FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

旅ゆけば 駿河の国に 茶の香り♪

駿河の国・・というより、たけしくんの生まれた所は遠江(とうとうみ)の国なのですね。なっちやん  夏の始め頃、経済ニュースで、にわかに「袋井市」に焦点が当てられたことがありました。こちらを本拠地とする、天龍製鋸という工業用刃物の世界的ブランドのメーカーが、外資の投資会社、スティール・パートナーズからTOB(株式公開買付)を行う旨の発表を受けたという事でしたが、天龍製鋸社はこれに反対すると同時に、多くの株主の賛同を得て素早く買収防衛策を講じることで無事!事なきを得たとの事でした。この直前にも、サッポロホールディングスやブルドックソース社でも、ちょうど同じようなことがありましたので、ご記憶の方も多いかと思います。一方で、西友とウオルマートであるとか、キリンホールディングスと協和発酵などは、友好的に合併や買収を行って来ており、これからの企業間には、ますますこうしたM&Aが進みそう。 本当にこの先こういう面でもどういった世の中になってゆくのか、ちょっと怖いような気も致しますね。

24日の健之くんの『気まぐれ日記』のタイトルを見て、8分音符03(暗い背景用)はあー 天竜下ればよ~ ほいのさっさ しぶきに濡れて・・・と、「市丸」姐さんの歌も思い出す私は、いったいどんだけ~Tear Perspirationの齢なのかと思いますが・・静岡が昔から大好きなところである事は前にも書きました。駿豆線を修善寺までゆっくり旅したことや、三島の桜家で、あまりにも大きなウナギの蒲焼をびっくりしながら食べた記憶なども、ふとよみがえって来ました。浜名湖花博の始まる少し前、のどかで可愛い「天竜浜名湖鉄道」に乗って、遠州森町を訪ねたのも良い思い出です。日記を拝見して、この連休中の仕事で健之くんが、故郷の袋井から、天竜川を越え北陸・金沢へ、沢山のお客様に囲まれつつ充実した時間を過ごされたであろうことを、何より嬉しく思っております。 

              200711201430.jpg

PageTop

ネットサーフィン

健之くんが、過日の『気まぐれ日記』にて、ミニアルバム「桜橋から」の中の1曲「星の旅びと」のコーラス部分で参加している、高校の後輩のθ(シータ)さんのCDデビューの話をしておられました。私は先日偶然、彼女の曲の一部を聴く機会があり、これまでシータさんの声は高いと思っておりましたが、この曲を聴くと、きれいなアルトなのかな?と、思ったりしております。彼女のホームページも時々拝見しています。
 ホームページと言えば、最近興味を持っているピアニストの方がおりまして、その方のサイトも時折チェックしています絵文字名を入力してください 様々なシーンでの演奏活動の様子が綴られ、その部分はさながら、膨大な「仕事日記」になっておられます。演奏会にも行ってみたいと思っているのですが、埼玉とか大阪の方で少し遠かったりと、まだ望みがかなっていません。 そんないろいろなネット情報・また、東海地方の大きなCDショップのすみやさんのサイト情報によりますと、健之さんの新曲のカップリングの曲名が載って参りました。→こちらなのですが、どんな曲でしょう。
1曲目:金沢の歌でした。本当に素敵なデビュー曲で、健之くんが、頑張って頑張って頑張って、
もう3年間歌っています。そしてあの難しい曲をあんなに上手に歌える人は、ほかにいません!!笑い。2曲目:なんとなく金沢の雰囲気のする歌でした。そしていよいよ曲目のカップリング曲の中の我らが健之くんは、世界の中の何処を旅して何処へ帰って行くのだろう・・・と、ファンは、期待して楽しみに拝見しております~薔薇

PageTop

静岡発・ラジオ深夜便

原油の価格が昨夜、一時ついに1バレル99ドルを超え、今日のニュースでは、最前からのこうした影響による食材値段上昇のひずみから、横浜の或る小学校の給食が、年明けの2日間中止になると伝えていました。ビックリ致します。20日の、松原健之さんの『気まぐれ日記』にも、「日本は平和な国・・・しかし」というくだりもありまして、若い方達全般に、何とはなしに不安を与えるような世の中というのは、困った事だと思います。
 それにしても健之くんの日記は、いつもとても闊達で、おもむきがありますね!ずい分沢山の方が私と同じように、健之くんの素晴らしい歌声と共に、こちらも又大変楽しみに読んでおられるのだろうな、と思います。                                 
                            ちゅーりっぷピンクのチューリップ黄色のチューリップ200711201508.jpg
  <このところの寒さに、石油の値上がりを知ってか知らずか、猫も暖房器に貼りついて。。>

