FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

「色づく街」...

霜月・11月が、もう、すぐ目の前です。 先日のラジオ『夢見るまえに・・・』の中で、たけしくんがかけてくれた、岩崎宏美さんの「思秋期」は、この季節にいかにもぴったりの曲でした。♪青春は こわれもの・・ 学生時代、よく口ずさんだ大好きな歌です。 そして、やはり好きだった南 沙織さんの、♪街は色づくのに 逢いたい人は来ない、、などを歌いながら、代官山・中目黒付近でも、久しぶりにそぞろ歩いてみたい今日この頃、秋もいよいよ終盤です。風邪が流行っているようで、年度初の‘学級閉鎖’となった所もあるとか。一方で、東京でも29日のように、気温が25℃を超える「夏日」もまだありました。
 葉っぱが擦れ合っても火が出てしまうという凄い空気の乾燥のために、先週初めに起きて以来、3日も4日も収まらなかったカリフォルニア南部の山火事も、大変な被害でとても気の毒です。まだ再燃の可能性もあるそうです。やはり世界中が異常気象のようで、健之くんも皆様も、何かと定まらぬこの気候の中、どうぞお身体には気をつけてお過ごしくださいますようにと、心から願わずにはいられません。


20071030213825.jpg

PageTop

♪スウィート・キャロライン

ついつい終りまで見てしまった、大リーグ・アメリカンリーグ チャンピオンシップです。 松坂投手が先発登板して、ついに日本人初の「プレーオフ1勝」を飾り、同時にレッドソックスはインディアンズを破り、松井稼頭央選手のいる、ナショナルリーグの覇者・ロッキーズとワールドシリーズでの対決が決まりましたね~。いや楽しみです。日本時間で25日からだそうです。レッドソックスのホーム、フェンウェイパークでの試合でいつも8回に、70年代に流行ったニール・ダイアモンドの「スウィート・キャロライン」が流れるのはどうしてなのでしょう?と、ずっと不思議だったので調べてみましたら、どうも“球団応援歌”的なものである、という程度にしか分かりません。観客が声を揃えて歌う部分もあり、みんなとても楽しそうです。何より、私にはこのメロディーは懐かしいです。プレスリーもカバーしている名曲ですね。選手達のプレーはもとより、観客の応援風景やファッションを見ていたり、マスコットの着ぐるみのパフォーマンスを見たり、“7thイニングストレッチ”の様子を眺めたり、音楽を聴いたりしていると、やはり大リーグっていうのは総合的になかなかに楽しいです。

 さてワールドシリーズの始まるその日、我らが松原健之さんが、加賀市で「BS日本のうた」の収録ですね!2006年の1月に、初めて「NHK歌謡コンサート」に出演された折には、単にファンだというだけで、なんだか私までもう朝からソワソワと何も手につかず、番組が始まる夜8時が近づくにつれ、胃もお腹も痛くなり、立ってもいられない状態になってしまいました。健之くんが綺麗に綺麗に『夕焼け雲』と『金沢望郷歌』を歌われて、番組が終わって、やっと手足に血の気が戻ったといった感じで、疲れたことといったら。 たしか、その数日後ぐらいに、浅草でキャンペーンがあったのですが、そこでにこやかに落ち着いて、どこか自信も増されますます素敵になった健之くんのお顔を見て、ほ~っと嬉しくなった思い出もありました。
 今やデビュー3年目に入り、すっかり頼もしい健之くんです、このたびはこちらもアガらずゆったりと、健之くんが爽やかに歌う、遠い石川県の空に思いを馳せていることと致しましょう。

