FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

“天神様”の町に響いた『冬のひまわり』♪

亀戸・天盛堂で聞いて来ました、健之くんの新曲『冬のひまわり』キャンペーンは、又々の大盛況でした。にぱ~ 亀戸駅から北へまっすぐに伸びた、有名な通称‘十三間(げん)通り(明治通り)’沿いにある、この老舗のCDショップの店内は、昨日より寒さの増した平日というのにも拘らず、大勢のお客様方の大変な熱気に包まれました。男性客の方の姿もかなり目立つ中、『冬のひまわり』『帰郷』『金沢望郷歌』『もし翼があったなら』『あの町へ帰りたい』の、ちょっと乙(オツ)な選曲のもと、今日もまた、ある時は明るく弾むように・またある時は甘く切なく、低音から高音まで自由自在の美声を確かなリズム感に乗せて、たけしくんは歌謡ファン達を大いに楽しませてくれました。
私も沢山のお客さん方と共に、健之くんのそんな素敵な歌に耳を傾け、又、歌のあとサインをされる優しい手元や横顔を見つめて、とても幸せな気持ちになりました。そして、今夜半からは、より寒さがつのるという天気予報に、今日でひとまず都内キャンペーンの日程を終えられ、週末からはいよいよ勇躍・九州へと飛ぶ健之くんの、ますますのご健康を心より願いましたプラムクローバーキラキラ

明日は又、お昼のNHKラジオで、たけしくんの元気な生の声が聞けると思うと嬉しいですね~!!

200801311509.jpg
<今日の亀戸天神社と心字池。寒風の中にも明るい日差しが降りそそぎ、気持の良い日でした> 
  
                  
                          200801311736.jpg
<天神様の池に棲む亀を型どった、名物・亀の子せんべいです。亀さんはとても縁起が良いので、『冬のひまわり』の大ヒットを祈って買い求めてみました>ニコニコ

PageTop

熱唱☆名唱 『冬のひまわり』♪

久しぶりの赤羽の町で、久しぶりの健之くんの生の歌声を聞いて参りました手書き風シリーズ顔1♪。 今日から始まった、新曲『冬のひまわり』の都内キャンペーンの2店目・ミュージックショップの「美声堂」です。本当に沢山のお客様が店頭に詰めかけて、掛け声はいっぱいかかるし、皆さんニコニコと幸せそうに、また真剣な眼差しで健之くんの歌を聞いているし、たけしくんも、トークも滑らか・歌声は尚々なめらか&冴えわたって、とても素晴らしい時が過ぎて行きました。『冬のひまわり』・『帰郷』『金沢望郷歌』・『涙そうそう』という、たけしくんの絶品の歌のフルコースに酔ったお客様方の「波」は、その後のサイン会、撮影会といつまでも引かずにお開きにならない感じで、私も、綺麗な字でサインをして戴いたあとその様子を嬉しく眺めながら、心の中で、健之さんまた聞きに行きますねとつぶやいて、日足の延びた赤羽の街を後にしました。



200801281550.jpg

PageTop

“風に吹かれて春を待つ・・・”♪

新曲情報

→オレンジ

1月23日発売・松原健之さん 待望のサードシングル『冬のひまわり』
 
 ぜひ、CDを聴いてみてくださいネ!!

PageTop

『冬のひまわり』全国発売前夜♪

わくわくびっくり 今日は、予約しておいた健之くんの新曲『冬のひまわり』のCDを、ショップで受け取って参りました。たけしくんの大きなポスターが、とても目立つ所に貼られており、それは眩しかったですヨ 既にラジオで少し聴いていた『冬のひまわり』も、また、今日初めて聴くカップリングの『帰郷』も、もう、良い歌ですね~。その『帰郷』の方も又、健之くんの歌声がとても新鮮に耳に響きました。新鮮、というのは、これまでにも聞いていたような、はたまた初めて聴くようでもある強く美しい発声のところが、とても感動的なのです。伴奏に、カーペンターズの「トップ オブ ザ ワールド」などをちょっと思わせるような、どこかエキゾチックな味わいもあるいい歌だなー、と思いました。

