FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

国宝・犬山城が見えたでしょうか♪

たけしくんの『気まぐれ日記』に、このたびのミニアルバムの発売予定が、6月25日であることを告げる文章が載りましたね~。いよいよ具体的になって来て楽しみが増します。
 27日には、愛知県の犬山へキャンペーンに出かけられたたけしくん。故郷の静岡とはお隣の県なので、馴染みがお有りでしょうか。そうは言ってもだいぶ距離が離れているので、如何でしょう。ずっと以前、日本ライン(木曽川)下りに行った折の写真があるかと思い、先ほど探してみたのですが、どうも整理が悪くてなかなか見つかりません。が、代わりに他の写真を見て、しばし懐かしいひと時を過ごせたのは良かったです。犬山城ならぬ、たけしくんの故郷近くの「掛川城」や、 風に泣く~♪「女人高野室生寺」の碑をバックの‘一枚’を見つけて、にっこり。

 そして今日のたけしくんは、どんな素敵なジャケット写真が撮れましたでしょうか。CDの発売が、いよいよ楽しみですね色付きアスタリスク6s-peadhpink(白-薄い背景用)色付きアスタリスク6s-blue(白-薄い背景用)


   200804222016.jpg
近くの並木の、八重桜の夜桜です。。ソメイヨシノとはまたちょっと違ったムードうさぎ

PageTop

赤羽会館・講堂は花盛り♪

200804261948_20080427195753.jpg


26日の、大赤羽祭(赤羽馬鹿祭り)前夜祭にご出演の、たけしくんを追っかけての赤羽です電車。傘は無くても・・くらいのこぬか雨の中を歩いて数分、会場の赤羽会館は、熱気にあふれておりました。たけしくんのデビューのはるか前・18歳のアマチュアの頃からずっと、毎年出演させてくださっていたというこのお祭りのステージに、今や念願のデビューを果たし、立派なプロ歌手となられた健之くんの歌声が帰って来た一日でした。
たけしくんの出番になりますと、たけしくんの恩師のお一人・茜まさおさんが舞台へ進み出られ、自らたけしくんを紹介してくださったのには、思わず見ているこちらも、胸が熱く熱くなりました。「赤羽」へのお礼と、社会へ奉仕のつもりで、今回、ノーギャラで出演してくれてとても嬉しいと、スターになって、今日の一日“わが町”赤羽へ戻って来てくれた愛弟子・たけしくんへ暖かいメッセージをくださいました。続く、相変わらずの美しい歌声での『金沢望郷歌』『海峡平野』(茜まさお作詞・弦 哲也作曲)『帰郷』『冬のひまわり』は、途中ステージを降りて会場の後ろまで握手、2階席へも手を振られ、その歌声は会場一杯のお客様方の熱烈声援と、大きなたけしコールに終始包まれておりました。いつも思うのですが、歩きながら、握手をしながら、八方へ気を配りながら、それでいて、その影響をちらりとも歌に与えないという素晴らしい歌唱力には、本当に感服いたします。さてステージの熱狂は、引き続きロビーで行われたサイン・握手・撮影会へもそのまま持ち越されました。しばらくの間、にこやかで楽しそうな、たけしくんとお客様達の様子を、こちらもニッコニコ眺めておりましたが、いつ果てるとも知れぬ盛況ぶりに、またまた後ろ髪を引かれながら会場を出て、「お祭りの夜」の赤羽の町へ繰り出しました。今日の気分はビール&トロピカルサワーとばかり楽しく飲んで、帰宅後にはまた、たけしくんの綺麗なサインを眺めながら、家族へのお土産話しと共に、またビールのグラスを重ねることしばし、眠りについたのは既に午前3時を過ぎておりました苦笑 GWの初日を飾るにふさわしい、楽しい初夏の一日の一幕。クラッカークラッカー

