…と、それぞれに、神様から美しい名前を貰って、とても喜んでおりました。ただ一つ、川の岸辺に咲いている、小さな小さな花だけが、うつむいてしくしくと泣いています。いったいどうしたのかね?と、ほかの花がその小さな花に尋ねますと、「わたしは自分の名前を忘れてしまったの」と言って、又ますます泣いてしまいました。これを聞いた神様が、或る夜、その小さな花の所へやって来られて「お前に“忘れな草”という名をつけてあげよう。この名前なら、もう二度とお前も,、自分の名を忘れたりはしまい」とおっしゃいました。小さな花は、その美しい名前にたいそう喜びました。神様へのいっぱいの感謝で、今やその小さな花は、空の星のように青く澄んで輝く色も、身につけておりました。─以来、「私を忘れないで、私を忘れないで!」と、その花が言いますと、それはまるで、小さな花が自分の名前を忘れてしまった時に聴いた、神様の、あの優しくいましめるような声のように、人々の耳に響くのでした。 と、あまり細かい所は自信がないのですがあせあせ大体そういうようなお話なのではと思います。小さな小さな花が、自分の名を忘れてしまったのも、あどけなくて可愛いのですが、かえって神様から、“忘れな草”という、とても美しい名前をつけて貰って喜ぶ可憐さが、又たまらなく愛しいです。もう決して名前を忘れたりしない、という、固い決心も見てとれます。忘れな草の花、今ではあまり身近に見る機会もないと思うのですが、如何なのでしょう。ほんとに、いつか健之くんの「忘れな草をあなたに」の歌を聴いてみたくなります。
  でもその前に!日記でも先月発表のあった、今度の「BS日本のうた」での、待ちに待った
「美空ひばり」さんのカバー曲を、たけしくんが歌われるのが、今から本当に待ち遠しいですネオリビア


                        忘れな草
                                      < 忘れな草 > 

PageTop