どうも世の中が、世界同時株安の様相を呈し落ち着きません。‘震源’であるアメリカは、21日はマーチン・ルーサー・キングス・デイで休日のため、この日肝心のニューヨーク市場はお休みでした。今日からまたどのような展開があるのか…今年は、なかなかの年になりそうですが、こんな時だからこそ、健之くんの歌のような、触れてみて何か心の糧になるようなものを、人は必ず求めているのだと思います。たけしくんがこれから、素晴らしい歌声を全国へ広めに出る歌の行脚を、どうか無事に乗り切られますよう心からお祈りします。もちろんヒットを目指して、精一杯の声援も送りたいと思います。らぶアイコン名を入力してください

 そしてテレビで良いニュースも見つけました。「万能細胞」作成という、画期的な研究を世界で一番初めに実行・発表した、京大の山中教授の再生医科学研究グループと、阪大の沢教授の心臓外科の医療チームとが共同で、心筋細胞の再生という新たな治療法を開発するため、このたび京大内に研究センターを設置することになったのだそうです。重い心臓病の患者さんを、これまでの心臓移植に代わる方法で救うことが出来るよう、早急に研究を進めて行くそうで、自分はこの病ではないのだけれど、こうした医学の発達の、まさに日進月歩の様子を聞くのは、とても嬉しいことですよつば

PageTop

シベリア寒気団?!

寒い日が続いています。私はというと、寒いのは何故か大好きなのですが、螯rヲW、J、O花 pkk 寒いのが好きなのと、寒くても風邪を引かないというのとは、全く別物と思いますので、注意はしております。
以前医者から聞いたことがあるのですが、風邪の‘感冒’という語は、もともと‘寒冒’と書いたそうで、人は「あ!寒い」と思った時に風邪を引き込むことが、一番多いのだそうです。皆様も今、外出の時には、出来るだけ完全武装でお出かけになるのが良いかと思われます。 それにしても、今年はどうしてこんなに寒いのか・・、たまたま小耳にはさんで来たところによりますと、太平洋東側ペルー沖辺りの赤道上の海水温が下がり、逆に西側の海水温が上がるという、異常気象の一つ・ラニーニャ現象が、今回のように冬に起こりますと、シベリア寒気団がバイカル湖上空で大気の作用で回転し、日本方面へ凄い寒気を送り込んで来るからなのだそうです。 気象の細かいメカニズムまでは、到底知る由もないのですけれど、シベリア、などと聞きますと、どうりでこんなに寒いわけだ!と思いますネ。
 昨日の東京は、昼間でも気温5℃で、株価まで気温と共に?一時400円程下げる場面もありました。今日も日中、温度は7~8℃止りの予報です。今日からセンター試験が始まるそうですが、20日は関東南部でも夜からは雪になりそうとの事で、皆様くれぐれも、お大切にされて下さい。
健之くんも、新曲・『冬のひまわり』のキャンペーンのハードスケジュールを、是非是非あったかな装いで、全国のお客様方と共に元気な時をお過ごしくださいと、心から思います笑うBrilliant.Brilliant

PageTop

“えびせん”

                     200801162018.jpg
    

ちょっと一服、そういえば頂き物のお菓子がありました、、と見てみると、これは!健之くんの歌に登場する『冬のひまわり』? と、思ったら福寿草の絵でした~スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、 他にも、桜とかしょうぶ・朝顔…と、四季の花がこの‘えびせん’の表面に描かれていて、とても可愛いお菓子です。製造元を見ると、名古屋になっておりました。愛知県も海老がよく獲れる所だと思いますが、たけしくんの故郷の静岡は桜えびの特産地で、これはそのまま食べるもよし、かき揚げにするもよし、干したものは、中華料理やお好み焼きに入れたり、又このようなお菓子に加工しても絶品で、東海地方には‘えびせん’の名店が多いですね。

PageTop

偏西風

東北・盛岡の郊外ではつい先日、気温マイナス22℃を下回る日もあったそうで、このところ、日本中が寒波に覆われています。何年ぶりかの冬らしい冬に、との予報も出ておりまして、これからの健之くんの、隙間のないキャンペーンスケジュールを見るにつけても、どうか風邪など召さず、全国元気に・楽しんで歌って来てくださいと、そのことばかりをひたすら願う毎日です。白猫