PageTop

♪名前も知らないあなたと私♪              という歌もありましたが。

今の時代、仕事は勿論、結婚や移籍、出産、離婚あせなどなど、スターに関するお知らせは、ご自身のブログで・・ということがだいぶ多くなって来たように思います。以前の(金)屏風の前の会見、というのは古いというのか、少なくなりつつありますネ。もちろん、ブログでとりあえず発表してから記者会見というケースもあるようです。
 以前、健之くんと丸3年間、五木寛之さん原作・脚本の舞台で、一緒に全国を回られた、林 あさ美さんのブログで、つい先日、昨年一度「水牧あさ実」と変えた芸名を、元に戻すことになった旨の記事が載っておりました。あさ美さんファンならずとも、なかなか関心の深いニュースだと思います。“名は体を表す”の言葉もあるとおり、名前は、その人の考え方までも左右する一面もあるように思います。親から貰った名前があり、結婚によってその名前が変わることもあり、また今は夫婦別姓もあります。芸名があります。本名を芸名にする人もあり、歌舞伎俳優のように、本名とはかけ離れた名跡で、人生の大部分を暮らす人もおります。たけしくんの大先輩・五木ひろしさんも、何度か芸名を変えられたと聞きました。 「林あさ美」さんと「小松原たけし」さん。私は、どちらの名前も大好きです~。女の子

PageTop

♪“待っている女”&男

レコーディング現場の緊張も高揚感も、ずいっ とこちらへ伝わって来るような、そんなたけしくんの今日の『気まぐれ日記』ですネ。
新しいミニアルバムでの、たけしくんの歌声に早く触れてみたくてなりません。
ファンは皆、そんな一日千秋の思いで、来たる6月を待っております~。
たけしくんが、健康そうで元気そうでいらっしゃるのも、とても嬉しいです。

                            200804201353.jpg

PageTop

「ちりとてちん」再び。

以前に一度触れました、この3月で終了したNHK朝の連続ドラマ「ちりとてちん」です。主な舞台は大阪でしたが、健之くんの社長であり大先輩でもある、あの五木ひろしさんの故郷・福井県が、主人公の出身地として描かれたドラマでした。その関係か、五木ひろしさんも、何度かドラマに実際の「五木ひろし」役で御登場。なかなか粋(いき)な役どころで見ごたえ十分でしたよ。キラキラ

たまたまNHK-FMの、平尾昌晃さん出演の番組の中で、あらかじめこのドラマのご案内を聴いておりましたので、私は第1回から見ることが出来たのですが、‘朝ドラ’を見たのは実に何十年ぶり、しかも最初から最後までついにニッコニコjumee☆heart1c見通してしまったのは、これが初めての出来事でした。ここまでハマったのには自分でもビックリ、且つ、あらためて聞いてみますと、私の周りに同じような人が沢山いたのにも、なおビックリいたしました。主人公の女流落語家と、後に彼女と結ばれる若い落語家さんとが、師匠の為・一門再興の為に、散らばった仲間を根気よく集めにかかる序盤から、何か「南総里見八犬伝」ピックのようなスケールの大きさを感じ、一方で「ありえな~い」きゃーくらい可笑しいシーンや劇中劇に笑い、和久井映見さん演ずる主人公の「母」の愛に泣き、必殺シリーズで大好きだった京本政樹さんの、初の三枚目役に複雑に...微笑み、前から好きな松重 豊さんの“怪演”に含み笑いし・・と、誠に忙しい毎日でした。 そして何より、いずれもテレビには殆ど初お目見えに近かった、4人の男性演技陣の登場が、このドラマを盛り上げ、人気を博する原因になったのだと思われます。彼らの演じた、個性豊かな若き落語家達の、何があろうとくじけない、「芸」に対する情熱と、それを支える周囲の人々の温かい人情に、毎日泣けました。
歌にしろ芝居にしろ、落語にしろ楽器にしろ・・何しろ好きで好きでたまらなくて志した道というものは、人は結局は諦められるものではない、また、諦めてはいけないということが、見ている側にもひしひしと胸に迫って来るのです。芸の道は何によらず、厳しくて遠くて険しくて切ない・・そして、嬉しい。そんな風に思えます。才能に恵まれ、一芸に秀でて生まれて来た人は幸せです。たけしくんも、大変に幸せな人と、いつも蔭ながら憧れ、また尊敬致しております。その存在からほとばしる、磨き抜かれた芸の力を、私たちは見て聞いて楽しんで泣いて笑って、そうして人生を豊かにして貰うのですね。本当に芸術とは素晴らしいものです。 私は、やっぱり、そんなふうに常に、 たけしくんの歌声を胸に思い浮かべながら、このドラマも見ていたように思います。ひまわり

