FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

「天 勾践(こうせん)を空しうするなかれ...」

                       200806281328.jpg


過日、たけしくんの公式ホームページに出演の案内が載ってすぐに、メールで申し込みをしておりました、両国の江戸東京博物館で行われた、日本子守唄協会定例コンサート『歌い伝える日本の唱歌』です。ちょうど梅雨の晴れ間の28日、家族・友人と共に、館内大ホールが満席となったこの日の催しを楽しく鑑賞して参りました。写真の錦糸町・千葉方面が総武線の進行方向で、右側の来た方角が、子守唄協会本部の有る「浅草橋」。浅草橋から両国の間で、電車は隅田川を渡ります~。

 コンサートはさすがに聞きごたえがあり、中でも、私がまさに子守唄代わりに聞いて育ったため、年齢のわりに?!汗知っていた、タイトルの「児島高徳」の歌や、この辺りの小学生の遠足には欠かせない♪箱根の山は天下のけん の「箱根八里」などを、清廉な声で歌いながら紹介して下さった川口京子さんの歌とお話は楽しめました。日本人が好んでいろいろな曲に使って来たという「ピョンコ節」の逸話など、とても面白い話を織り込まれてのステージです。♪き~てき一声しんばしを~ とか、♪もっしもっし亀よ 亀さんよ など、ポンポン、ピョンピョンと拍子のとれる歌を、そう呼ぶのだそうです。ピョンコ節はそうした、古来日本で、お手玉やまりつきをしながら歌われて来た歌のリズムに由来するということでした。
 さて、こうしたクラシック系の音楽のゲストの皆さんの中で、この日のたけしくんの歌も、やはりいつものように、とても美しく会場に響きました。唱歌を1曲歌い終え「普段は歌謡曲─演歌の世界で歌っています・・」という、たけしくんの語りのところでは、場内に感嘆の声が起っておりました。確かなリズム感と優しい歌声に、きっと常はクラシックファンの方も、瞠目して下さったのだと思います。たけしくんファンとしては、とても誇らしい思いが致しました。可愛い「たなばたさま」・ ♪夕月かかりぃて~ と音階が上がって行く所がとても魅惑的だった「朧月夜」・爽やか「夏の思い出」の唱歌3曲と、故・松永伍一先生の愛した「冬のひまわり」「金沢望郷歌」の5曲のご披露でした。主宰の西舘好子さんとのしっとりした会話とともに、この日のたけしくんの姿が、また新たなファンを増やしたことは間違いないところだと思います。又、たけしくんのイベントにも是非聞きに来てくださいネ 終演後は、主催者・関係者の方達と共に、たけしくんも温かい握手で大勢のお客様の送り出しをされ、この‘クロスオーバーコンサート’を楽しんだ我々一行も、その余韻を大いに語るべく、夜の両国の街へと流れて行ったのでした。黒猫空我ビールジョッキ赤ワイン

PageTop

雨あがり。

皆様、たけしくんの新・ミニアルバム『こころの旅』を、もう何遍も聞いていらっしゃいますか? 
私も、ひととおり聞いては、今度は‘1曲リピート’で、ひたすらかけ続ける曲が何曲もあったりと、CDが手元に来て以来、ずい分楽しいひと時を過ごせております。自分も少し歌が上手になったような気分になって、ゆったりCDと一緒に口ずさむことも出来そうなカバー曲、「千の風になって」もイイですね~。それで、どうしてもこの素晴らしいアルバムを早く差し上げたい方が、急に脳裏に浮びまして、東京でのイベントやキャンペーンがあるまで待てなくて、先程仕事の帰りに最寄駅の「オデオン堂」に寄り、『こころの旅』を1枚買い求めて参りました。たけしくんの綺麗なジャケットのCDが、燦然と輝いてお店に並んでおりましたよ。嬉しいですね。駅を出て外の広場に来ますと、梅雨の雲が少し切れて、薄暮の雨上がりの空と涼風とが心地良く感じられました。益々元気一杯のおんぷたけしくんが行っていらした金沢は、どんな気候でしたでしょう。 
 あどけない女の子の靴の色が可愛くて、思わずパチリと撮りました。

200806261638.jpg

PageTop

“あなたのハートには何が残りましたか?”