どうやらこの気候は、地球を吹きわたる偏西風の流れに異変のある影響や、ラニーニャ現象などとの関わりもあるそうで、ことに偏西風の作用は先週末、なんとバグダッドに100年ぶりの雪を降らせたそうですね。一方でアメリカ・ニューハンプシャー州のあたりは、いつもはこの季節は大雪に見舞われることが多いのに、今年はかなり暖かく、8日の次期大統領選予備選挙では、お年寄り達がたくさん選挙へ出掛ける事が出来た為に、その数日前、アイオワの党員集会の結果、3位と敗れて涙をみせた、ヒラリー・クリントン候補に俄然票が集まった?!という噂もあるそうです。
真偽のほどはどうなのでしょう~?コーヒー
 偏西風・季節風、そして自力の風・「他力」の風と、風にもいろいろあります事でしょうが、たけしくんの思いを乗せて、どうかこのたび、風たちがみな、健之くんに良い方向に吹きますように!!

PageTop

「下町の太陽」と 「冬の旅」♪

先週、東京・吉祥寺の劇場で、初芝居を観て参りました。今年もなんとかかんとか、松の内に芝居を一つ観られた事に感謝です。此の度このお芝居で「音楽」を担当されていたのは、健之さんも以前に、『恋歌サミットコンサートIN KANAZAWA』のステージで、五木寛之さん、倍賞千恵子さんと共にご一緒されたことのある、作曲家の小六禮次郎さんです。五木さんの作詞に小六さんが曲をつけられ、小六さんの奥様の倍賞さんが歌った、NHKラジオ深夜便の歌「冬の旅」に、やはりどこか雰囲気の似た、流麗で哀感溢れるメロディーの数々が、芝居全体を、控え目ながらも優しく包んでおりました。見終わったあと「音楽がまた良かったねえ」と言う知人もいまして、げに音楽の果たす役割というものは、それが単独であっても、又こうして他の芸術と融合した場合であっても、いずれにしろ大きいものだなあとあらためて感じました。
 この芝居は先日無事に千穐楽を迎え、何度も観に行った友人もおりまして、私も「再び」を希望しておりましたが、結局今回は、一度きりの観劇となりました。


200801151807.jpg
<今夜、近くのショッピングモールで。なんとなく‘万年クリスマス’??ぴかちゅ

PageTop

たおやか。『冬のひまわり』の世界

どなたかに聞いたのです。‘CD’より上手く歌う歌い手さんの歌唱力の事を‘スーパー歌唱力’と言うのだそうですよ♪ 今日は夕方5時半過ぎから、ラジオ日本の番組「夏木ゆたかのホッと歌謡曲」にて、初めて健之くんの、23日発売の新曲・『冬のひまわり』を聴くことが出来ました。スタジオで生で歌われたので、久し振りに生き生きとした肉声の、そのスーパー歌唱力で 『金沢望郷歌』 『涙そうそう』、そして『冬のひまわり』を楽しめたのは、超・嬉しいことでしたスホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、 たけしくんの11日の「気まぐれ日記」からも、新曲にかける強い意気込みがひしひしと伝わって来ましたので、今日の番組には特に真剣に耳を傾けておりました。美しくもはかない女性の、切ない心情…と
言ったものが「私は冬の 冬のひまわり・・」のところに良く表わされて、まさに歌詞の行間までをも謳い上げられた感じで、とっても素敵でした!!flower

PageTop

“えべっさん”