「ちりとてちん」の脚本は、女性の藤本有紀さん。思わず、「向田邦子」の再来か~と、感動してしまいます。テーマ曲もとてもきれいでした。
 ドラマがクランクアップしてからの10日間ほど、NHK大阪で、「ちりとてちん」で使ったセットの一般公開があったのですが、なんと7万7千人の人が訪れたそうです。5月に総集編、7月ごろには“スピンオフ(外伝)ドラマ”も制作予定とか。また同じころ、出演者の一人で、ほんものの落語家さんの桂 吉弥さんの 舞台も東京であるようです。まだ先のことですが、、楽しみにしていたいと思います。

PageTop

♪三拍子

友人の所の、高校3年生になる息子さんが、たけしくんのCDを聴いてすっかりハマってしまっているのだそうです。♪ 学校の友達にも盛んに紹介してくれているとかで、とっても嬉しい話です。 もともと彼は、EXILEのATSUSHIさんのファンのようでもありますが、とにかく今、たけしくんの声がものすごく好きなのだそうです。私も前からEXILEには興味がありましたが、今回そういう事もあってか、彼らの「銀河鉄道999」をバックにしたビールのテレビCMが聞こえてくると、ふっと耳目をそちらへ移しております。ラジオでも時折流れておりますが、そのラジオの或る番組の中で、先ほど久しぶりに「ミスター・ボージャングル」を聴きました。昔、学校のサークルで、ささやかなバンドのメンバーをやっていた頃、仲間のバンドの一つが、このニッティ・グリッティ・ダート・バンドのコピーを得意としていて、“テキながらあっぱれ~”と思うほど、当然アマチュアではありますが、歌も演奏も上手かったのを思い出しています。ロギンス&メッシーナのケニー・ロギンスが作り、ニッティ~ も歌った「プー横丁の家」も、可愛い曲でした。いずれも、たけしくんが生まれる10年近くも前にヒットした曲ですが、時代を超えて今も聞かれているのを見るのは、嬉しい思いです。「ミスター・ボージャングル」はワルツで、たけしくんが、最初のミニアルバム『桜橋から』の中でカバーしておられる「ふるさと」や、同じ平尾昌晃さん作曲の「アメリカ橋」もワルツ。こうしたワルツの名曲というのは、聴いていると、なんだかとても心が落ち着いて来てくつろぐ感じがいたします。さくらんぼ

                                    200804191831.jpg

PageTop

とっ憑く!

“京都…大原三千院・・♪”という歌があります。以前、友人達と、このあとに続く“恋につかれた女が一人♪”という所について、“恋に疲れた”のか“憑かれた”のかで、だいぶ盛り上がったことがありました。ずい分昔の学生時代のことです。何かの話題から歌の話になり、私が、この「女ひとり」の歌の主人公は“恋に憑かれた”女なのではないか、と言って、ちょっとした議論になったのです。当時はテレビの歌番組でも、今のように、画面にれいれいしく歌詞が出る事はなく、又どこの家にも、ビデオ機など有りませんから、テレビで歌を覚えたい場合などは、耳で曲を覚えながら、紙に忙しく歌詞を書きとったものです。サビの部分は特に早く覚えたいので、例えばミレミ ソ~ミレミミミなどと咄嗟に、歌詞のそばにカタカナで書き込んだりと、まあ涙ぐましいものでした。
でもきっと、そういう作業がまた楽しかったのですね。そこで先ほどの「女ひとり」の歌ですが、“恋にとっ憑かれた女がひとり”と解釈した私は、そんな事を思いつく方が変わっている、これは明らかにtired、恋に疲れ切ってしまった女性が、その心身を癒すために、ひとり京の古寺を訪ねるのに決まっているじゃない!と友人達から総攻撃に遭いまして汗 何しろ多勢に無勢・多数決の原理により自論を引っ込めざるを得なかったのですが、実は今でも、恋に憑かれて、心・そこに無くふらふらと、京都をさまよう女性の方がロマンチックだと、心密かに思っておりますおんぷp 知人で、小柳ルミ子さんのデビュー曲「わたしの城下町」の中の “行き交う人に 何故か目を伏せながら♪”の所を、当時どう聞いたものか 「どうしてこの人は、甕(かめ)を伏せながら歩くのかしら」 と言った人よりは、私の感性は悪くはないと思うのですが、、どんなものでしょうスホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、