ところで、23日(金・祝)~24日(土)のNHKラジオ深夜便は、静岡からの放送だそうです。
「静岡にちなんだ曲のリクエストなどお寄せ下さい」というアナウンスもありましたので、 静岡県出身・新進気鋭の松原健之さんの歌う、 故郷を思う歌『あの町へ帰りたい』のリクエストはぴったりかも知れませんネ。22日(木)必着という事ですので、今からですと、ファクスかメールでは如何でしょう。

   NHK静岡放送局 Tel 054-274-1000
               Fax 054-255-5848 , メール

PageTop

霜月・酉の市とニワトリと

200711131321.jpg
この18日まで、「文豪・夏目漱石─そのこころとまなざし─」展が開催されていた、墨田区の江戸東京博物館のロビーで見た大熊手を写真に撮ってみました。たけしくんの新曲が、また、たくさんのお客様を“かき集め”ますように!!との願いを込めましてクラッカー  でも本当に大きな熊手です。


閉幕の期限も目前に迫ったぎりぎりの所で、やっとなんとか行った「漱石展」。予想以上の大混雑で、私と同じように、長く漱石に私淑しているらしいおじ様・おば様から、漱石の没後70年以上は経ってから生まれたであろう若者まで、皆さん押し合い・へし合いしながらも、非常に熱心に展示物に見入っておられまして、正直言って、あまりゆっくりとは見られなかった物も、ずい分多かったです汗 それでも、漱石自筆の原稿や書や手紙やメモ、また写真や愛用の品などが、今ここに沢山ある・・と思うだけで、タイムスリップして、かたわらに漱石が居るかのような、何か不思議な嬉しさがありました。一番感動したのは、『虞美人草』の冒頭部分を記した生の原稿を初めて見ることが出来た事と、鎌倉・材木座で夏休みを過ごす、三女「栄子」に宛てた、漱石の書いた或る年の絵葉書を見られたことです。その絵葉書はニワトリの図柄で、添えられていたのは、 「えい子さん 御きげんはいかがですか 私はかわりもあ(り)ません このとりがたまごをうみますから にて御上がんなさい 八月十日 父より」 という、ごく短い一文でした。 たぶん、つい抜けてしまったのでしょうか?(り)は、私が勝手に入れました。神経性の胃弱に苦しみつつ、39歳から僅か10年間の、猛烈な著作活動を駆け抜けた、文豪・夏目漱石も、こうして愛娘に手紙を書いたりするひと時には、ホッとリラックスしていたのかな、と想像します。そして、栄子さんがいくら小さな子供でも、絵に描いたニワトリが卵を生んで、ましてそれを、ゆでて食べられるとは本気で思わないだろうと承知の上で、敢えてこのように楽しげに書くことで、「ちゃんと御飯も食べて、元気に過ごすんだよ」とでも言いたげな、漱石の優しい父としての姿を見るようで、胸が熱くなりました。 
健之くんのお父様も、きっと、静岡でいつもいつも可愛いたけしくんの事を思っていらっしゃることでしょう。父親の愛とは、大きいものですね。

PageTop

新曲情報

新曲情報


来たる1月23日(水)、松原健之くんの3rdシングル
『冬のひまわり』が発売されるとの情報が載って参りました。楽しみですね!
グッドウエーブより


→オレンジ
11月26日、いよいよ健之くんご自身のブログにて、
「『冬のひまわり』をリリース予定」と発表がありましたネグー!