松原健之さんの10日の「気まぐれ日記」を拝見して、そうか!大阪でのお仕事は、今宮戎の例祭に関連したイベントでしたか~ と、分りました新幹線  戎さんは「10日えびす」とか、「商売繁盛で笹持ってこい♪」などでつとに有名ですが、関東住まいゆえ詳しくは存じていなかったところ、夕方のテレビニュースでちょうど、「ほ~え(宝恵)かご~」と掛け声をかけながら計22台の籠を、大勢の人が担いで行く様子が映し出されておりました。籠の行く先が戎神社ですネ。 なんでもその担ぎ手の方は、全部で400人ほどもいるそうで、きれいな芸妓さんや、歌舞伎の坂東三津五郎さんが籠の中に乗り、とても華やかです。9~11日の3日間で約100万人の人出があるそうで、健之くんの今朝のブログのおかげで、今日は関西のこの大きな祭事の様子を知ることが出来ました。兵庫の西宮神社で、毎年「一番福」を争って、境内を 競争で走る「福男」選びの様子も併せて見ましたが、今宮戎さんの方には、美しい「福娘」さんが沢山いるのですよね。健之くんも、福娘から福をたくさん頂いたでしょうか笑い。絵文字名を入力してくださいたい

と、ここまで書いて、yahoo!のブログ検索をしていましたら、健之さんが、なんと「宝恵籠」に乗った写真の付いたブログがありました。
大感激ですね~音符本当に、健之くん、又良い年になりそうです~><

PageTop

ミッドナイトの楽しみは?

ラジオ深夜便の「特集」コーナーで、6日から6夜連続で、松原健之くんの恩師・五木寛之さんの「わが人生の歌語り」がアンコール放送されております。昨年の4/29~9/30に放送された回のアンコールなのですが、「わが人生~」の本放送は、月1度の最終日曜日だけなので、それでは少ない!というファンの声が、とても多いそうですはーと
 五木さんが『蒼ざめた馬を見よ』で、第56回直木賞を受賞される昭和41年の、数年前の事を語られた日のものを、この「アンコール」で聴けたのですが、当時CMソング作りや、そのほか音楽関係の様々な仕事をされていた頃の、いわば「同業者」についてのお話の中に、星野哲郎・吉岡治・叶弦大・中山大三郎氏・・という、今や歌謡史に名を残す方々の名前もぽんぽん飛び出して来て圧巻でした。或いは又、五木さんが安川加寿子さんの音楽本に関する仕事もされていたというお話もあり、びっくり致しました。安川さん翻訳・編さんの「メトードローズ」というピアノ教則本を一生懸命練習していた、自分の子供の頃のことを思い出して、しばし懐かしい思いにくれました。そのピンクの表紙の本は、小さな子供にはなかなか難しく、メトードローズという名を思い浮かべただけで、今でもチョット背筋が伸びます鳥 
                                     200801102238.jpg

PageTop

「海が塩からいのは・・・」

「海が塩からいのは、ポルトガルの涙のせい・・」。これは、先月16日の日曜日、テレビで『五木寛之と過ごすハイビジョンの一日』という番組を拝見しておりまして、中で一番印象に残っている言葉です。かつて大航海時代、ポルトガルでは難破する船がとても多く、その大きな哀しみを表してこのように言われたのだそうです。ご覧になった方も多くおられるかと思いますが、この番組は、五木さんが選んだ過去のNHK番組の秀作を、一挙12時間に亘って大放送したものでして、もちろんあの「21世紀・仏教への旅」も組み込まれておりました。私は、途中用事をしたり、ちょっと外へ出たりしながらも、一日楽しく見ておりました。「海が・・・」の言葉は、“一本の道・リスボン~市電28番通り”という番組が紹介された中に有ったものだと思います。アマリア・ロドリゲスの歌うファドや、また一般の人が夜、サロンのような所に集まって歌う素朴なファドも聞くことが出来ました。ポルトガル語で、一言では言い尽くせない人間の様々な「情愛」をあらわす、“サウダーデ”という言葉にも、この日改めて多くの思いを馳せた事でした。
 リスボンの町を案内しながら、サロンのゲストとしても、美しい歌声を披露されていたのは、ファド歌手の月田秀子さんで、とっても素敵な方です。


 健之くんの4日の「気まぐれ日記」を拝見して、すぐにすっ飛んで週刊現代を買って参りました。今週は新春特別号なので、どこかに「予感」はあったのです。五木寛之さんが、2004年の‘週刊文春’に、健之くんの事を書いて下さったのも、たしか新春特大号でした。だからと申しますか、なんとなく期待と予感はあったのですが、この年頭に、あのように愛情を込めて書いてくださって、
たけしくん、本当に良かったです。・花・キラキラ
 『ファド風の編曲がとても新鮮』と、五木さんもおっしゃられている、松原健之さんの新曲『冬のひまわり』が、全国へ向かって飛び立つ23日が、益々待ち遠しいですネ音符