 さて、19日・20日の健之くんの『気まぐれ日記』に、6月に待望のミニアルバムがリリースされる予定である旨の記事が載りました。オリジナル・新曲・カバー曲と、たけしくんの歌声を沢山聴けるCDが、こうして出るという事は、都合であまりコンサートやイベントに行けなかったり、会場が遠方であるため思うに任せない事もあったり、或いは目下療養中であったりするファンの方にとっても、とりわけ嬉しいことでありましょうし、また、たけしくんの多彩・多才な歌声に新しく触れてくださるファンが拡大するのにも、大変功を奏するものだと思い、嬉しいピンクハート嬉しい気持ちで一杯です。
前作『桜橋から』と同様、大ファンの私などまさに「とり憑かれたように」、毎日CDに聴き入ることでしょう。発売が本当に待ち遠しいですネ。

200804191701.jpg
<東京は、すっかり 新緑の目立つ候となりました>

PageTop

“美少女”走る!!

13日の松原健之さんの『気まぐれ日記』によりますと、桜満開の新潟でのステージも、無事
大盛況の内に終えられた由、大変良かったですね。

 昨日はその桜にちなんだ、競馬の桜花賞レースも行われておりました。人間で言えば、若いきれいな‘少女’たちによるG1競走です。いわゆる下馬評のたぐいも全く聞いていなくて、予備知識も何もなく、ただ外出から戻ってテレビを点けたらやっていた、という感じでこの競馬中継を見たのですが、その名の通り華やかなレースでした。12番人気だったレジネッタという馬が優勝して、3連単(3連勝単式)では、なんと700万2920円という、クラシックレース史上最高の配当が付きました。調べてみますと、レジネッタの母の父は、伝説の馬・サンデーサイレンス、ということは、記憶に新しい名三冠馬・ディープインパクトの数ある親戚の内の1頭…ということになりましょうか。そのレジネッタの鞍上、この日阪神競馬場を思い切り良く疾走し、長年の苦労が実って、初のG1制覇を果たしたという小牧 太ジョッキーが、優勝インタビューで、タオルで顔を覆ったまましばし絶句する光景に、見ていてじ~んとなりました。

 じ~ん、と言いますと、たけしくんの13日の日記にも、実はじ~~んと来ておりました。芸能界での忙しい毎日の中、一方で、考えるところ・感ずるところもまた多岐に亘るご様子です。たけしくんのそんな心の中を少しでも推し量ろうとする時、ファンは皆、胸がいっぱいになりますネ。
 以前、中村メイコさんがテレビで、親友でもあった大歌手「美空ひばり」について語られたのを聞いたことがありましたが、その時メイコさんは、ひばりさんの芸能生活について、「彼女は天才の上に、努力も沢山していました。そうなれば誰ももう、彼女にはかなわなかった」というような事を述懐しておられました。努力、という言葉には常に「忍耐」が付き物でしょうから、ひばりさんもおそらく終生「努力・忍耐」に勉められたのだと思います。たけしくんも、そうしたひばりさんにも似た心意気で、歩まれて行こうとしているのかも知れません。ファンは声援を送る事ぐらいしか出来ませんが、いつもどこに居ても、常に明るくたけしくんを応援する気持ちでいたいと思っています。ニコニコ

                                     200804121516.jpg

PageTop

らくらく ・ リモコン。

健之くんの『気まぐれ日記』に、たけしくんが、北陸DoCoMoのリーフレットの表紙になっている写真が出ておりました~。携帯電話を手に、とってもにこやか軽やか爽やかな雰囲気です葉っぱキラキラ
歌が上手でその上‘容姿端麗’なたけしくんは、コマーシャルにはうってつけの存在と、私などもいつも思っております。同じように考えておられるファンの方々は、きっと多いことでしょう。これからも、たけしくんがいろいろなCMに出演されると良いですね。楽しみにしております。
 今朝のTVの経済番組で、たけしくんも目下宣伝に一役買っているこの携帯電話の、内部の「コネクタ」を作って、大きなシェアを持っている会社のことが話題になっておりました。そしてひとつ、この会社がコネクタとは別に、テレビ等の「リモコン」も大量に生産している事が、意外に知られていないこととして紹介されておりました。たとえばテレビはシャープ製やらパナソニック製やら東芝製やら….であるわけですが、こちらは、そうした会社から受注を受けてリモコンだけを作り、出来上がった品は、あくまでもテレビを作った会社の製品の一部として、消費者の手元に届くのだそうです。リモコンも当然、テレビと同じ電機会社が作るものと思っていた私は、ちょっとびっくりしました。大抵のお宅にあるリモコンは、このSMKという会社製であるのかも知れません。