健之くんの2ndミニアルバム『こころの旅』を予約していた皆様の多くは、もう既に昨日・24日に
CDを手にされ、イソイソと聴かれたことと思います。私ももちろん早速聴かせて頂きました音符
いやもう、前のアルバムの『桜橋から』を聴きました時も、「生きててよかった~」と思いましたが、今回又「まだ生きててよかった~」と思ったのは、いささか芸のない話で申し訳ありません。新曲を何度も聴きつつ覚える、わくわくする新鮮な楽しさ、そして耳慣れた曲のカバーを、たけしくんの歌声で聴く嬉しさは、例えようもありませんネ。ジャケットのたけしくんの写真といっしょに、自分も思わず微笑んでいることに気づく時、人生の中でたけしくんの「歌」に巡り会えた幸せを、天に感謝しました。タイトルの「あなたのハートには・・・」は、これからいろんな沢山の方に、たけしくんのこのアルバムの歌を聴いて戴きたいという、今の私の気持ちにぴったりなのでふと思い出した、美人映画評論家・木村奈保子さんが、以前テレビの映画解説の中で使っていたキャッチフレーズを拝借してみました。ッコハート*水色×ピンクl/並べてバナーにも(´ε`)ノ(暗い背景用《ぼかしあり》)

PageTop

万感「洞爺湖」

今日、23日の夜10:35~11:00までの25分間ですが、NHKBS-2の「森羅万遊」という番組の、この夜のタイトルが “一日中、洞爺湖。” と、ありました。たけしくんの、25日発売の2ndミニアルバムの中に「洞爺湖の雪」という歌があるので、行ったことはないし、どんな所なのでしょうと、見てみたいなと思っております。折しも7月7日からは洞爺湖サミットも行われるということで、サミットの行方としては、日本は、自国の地球温暖化防止策が具体的にどのようなものか、など多方面で政策の真価を問われるという難しい立場のようですが、曲名としての「洞爺湖」は、今おそらく一番のトレンドの題材でしょうし、ご当地ソングが生まれるシチュエーションとしては、インパクトがあってとても良いのではと思います。
 かつて、平尾昌晃さん作曲の「霧の摩周湖」をステージで歌うたけしくんを、何度か拝見したことがありました。音域も広く起伏も激しい難しい曲を歌いこなす、声といいリズム感といい表現力といい、涙が出るほど感動して聞きました。けれど当時はそれだけに、これがカヴァー曲で、たけしくんご自身の歌ではないという寂しさが、ファンである私の胸には、たまらなくありました。今回のアルバムでいよいよ、同じ北海道の湖である「洞爺湖」を舞台の、掛け値なしのたけしくんだけの持ち歌として、万感の思いで聞きたいと、今からとても楽しみにしているところです~。アイコン名を入力してください音符^^


                       200806131457.jpg

PageTop

とんびがくるりと輪を・・ホーイノホイ(^^)

200806181509.jpg
ピーヒョロロと、とんびが飛んでいる下の海は、昨日の江ノ島の海。太平洋です!横浜駅で用事が早目に済んだので、帰りの電車に乗らずに逆方向へ午後から突然行きました。予報では、今日からまた雨とのことだったのでふと思い立ったのですが、今日もこちらはまだ晴れております。しかし、健之くんの恩師の五木先生や松永先生の故郷・福岡の八女地方は、昨夜あたりから大変な雨とのことです。どうぞ皆様気象状況には呉々もお気をつけくださいませ。さて江ノ島は私は約8年ぶりぐらいで、いつでも行けると思うと、かえってあまり行けない、近くて遠いところです。東京タワーと同じですね。しばらくぶりの島内は、かなり様変わりをしておりました。情緒がなくなった部分もある反面、人が動きやすくなってもいると思いますので、皆様もお暇な折には、どうぞお出かけ下さい。日本三大弁財天の一つと言われる弁天堂も、今回初めて拝見して参りましたはあと
しかしどうも、かなりの混雑でした。おまけに暑くて暑くて、こんなに道が険しかったかと思うほど、海岸の岩場へ出るのにも戻るのにも骨が折れます。しかし、いよいよ岩に腰をかけて、久々に湘南の潮風に吹かれ、寄せ来る波音を聴くのは良い気分です。ここで、♪あの夏も あの人も もう二度と帰らない・・と、歌うと、これがまた景色にぴったり合って、ずっとここに居たいほどでした。 日本海と太平洋の違いはあれど、たけしくんの歌う『内灘海岸』は、どこの「海」にも似合う名曲であることがよくわかります。