200712252004.jpg
<かれこれ10年近く、お気に入りで買い続けているカレンダーが、
今回はなかなか手に入らず、以前は置いてあったけど、最近は無いから・・と、
半ば諦め気味で訪ねた、ランドマークタワー内の書店でついに見つけました!
嬉しかったです~ミッキー

PageTop

「駅伝と 共に去りぬの 三が日」 

お正月2日・3日の楽しみは、なんと言っても「箱根駅伝」を見ることでして、家から10数分の所に駅伝のコースが有り、毎年2日の早朝から、上空では取材の戦闘機(F-22ラプター)ヘリコプターの音がバタバタと鳴り響いて、臨場感は満点です。寒い時期ですので沿道まで行って応援したことはまだありませんが、気持ちの中では、旗を振って選手たちを声援しております。古来、天下の険と畏れられた難所中の難所・箱根山を人間の足で駆け上がり、東京からたった5時間と少しのリレーで箱根町まで到着してしまうとは、江戸の早飛脚達もさぞ脱帽していることでしょう絵文字名を入力してくださいおとうとさんの帽子


往路途中の湘南海岸あたりからは、日本のシンボル、また健之くんの故郷・静岡県の象徴の1つでもある、美しい富士山を目指す形で、選手たちは肩の襷(たすき)をはためかせて、韋駄天走りに駆け抜けて行きます。私にとっても箱根は、小学校の林間学校でもさまざまな思い出を残してくれましたし、また家族旅行でも、近くて便利の割りにはのんびり出来ますので、よく出かけました。たけしくんも、日帰り温泉に浸かりにお出かけになったと、何かの記事に出ておりましたネ。親しみ深い箱根路の道すがらの景勝地を、箱根駅伝はつぶさにテレビ画面に映し出してくれるので、これも嬉しいのです。富士山01


今年は往路5区のいわゆる“山登り”で、早大が大逆転をしたり、復路9区で駒大がその早大を再び抜き返してそのまま優勝、また昨年優勝の順大をはじめ途中棄権校も多く出てしまったりと、かなり波乱に富んだ大会だったのではと思われます。又、不出場校からの選抜選手で構成される‘学連選抜’チームが4位に入り、なんとシード校となってしまいました。これで今年の予選会で勝ち上がる学校枠が1つ増えて、10校となる利点もあるそうですが、もしもこの先、学連選抜チームが優勝するような事があったとしたら!『母校の名を記した襷』を皆で繋ぐという、この伝統のレースの意味は何処に?今回この選抜チームに、わが母校も参加して何十年ぶりかで‘箱根’を走ったそうで、嬉しい反面 それとは別に果たしてこれで良いのかという思いもよぎります。88年前の大正9年に端を発し、今年で84回目を迎えた「東京箱根間往復大学駅伝競走」の輝かしい存続の歴史の中で、この大会もそろそろ、ある過渡期にさしかかっている・・のかも知れませんね。

 3日夜にはBSで「風と共に去りぬ」を見ていました。こうしてテレビで放映されれば、結局また見てしまう・・美しくて正直でバイタリティーに溢れた「スカーレット・オハラ」は、男性にも女性にも好かれるキャラクターで、アメリカ史上唯一最大の内紛・南北戦争を背景に描かれたこの映画はやはり不朽の名作、ということなのでしょう。私は主題曲の「タラのテーマ」を聴くといつも元気が出ますニコニコ


  ※本日4日の、テレビ東京「新春スペシャル歌謡祭」(10月・日本歌手協会主催「第34回歌謡祭」の模様を放送)を当ブログでご案内する中で、放送時間の表記が違っておりまして、大変ご迷惑をお掛け致しました。謹んでお詫び申し上げます。 私も見逃してしまいました絵文字名を入力してください 残念!!

PageTop

謹賀新年

あけましておめでとう赤




2008年も、皆様とご一緒に、楽しく松原健之さんを応援して行きたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

                                                   2008.1.1

PageTop