PageTop

「やっぱり いいでしょう~?」と、たけし君♪

東海ラジオで土曜深夜(日付的には21日・日曜)放送の、松原健之さんの「夢見るまえに・・・」を、我が家でも“傍受”出来ました!と言っても、さすがに東海地方からは離れておりますので、ノイズの隙間から一部を聞き取れるのみに留まるのですが、それでも紛れもなく我らが健之くんの語る美声が、ラジオから聞こえて来た時は嬉しくなりました。表題は、健之くんの紹介で、東野純直さんの曲「君とピアノと」がかかった後の健之くんのトークですが、東野さんは、健之くんがずっと憧れていたミュージシャンとの事で、でも今では同じ業界で歌う方同士となられたわけですから、その上で、これはとてもいい曲ですよ、皆さんもどうぞ生の歌を聴いてみて下さいと、きちんと案内される健之くんは偉い!と思います。 健之くんの歌では『内灘海岸』と『あの町へ帰りたい』の2曲が流れたようです
 さて健之くんの公式ホームページに、「夢見るまえに・・・」の放送の案内が出た当初、実は一度東海ラジオにダイヤルを合せてみたのですが、その時はまったく聞こえず諦めていました。しかし今日あらためて、待てよ、、もっと南向きの場所の窓際で、富士山の方角へラジオを向けて・・などとやってみましたら、少し電波を捉える事が出来たというわけなのです。昨夜は、遠来の友人を囲んだ親睦会に飛入り参加させて貰い、帰宅が深夜になったので、そのまま酔った勢いで? 2:30AMからのこの番組に再チャレンジしてみて良かったです。 聞き取れた部分で他には、町にキンモクセイの香る大好きな秋になったことや、あちこちでご一緒される、同世代の歌手の方の活躍も良い刺激になること、地元・浜松のファンの方からの暖かいお便りのご紹介や、ご自身のこれから東京で開かれるイベントの案内と、季節の変わり目なので、外出には羽織るものを一枚お持ちになって、お大切に良い週末を、そしてまた東海地方へお邪魔したいなというご挨拶、おひらきの「この続きは今夜のあなたの夢の中で・・」のエンディング。ノイズのため大層切れぎれながらも、健之くんの語りの部分が少しでも聞けて幸運でした。さながら、「若者が担当する“NHKラジオ深夜便”」のようでもあり、とっても素敵でしたよ。  東海地方以外の皆様も、もし良ければ今週末、ためしに‘富士山’の方向へラジオのアンテナを向けてみて下さいませ。

PageTop

ふるさとは遠きにありて・・・犀星

つい最近、勤務先の“栄転”で関西から東京へと移り住んだ知人に、松原健之さんのデビュー・シングル『金沢望郷歌/もし翼があったなら』を是非プレゼントしようと思っています。 引越し祝いというか、そろそろ‘ホームシック’にもなり始める頃でしょうと思い、そういう時は、我慢しないでかえって思い切り、ホームシック気分に浸る方が、畢竟元気が出るんじゃないかな、という気持からです。

                     20071018220110.jpg
京浜間に、「LAZONA(ラゾーナ)」という、巨大ショッピングモール&アミューズメントエリアがオープンしてから、約1年が経ちました。都内にはこうした施設も多いと思いますが、少なくとも東京から横浜までの間では、かつて無い規模の大きさです。婦人服で、京浜地区進出は初めてというお店とか、レストランでは、フランスの本店のほかにはここを含めて日本に3店のみのお店とか、洋菓子専門店でも、最近破竹の勢いで顧客数を伸ばしている店舗とか・・そういったお店がひしめいているのだそうです。ブランド品には極端に疎く、食べ物は‘ガソリン’ぐらいにしか考えられない私にとっては あまりその‘価値’がピンと来ない場所かも知れませんが、わりに近いので時々訪ねる事がありまして、それなりに楽しめるしとても便利です。開店1年を過ぎた今も、連日大変な人出のようです。

そのショッピングモールの中にちょうど、HMVというお洒落な、皆様ご存知の「音楽と映像のインターナショナルな専門店」が入っていましたので、先日覗いてみますと、健之くんの『あの町へ帰りたい』のCD、もちろん有りました!『金沢望郷歌』は品切れだったようなので、例のプレゼント用に欲しかった私は、カウンターで注文をして参りました。間もなく品物が入ったと連絡が来る頃と思います。知人は、健之くんの美しい歌声を聴いて涙を流すかもしれません。両親や、故郷ののどかな山河の風景や、長年の友達たちと別れて来ているので、あのまま、“この街に生まれ この街に生き”ていられたらどんなに良かったかと思うかも知れませんね。 人は、今が幸せであればあるほど、そしてそれを決して手放すわけには行かないからこそ、現在の自分を育んでくれた‘ふるさと’への愛惜が、よけい切なくつのるもの・・ではないかと思ったり致します。