                                       200806181649.jpg
                    <今回は、JR以外は江ノ電バスを使いました。
                    お土産は島の名物「女夫(めおと)饅頭」。美味でした~らぶねこ

PageTop

「愛のうた」「洞爺湖の雪」など新曲も♪

新曲情報


いよいよ、6月25日(水)の、たけしくんの2ndアルバムの発売日が、目前に迫りました。
ワクワクドキドキ嬉しい毎日です。
その名も、『こころの旅』
新曲2曲、カバー曲・リアレンジ曲などが5曲の、盛り沢山のミニアルバムのようです。
是非、早めに予約をして
たけしくんの歌声を、少しでも早く聴きたいものですネ。
たけしくん渾身の「作品」を手に出来るのを、ファンも心より楽しみにしております。キラキラ
     

                                                    6月19日

PageTop

♪ワインレッドの心?

先日の健之くんの『気まぐれ日記』に、赤ワインなどを少々嗜まれ、時に体の半分がワインになる日も・・という一文が載っておりまして、読みながらふと、「私の身体の中にはワインが流れている」 と、TV画面の中で艶然と微笑んでいた、美人女優の川島なお美さんの事を思い出しました。お二人がこれから、どこかで顔を合わせる事があると素敵だわ、と想像してにやりと致しました。
 さて何故お酒のことを思い出したかと申しますと、今、巷では普通のビールに代わって、各社の「第三のビール」の人気が非常に高く、これはもちろんメーカーの努力で価格が安く抑えられているのが大きな理由ですが、その割には味もなかなかだと、私も普段は盛んに愛飲しております。ところがここへ来て、容器のアルミ缶の材料が値上がりし、メーカー側では又々、出来るだけアルミを節約して缶を作る研究に余念が無いのだそうです。そうは言いましても、現在の、頭より高い位置から落としても、何の異常も起こらないほど丈夫な缶の品質も保って行かねばならず、今日話しを耳にした会社では、苦心の結果として「缶ぶた」の部分のアルミの量をなんとか調整して、事態を乗り切ろうとしているそうです。あまりに製品の形状を変化させようとすれば、今度は生産ラインの大幅な変更に多額の設備投資がかかるので、それは避けなければならずで、どの職業に携わる方々も日々大変なことですね。  そんな第三のビールの存在に感謝しつつ、外で飲むホンモノの樽生ビールは実に美味しいと、つくづく感じられる季節にもなって参りました♪                                   200805151710.jpg

PageTop

♪涙かんでも泣きはせぬ♪

たけしくんが「気まぐれ日記」の中でもおっしゃっている通り、五木寛之さんの、日刊ゲンダイ連載『流されゆく日々』が、この13日で連載8000回を迎えられた由、1975年の同紙創刊と共に歩まれて来た、毎日の積み重ねの長い道のりは、まさに「凄い!」の一言に尽きますね。
 毎回聴けるとは限らないのですが、NHK「ラジオ深夜便」の月末最終日曜日に、五木寛之さんが「わが人生の歌がたり」として、数々の歌に彩られたその半生を語っておられます。1月下旬の放送では、このゲンダイの連載についても触れられていました。ほかに、「作家とは、文筆をもってする芸人である」...など蘊蓄のあるお話も沢山聴くことが出来ました。聞き手の須磨佳津江アナは、頭脳明晰な美人で‘声’も美女。ハート 歌は、その日は扇ひろ子「新宿ブルース」や、荒木一郎「いとしのマックス」などが、かかりました。

                          200806151339.jpg
                           <今日の東京は気温26℃・穏やか日和> 

PageTop

「もみくちゃ」

日めくりカレンダーの隅によく載っている、各地のその日の行事やお祭り。朝、ああ今日は岩手の“ちゃぐちゃぐ馬こ”の日か・・。昔、旅行で行った時に買い求めた、着飾った白いお馬のお人形はいったいどこへ行ったろう.....と思いを巡らしていたところへ、テレビからあの異様な緊急地震速報の信号音が聞こえ、ほどなく東京地方もグラリと揺れた14日でした。  歌手・松原健之さんのお名前をファンが拝借しての、この応援ブログですので、あまり暗い話題や「応援」にふさわしくない内容は避けたいと、普段から出来るだけ心しているつもりではおりますが、ここのところのように、悲惨な事件やら事故・災害などが、ひきもきらずに起るようになりますと、それにも触れずにいようとすると、日記をアップロードするタイミングも失ってしまいそうで、悲しい事の多い世です。
岩手・宮城内陸大地震の被害者の皆様へも心よりお見舞い申し上げます。