200803281837.jpg

“ひまわり”と、デルフィニュームというキンポウゲ科の花の花束が売られていました。
とっても綺麗。あわ

PageTop

あおによし&君恋し

2月の下旬ごろ、たけしくんが奈良にキャンペーンに行かれたことがありました。今回のサードシングル『冬のひまわり』では、これまで訪れていない町も精力的に回られて、綺麗な歌声を響かせておられるようで、ファンにとりましてもとても嬉しいことです。ところで今日4月9日は、その奈良、東大寺の大仏の開眼供養会(え)が、今を去ること1250年以上前の、752年に行われた日だそうです。陰暦の4月初めは、今の暦で言えば5月の半ばかそれ以降だと思われますので、まさに大仏様の開眼供養の頃は、あの「あおによし 奈良の都は咲く花の 薫ふがごとく 今盛りなり」の歌の通りの美しい季節だったのでしょう。
 明日は、テレビ金沢ホームページによりますと、健之くんのレギュラーコーナーの特別版放送日とあります。たけしくん生出演でしょうか。風薫る季節の前には、「花散らしの雨」がよく降るのがこの国の常ですが、たけしくんは、どうぞ元気ハツラツで、また沢山のお客様を楽しませていらしてくださいと心から願います照れ笑い四葉1

     200804091811.jpg
    夕方の買い物帰りにパチリッ。
   ♪宵闇せまれば~ 悩みは涯なし~

PageTop

名司会。

この春の番組改編で、NHKのラジオ第一放送には、12の新番組が登場したそうです。6日の日曜日に健之くんが出演された「日曜バラエティー」もその内の一つで、新番組の第一回目にゲスト出演というのは、たけしくんとっても縁起が良いと思います~flower。内容は、以前の「サンデージョッキー」を大方は引き継いでいるようです。前回たけしくんが出られて以来、私も久しぶりにこの時間にNHKラジオにダイヤルを合わせましたが、タレント新司会者が山田邦子さんとは、なかなかの“大物”の起用ですネ。
 以前、週刊新潮に「森 鴎外」の娘の森茉莉さんが、‘ドッキリチャンネル’と題する連載エッセイを書いておられました。その名の通り、茉莉さんが徒然にテレビを眺めながら綴られる文章でしたが、かなり辛口のエッセイのその中で、茉莉さんの数少ない大のお気に入りの一人が山田邦子さんで、「邦子、邦子」と親しみを込めて、テレビの中の邦子さんを、しばしば褒めて書いていらしたのを、今でもよく覚えております。
 その邦子さん、この日健之くんを見ては「ハンサム」・「イケメン」感動を連発!綺麗な声の上手な歌を聞いては、「いや~、びっくりしました、感動しました!」と感激しておられました。聞きながら、私もとても嬉しくなりました。