PageTop

秋深し

いろいろと取り紛れていて実行出来なかったのですが、6月初旬に故障した仕事部屋兼寝室のビデオデッキを、やっと買い替えました。別の部屋にDVDレコーダーが有って、松原健之さんの出る番組は全部HDDに録画してあるので、いつでも見ようと思えば見られるのですが、やはり一日の大半を過ごす所にビデオ装置が無いのは辛かったです。どうもDVDが苦手で、HDDからダビングするのも殆どがVHSなので、どうしてもその再生用のデッキが要るのですね。洋画のビデオもテレビから録画したもの・購入したもの、山ほどあるのですが、それもずっと見られなかったわけです。しかし今時、録画機買い替え組の人は、勿論バッチリ地上・BS・CSデジタルTVチューナー内蔵&ハイビジョンのHDD/DVD に決まっているようなものでしょうから、私が求めているような、ただの変哲も無いビデオデッキは、電気屋さんの売り場の片隅で‘超特価’でしたので、そんな、価格の面では有り難かったです~。
そういうわけで買い替えまでの期間、健之くんの歌を、CDと ラジオに出演した時の録音とをくり返し聴いておりました。私は、『金沢望郷歌』なら、昨年7月の上野水上音楽堂での“翔け!歌のステージ”の模様が放送された、ラジオ日本「歌謡ワンダーランド」での歌声、そして『あの町へ帰りたい』、『涙そうそう』は、先日・7月20日に公開録音された『演歌e-ジャン!』放送のものが特にお気に入りで、いつも好んで聞かせて頂いております。昨年12月のNHK「きらめき歌謡ライブ」での健之くんの歌も又、素晴らしいです。
さて昨晩寝る前のひととき、撮り溜めてあるビデオを、新・ビデオデッキで再生して、やっと健之くんの歌と姿を沢山見ました。今の季節、先ずは『誰もいない海』(テレビ東京 )から拝見です。
最高!!そして、やっぱりどの健之くんも、とっても素敵です。日本一!

PageTop

惚れたどうしさ・・・ふたり酒♪

先日、お世話になっている筋の方の結婚式に行って参りました。神奈川の教会での式と、披露宴にあたるお祝いの会とは、あまり無い形式かも知れませんが、事前に参列の出欠届を出す必要も無くて、ごくフランクなものです。荘厳な中にも、暖かくてシンプルでフレンドリー。久々にお会い出来た方も多く居て、私も嬉しい一日でした。
私が知人の結婚式に出るのは、もう何年ぶりの事だったでしょう。あれは、学生時代の友人の式で、松原健之さんのデビュー・ヒット曲『金沢望郷歌』と同じく、弦 哲也さん作曲の「ふたり酒」を、披露宴の余興で歌って以来かも知れません。新婦のお兄さんの弾くピアノ伴奏で、“俺の自慢さ ○○ちゃんとふたり酒~”など、友人である新婦の名前をあてはめるアノ形式で2コーラス歌いましたが、、ピアノが上手でした! 彼はワセダを出て一時、フォークグループのギター&ボーカルとしてデビューをして歌っていましたが、その頃にはもう、渋谷でジャジーなバーを経営しておりました。当時お店に飲みに行くと、彼のそうした以前の仕事柄か、タレントさんの顔などもよくお見かけしたものですが、今はそのお兄さんにもお孫さんがいるやに聞いております。

 そして健之くんの『気まぐれ日記』にあります通り、スラッと小高木のキンモクセイは、本当に素敵な香り。久々に、そんなキンモクセイも薫る郊外での‘ほのぼの結婚式’に出席してみまして、ジミ婚・ハデ婚・デキ婚・授かり婚?今はいろいろあるそうですが、叶うものでしたらなるべく早めに、健之くんの結婚のニュースを聞いてみたいな~、と思った私でした。「近所のおせっかいオバサン」のようでゴメンナサイ!!