 さて今日のたけしくんのスケジュールを拝見しますと、富山県でのお仕事になっております。
富山で先ず思い出すのは、何と言っても美味しい名物‘ますのすし’でしょうか。こちらではあまり頻繁に目にする機会がなくて寂しいのですが、先日たまたま、最寄駅で宣伝販売しておりましたのを買うことが出来、嬉しくて食べる前に写真を撮っておいたものです~。
200805051859.jpg


たけしくんは、金曜日の新橋「ラ・ピスタ」に続き、日曜の今日も、元気にステージを勤められた事と思います。新橋には少し都合で行けなかったのですが、その代り、現地に駆け付けた友人達の1人から「もみくちゃ」というタイトルで、CD即売会にて、詰めかけた大勢のお客さん方の大変な熱気に包まれておられるたけしくんの様子が、臨場感たっぷりの写メールで届きまして、にっこり見ておりました。こうしてたけしくんの人気が、首都圏でも他の地域でも、益々だんだんと浸透して来るのですね。とても楽しみです。

PageTop

♪あなたに逢いたくて♪

☆アイフォン携帯

昨日、たけしくんが仕事で行かれていた石川県・山代温泉、以前ここ加賀温泉郷が舞台の「こおろぎ橋」という連続TVドラマの思い出を書いたことがあったのですが、そのドラマの主役を勤めた樋口可南子さんがいま出演している、ソフトバンクモバイルのTVコマーシャルが面白いですね。
お父さんが「犬」エルという日本スピになっているあれです絵文字名を入力してください。無意味な意味、とでも言いましょうか、敢えて茫洋と意味不明なところが、かえって何かを言い得ているのでは...と勝手に解釈して、いつもCMを楽しみに見ておりますが、そのソフトバンクがつい先日、日本でも今年中に「アイフォン」を発売すると発表しました。連日株価も好調のようです。たけしくんの「気まぐれ日記」でも、今や日常生活に不可欠なものとして、「携帯電話」の話題に触れられていたことがありましたが、アイフォンというのはつまるところ、Macのパソコンが小さく小さくなって、そこに携帯電話の機能が付いたもの、、であるようです。日本人はテレビが好きですが、アメリカ人はテレビよりパソコンなのだそうで、又、電車通勤の人が殆どである日本では、車中でのワンセグの利用率が高いのに対して、アメリカ人は多くが車通勤なので、そういう事も少なく、また基本的に携帯電話の機種変更というのもあまりしないそうなのです。へえ、という感じですね。アイフォンは勿論音楽や動画も楽しめ、電話機でもあるので会話も出来ます。私など、今持っている簡単な携帯電話でさえ、サッパリ使いこなせておりませんので、これ以上良くなる・便利になると聞いてもなかなかピンとは来ませんけれど汗一色楽しみだな、と思っている方も多いことでしょう。アイフォンは多様性の割に、現行の機種で本体の厚さは1センチ・重さ僅か135グラム!アメリカでは、ちょうど今から一年前の2007年6月29日に発売されています。



                                 200806031532.jpg
    たけしくんの歌の次に、たぶん一番よく口ずさんでいるのが聖子ちゃんのこの曲です~♪
    以前はカラオケでもよく歌いました。聖子ちゃん、大好きなんですヨ。
    この歌は、とてもきれいなメロディーだと思われませんか?