                                        200804071123.jpg
                                      さいたさいた あかしろきいろ♪

PageTop

♪富士はにっぽん一の山

本当は、健之くんの故郷キャンペーンがあれば、以前のようにたくさん‘追っかけて’行きたい静岡県です。最近は、それもなかなかままならないのが悩みですが、昨日5日は、演劇を観る或るサークル主催の、静岡~山梨を巡る日帰りバス旅行というのがありまして、家族の者は、私の体調等も鑑みてあまり参加に賛成ではなかったのですが冷汗1まあなんとかなるだろう!!と、行って参りました。バスが静岡に入りますと、ああ、たけしくんのふるさととわくわく致します。静岡側から見た昨日の富士山。
200804051138.jpg
来月、東京の劇場で上演されるお芝居の、主人公ゆかりの地がここ静岡県駿東郡小山町ということで、先ずはそこからの眺めです。
 日本一の富士山の高さと言うと、誰もが3776メートルと答えるのでしょうが、実はこれは昭和初期の計測によるもので、現在の、より精密な測り方を用いますと、正しくは富士山の標高は3775メートル65センチという事になるのだそうです。しかし公式にも、これからもずっと、長年定着しているこの「3776メートル」という高さは変えずに行くそうで、今さら覚えなおすのもナンですので、そうして頂いた方が良いですよネ顔文字。 幸いお天気も良く、一緒に参加された皆さんのおかげで、終日楽しく過ごすことが出来ました。今度は是非また、故郷で歌うたけしくんを聞きに、ここ静岡をゆっくり旅することが出来たらと、ひたすらそのことに思いを馳せながらバスに揺られて、出発点の新宿へ戻って参りました。
   地ビールのふじやまビールてろてろはぁと01200804051522.jpg
                                    200804051251.jpg
                       富士吉田の道の駅より、山梨県側から見た富士山。

さあ今日は、たけしくんがNHKラジオの「日曜バラエティー」に生出演されます。私は、出先からポケットラジオで一生懸命聴く予定ですハート音符

PageTop

“花の雲 鐘は上野か 浅草か”

年度末で仕事もひとまず目途がついたので、花が終わらない内に急いで見に行こうという事になりました。さあどこへ行きましょうということで、たけしくんの『気まぐれ日記』にもありました「原宿」が最寄駅の、代々木公園もお花見には大変素晴らしい所です。しばらく行っていないし是非とも行きたかったのですが、結局、いつもの上野駅公園口に降り立つこととなりました。
                        200804021403.jpg

平日だというのに大変な人出で、屋外にも拘らず熱気でむせかえるようでした。しかし桜の花はとても綺麗で、開花してから強風や雨に見舞われた割には、優雅に咲き誇るさまはさすがでした。今年も無事に、家族とお花見をすることが出来ました。ありがとうございますニコハートG

帰りには浅草寺の雷門から、学生時代に友人から教えて貰って以来ことあるごとに立ち寄る(その友人は、ご自身のお父様から教わったそうです)、台東区浅草一丁目一番地にある老舗のバーで爛漫の春に乾杯。明日からもまた頑張りたいな、と思えた良い一日でした。
           200804021539.jpg
  

PageTop

♪春は名のみの風の寒さ....

先日のラジオ番組で、健之くんは、お医者さんに良いお薬を出して頂いているので、花粉症にも負けずに元気に過ごしていると言っておられました。美声が少しも損なわれる事なく、相変わらず生の素敵な歌声がお客様の所へ届けられているようで、嬉しいですネキラキラ(ピンク)
ウチの家族も以前この季節には、医者でアゼプチンやらザジテンやらという薬を処方して貰っていたことがありましたが、今はたけしくんがおっしゃっていたお薬が最先端のようです。私も昨年あたりからかなりの花粉症になってしまっているので、ひとつお医者さんでそういう薬をリクエストしてみようかと・・思ったりしております。
さて年度末を慌ただしく過ごしているうちに、とうとう4月となり、と共に“嘘”ではない値上げの波が早速押し寄せて来てタイヘンです。ざっと見ましても、まずアップロードファイルビール!そして小麦とそれに伴うパンやお菓子、牛乳・ガス・電気・それに国内線の飛行機普通運賃からお醤油まで、軒並み値が上がりまして、6月からはティッシュペーパーや焼酎も上がるそうです。そして、値上げ値下げというよりも、一番嘘のようなほんとの話は、第一次オイルショックの翌年、昭和49年から30年以上にわたって、国会審議で延長が繰り返されて来たガソリンの暫定税率が、今回は何も無いまま期限切れになってしまったという事態で、なんなのだにゃー と暗澹と致します。200803181711.jpg

ところで今日のエイプリル・フール、さだまさしさんに同名の曲があるのですね。「君は人をかつぐのがうまくて、僕はいつも上手にだまされた・・」というような歌でしたが、私は、だいぶ以前に奥村チヨさんの歌った、筒美京平さんの作曲になる「嘘でもいいから」という可愛い曲が好きでした笑顔

PageTop