また、いっぱい声援を送って行きましょう~!!
                                               
                                                 2007.11.17~

PageTop

「車窓」の風景

テレビ朝日の「世界の車窓から」という帯番組が好きで、よく見ています。もう20年以上も続いていて、番組のDVD付きの書籍なども出ているそうです。
最近はずっと、列車はチェコ&スロバキアを旅しています。先日、チェコの世界遺産 チェスキー・クルムロフの街のバラ祭りの様子も紹介されておりまして、映像で見るだけでも大変キレイでした。昨夜はコンツェという、スロバキアの最も東の駅を通過して、今日から折り返し、車窓の風景はスロバキアを西へ西へと移ります。この番組は、テーマ曲は溝口 肇さんの長年よく知られている曲ですし、また全編に、毎日違った様々な曲が流れるのも楽しいです山と空

先週から今週にかけて、ジャニス・イアンの「Will You Dance?」ですとか、6日はなんとマレーネ・ディートリッヒが母国語で歌う「Puff」でした。パフ ザ・マジック ドラ~ゴン♪で知られる、あのパフです。珍しかったです。今月第1週の3日には、外国人ではない、どこか聞き覚えのある癒し系の歌声が聞こえて来たので画面を見ると、テロップに「鈴木重子」さんのお名前が出ていました。鈴木さんの歌は、生では一度だけ、松原健之さんのデビューからちょうど1ヶ月目に東京で行われた、五木寛之さんの論楽会に、健之くんとお二人で歌のゲストに出られた時に聞きました。たけしくんのこのたびの新曲は、果してどんな歌でしょう。あの時、鈴木重子さんが歌われた「大河の一滴」のような雄大な曲でしょうか、それとも軽快な、それとも切ない、はたまた妖しい情念の炎ゆらめく演歌??虹 とっても 楽しみです。

チェコ共和国と、スロバキア共和国は、もちろん以前はチェコスロバキアという一つの国でしたが、1993年に現在の国の形になりました。言語は、歴史的背景と、現在は観光も大きな産業である事から、ドイツ語も英語もよく使われているそうです。Tschechoslowakei(チェコスロバカイ)─ ドイツ語ではこんな変わった読み方になります。 私はその昔、ドイツ文学を学びました。

PageTop

嬉しい「新曲」の便り

松原健之さんの『気まぐれ日記』に、新曲発表の予定が載りました。来る1月頃だそうです。
とっても嬉しいし楽しみですハート ファンの思いもきっと、人それぞれいろいろ有るのではないでしょうか。今度はこんな歌を歌って欲しいとか、今度こそこんな曲調で、とか、次なる歌は是非私の近くのご当地ソングで・・とか、ね。そんな事を考えているとまた楽しいです。
 健之くんが歌う沢山の曲を聞きたいですね。新曲・カバー曲、どんな曲でも、健之くんが歌えばその歌は必ず、今まで誰も見たことのない、新しい生命を吹き込まれて美しく輝くのですから。
そして聞く人の胸に迫って、思わず涙ぐんでしまうような、たけしくんの才能は、そんな素晴らしい宝物なのですからと、いつも私は心に思って暮らしています♪

PageTop

漁火恋唄♪

昔は、聖子ちゃんや小柳ルミ子さんを、よくテレビで見ていました。ピンクレディーも。健之くんのような美男も好きですが 美女も大好きです。ルミ子さんの歌う「漁火恋唄」は、“添えてあげたや・・この手の温みよ…”の、高音で民謡風の節回しを、敢えて、それが特徴である強いきれいなファルセットで表現するところがとても良かった一曲だと思います。

この歌の題名と、よく似た名前の居酒屋チェーンが、主に東京南部方面にありまして、前から気にはなっていたのですが、この日曜日、古い観劇仲間と会った折に初めて入ってみました。
久しぶりに一緒に飲むということで、こもごも積もる話をするうちに、最初に店内に入った時から、音楽は「恋におちて」などの歌謡曲が流れているのに気づいていた私たちは 有線リクエストを申し込んでみることにしました。リクエスト曲はもちろん 松原健之さんのデビュー曲『金沢望郷歌』。店員さんが快く聞き届けてくれまして、数曲後に曲が流れて参りました。それまで、機関銃のように喋りまくっていた我々でしたが、イントロと共に息を詰めるように たけしくんの歌声に耳を傾け、最後の一音が鳴り終わるまでじ~っと聞き入っておりました。曲がすっかり終わったところで、おもむろに口を開いた友人が、感に堪えたように発した言葉が「やっぱり上手いね」。 

本当に、ファンも随分長く慣れ親しんで来たはずの健之くんのこの歌を、この日はお店の有線で、しみじみ杯を傾けつつ聞いておりますと・・あらためて、この人はなんて上手い歌い手なんだろうと、胸が熱くなりました。