PageTop

文人の行き交う湯の郷♪

今日は、二十四節気の内の芒種といって、稲や麦などのように、芒(のぎ=トゲのようなもの)のある植物の種をまく日、ということだそうです。そんな今日、たけしくんは北陸・山代温泉へ飛んで、菖蒲湯まつりのステージを勤められた事が、「気まぐれ日記」にも綴られております。戦場の弟へ謳った「君 死にたまふことなかれ・・」でも有名な、与謝野晶子の美しい歌と共に…。なかなか文学的で素敵ですネ。絵文字名を入力してください 6月の5日頃と言いますと、旧暦では5月の端午の節句辺りに当たるかと思います。このお節句には、ご承知のとおり男の子が、菖蒲・尚武・勝負、と引っかけて、強くたくましく成長するよう願って菖蒲湯に入る習わしがあるので、今日の山代の「菖蒲湯まつり」というのも、旧暦のこの頃にちなんでの催しということになるのでしょうか?健之くんは、また沢山のお客様を前に元気に歌われ、盛大なお祭りを更に盛り上げていらしたことと、嬉しく想像しております。

                  200806051628_20080605201218.jpg
               北陸でたけしくんのステージが始まったころ、
               東京地方でも、この日何度目かの雨が降りだしていました。

PageTop

原因は??

ご自身、映画でたくさん感動し、皆さんも映画をいっぱい見て下さいね、と、たけしくんも以前のラジオ番組や「気まぐれ日記」の中で、ファンに語りかけておられる映画。そんな映画の都・ハリウッドにあるユニバーサルスタジオで、先日、大火災があったとニュースが報じておりました。
巨大映画スタジオとして、またテーマパークとして、カリフォルニアを訪れる日本の観光客も、必ずと言ってよいほど見学する場所ということで、皆様の中にも行かれたことがある方も多いかも知れません。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の、あのマイケル・J・フォックスが‘未来’に戻れる最後のチャンスである、落雷のエネルギーを利用するシーンに使った時計台のセットも、懐かしい「キング・コング」も、みな焼けてしまったそうで残念な思いです。TVシリーズ「刑事コロンボ」が再開された「新・刑事コロンボ」が始まって間もない頃、このユニバーサルスタジオが舞台の、「予期せぬシナリオ」(=「狂ったシナリオ」と訳される場合も)というとても面白い作品がありまして、今でもよく印象に残っています。頑張って、施設の復活が成って欲しいものです。

200806031332.jpg
今日のような日は、こんなCDも聴いてます~ハチワレB1マドンナやジリオラ・チンクエッティや.....の
雨にまつわる曲々。
皆様、台風5号の風雨の影響にご注意くださいませあまつぶちゃん

PageTop

東海・関東甲信 梅雨入り

「うなぎパイ」大打撃?!

国産バターの値上がりで、たけしくんの故郷・静岡県は浜松名物「うなぎパイ」の製造が、大きな影響を受けているという話を耳にしました。「うなぎパイ」は、包装を解くと、バターの香りが程良く香り、サクサクと歯ざわりも美味しいお菓子で、私も大好きなのですが、そういう事になっていたとはまったく存じませんでした。バターは、何年か前に生乳の生産調整がされてから、今度は逆に不足して来てしまったのと、牛の飼料の乾し草の価格が、オーストラリアの大干ばつの被害等で高騰している為、酪農家が立ち行かず、目立って軒数が減少しているなどの理由で、ここへ来て生産量が極度に減ってしまっているのだそうです。家庭では、バターは一箱買ってしまえば、そう頻繁には買い足さないのでピンと来なかったのですが、小売店ではこれまでの3~4割しか入荷しなくなり、店頭に出ると2日足らずで売り切れてしまうそうです。洋食の調理にはバターは欠かせず、レストランなど業務用では、確保に苦慮している事と思います。大変ですね。バターの製造は、生乳から一度に作る乳製品の中で、鮮度が重要な順に、牛乳・生クリーム・チーズなどより後まわしにされるので、必然的に生産量が少なくなり、結果、市場で足りなくなってしまっているようなのですが、当然不足しているのはバターばかりではなく、乳製品はすべからく不足の状態にあり、同時に値上げ傾向にもあります。生産調整に遭って、酪農家は乳牛そのものを減らしてしまっているので、足りないからと言って、そう簡単に生乳が採れないのですね。このまま行くと、赤ちゃんの飲むミルクにまで諸々の影響が出るかも知れないという事で、心配なことです。

 ところで、うなぎパイには“夜のお菓子”というキャッチフレーズがあるのは、皆さんもよくご存じのことと思いますが、この意味は、「お父さんが出張のお土産に買って来てくれたうなぎパイを、夜、一家団らんで召し上がってくださいね」というのが、本当のところ なのだそうですアップロードファイルハート赤+ピンク/並べてバナーにも(´ε`)ノ(色付き-暗い背景用-ぼかしなし)

                                      200806021413.jpg

PageTop