開放的なオープンキッチンになっているその店の、店員さんたちも皆、親切で二枚目揃いな所も気に入りました。 『金沢望郷歌』が流れた後も、2~3人で「流れましたね?」とにこやかに確認しに来てくれたりと、心遣いが嬉しかったので、ついついお酒やおつまみの追加をして、友人も私も、お腹も十分満足致しました。 
これから益々、全国のより沢山の皆様に、テレビで・ラジオで・CDで有線で、、健之くんの素敵な歌声をいっぱい聞いて戴けると嬉しいですね絵文字名を入力してください

※今日は立冬。朝の気温は前日より3度程低かったそうです。健之くんも皆様も、どうぞお風邪など召されませんように。


                200710231503.jpg
<これは、先日遊びに行った‘都の西北’、知人のやっている洋書絵本のショップの最寄駅です。秋晴れの麗らかな日でした~>

PageTop

「BS日本のうた」

松原健之の出演情報

松原健之さんが 、11月11日(日)放送(収録は10月25日)のNHK「BS日本のうた」
出演されます。
皆様奮ってご観覧、またテレビ桟敷にて放送をお楽しみ下さいね。



前回・同番組初出演の収録日には、まだデビュー6日前だった、という武勇伝?!もある松原健之さん。匂い立つような初々しさの中に、あまりにも豊かで確かな歌唱力が衝撃的でした。
登場の姿、歌う姿、歌い終わった後の清々しさ。キリリと若々しい健之さんの姿にこそ「歌手」の華やかさを見た思いが致しました。今回、デビュー2年が経ち、益々美しく成長された健之さんの舞台が本当に楽しみですネ


11/10(土) デジタル衛星ハイビジョン    13:00~14:28    
11/11(日) 衛星第2             19:30~20:58 
11/16(金) 衛星第2(再)          21:00~22:28 



 早速、BS-hiにて見せて頂きました~。NHK金沢放送局「BS日本のうた」での健之くん。
デビューヒット曲『金沢望郷歌』を、歌のご当地でと言うことで颯爽とご登場でした。
もう、お上手お上手!! 曲の後半、繰返し部分に入る所の表情も華やかに、デビューの頃と少しも変わらぬ端整な歌い方には、この度セールス10万枚突破の自信も加わって、健之くんの『金沢望郷歌』は まさに後世に残る美しい歌謡曲となりました。
美術工芸と観光・温泉の街、金沢を歌うコーナーの、美人歌手お二人の後をこれまたイケメンのたけしくんが締めくくる形で、とても素敵でした。
 BS放送は、あと2回続きます。録画も出来ます。私もまだまだ拝見しま~す。皆様も、どうぞ是非ご覧になってくださいネ高木雄也smail
          

PageTop

銀座ウエストの「ドライケーキ」はお好き?

演歌もフォークも、クラシックも民謡も大好き、と健之くんはかつてラジオ番組の中で楽しそうに言っておられました。私も真似して、又いろいろな音楽を聞くようにしています。先日も、サティのピアノ曲のアルバムを買って来ました。サティと言うと、まず「ジムノペディ」が有名ですが、この曲は銀座に本店のある、「ウエスト」という、老舗洋菓子店のTVコマーシャルに長く使用されていることから、ご存知の方も多い事と思います。私も、子供の頃からこのCMを聞いていて興味を持ちながらも、長らくサティのレコードやCDを手にする機会がなかったのですが、このたびようやく買い求めました。「ジムノペディ」は、なんとも言えない、のどかな曲調ですが、アルバムの中には、これとは正反対の激しい感じの曲も収められていて面白いです。曲の題名も「でぶっちょ木製人形のスケッチとからかい」とか、「梨の形をした3つの小品」とか、なかなか個性的。今さらながらの愛聴板になりそうです。
 音楽はジャンルにこだわらず好きな私ですが、こと、現在の演歌・歌謡曲となりますとこれは、健之くんの歌以外は殆ど聴きません、、と申しても過言ではありません。健之くん出演の歌番組の録画や録音をした時も、たけしくんの出ている箇所以外は、再生して見聞きすることは、まず無いのです。みかん

PageTop