20071008220634.jpg
          



PageTop

まるで私を責めるよに 北の新地に・・♪

明日、松原健之さんのお仕事は大阪ですね!予報を見ると降水確率が少し高く、ムシムシしそうな日ですが、健之くんには是非元気いっぱいお過ごし戴きたいものです。もうだいぶ涼しくなりかけていながら、‘温暖化’の影響もあって、私達でも上着や中に着る物の選択がすごく難しくて困ります。ましてや皆さんの前で、いつも素敵な歌を歌われる事が使命の健之さん、健康管理はさぞ大変な事でしょう。  ところで大阪は、実にご当地ソングの多い所ですが、皆様はどんな歌がお好きでしょうか

                       20071009162528.jpg

PageTop

愛の西湘バイパス☆

先日の松原健之さんの『気まぐれ日記』に、明るい‘湘南風景’の模様が綴られておりました。ほんとに、お仕事とはいえ、健之くんが楽しい気分になられている様子がよく伝わって来て、こちらまで嬉しい気持になります

健之くんが今回行かれたと思われる付近からは、国道1号線をず~っと西へ行ったあたりの、西湘バイパス─大磯・二ノ宮・国府津の護岸が、先月の台風9号による高波の影響から立ち直って、このたび道路の一部が暫定復旧したというニュースを耳にしました。本格復旧にはもう少し時間がかかるとのことですが、それと同時に国は、今回のように、一度に岸に打ち寄せる海水の量が著しく多くなる「長周期の波」など、波のデータや海底の地形も分析して、こうした護岸における自然のメカニズムを解明して行くのだそうです。いつの世にも「治山治水」は、国民生活に直結する大切な政策ですね。 そしてこの西湘バイパスと言いますと、湘南~箱根等への格好の日帰りデートコースを疾走するには、景色も良く持って来いの道路で、かつては‘愛の西湘バイパス’などと呼ばれていたのを覚えているのですが、今もやはりそうなのでしょうか?

PageTop

あ~ わたしの恋は~南の風に・・・♪

最近気になるCMがいくつかありまして。突然テレビから曲が聞こえて来た時、懐かしくてびっくりしたのが、♪ウィスキーがお好きでしょ・・ の、石川さゆり(SAYURI)さんの歌うお酒のコマーシャルです。松原健之さんが、限りなく美しい歌声でカバーされている『星の旅びと』のオリジナルはさゆりさんですが、このコマーシャルは16年前にも一度放映されていて、当時もとても評判になりました。多くの方が又、微笑みながら聞き入っておられるかも知れません。 缶コーヒーのCMで流れている「刑事コロンボのテーマ」は、短い曲なのですが私は昔から大好きで、今でもちょっと元気の無い時、このCDを聞くとニコッと出来るくらいです。作曲があの「ムーン・リバー」や「ひまわり」など、数々の映画音楽で有名なヘンリー・マンシーニなのは、当時のアメリカのテレビ映画の人気ぶりがうかがえる気がします。気になるCM 最後は、郷ひろみさんの歌うヘアケア製品のもので、これは聖子ちゃんの「青い珊瑚礁」の替え歌になっています。耳にした瞬間思わず、え?!と固まってしまいました~。“生まれ変わったら一緒になろうね”の悲しい恋の顛末も、約四半世紀も経ちますと、こうやってCMソングの粋な‘味付け’と化すものなのですねえ!

PageTop

♪たそがれの 歩道橋からしみじみ・・   其の二

家から15分位歩くと、もう大きな川の河口に出ます。
ですから、ここは健之くんの歌の通りの、♪川のない街・・ ではないのですが、、
とある歩道橋から、羽田空港方面を望んでみました。
少し天候が荒れているようです。皆様、台風にはどうぞお気をつけ下さいね。すぐそこがもう海なので、ほのかに潮の香りがしました。駅ビルの中のCDショップで『あの町へ帰りたい』のカセットを買いました。カラオケ好きの知人の誕生日プレゼントにしようと思います

富士山では、本日、
初冠雪を見たそうです。麓は追って綺麗に紅葉して来ることでしょう。
まるで健之くんの、いっぱいの希望に溢れた歌手人生をあらわすかのような、
とりどりに、輝く色彩で彩られた美しい景観が
間もなく日本各地の景勝地でも見られるようになります                                                                 
             20071006182347.jpg

PageTop

ちりとてちん!

健之くんの公式プロフィールに、「平尾昌晃氏の『チャレンジ歌バトル』(テレビ東京)グランドチャンピオン大会でグランドチャンピオンに」という項目が実に燦然と!輝いています。凄いことですね。それでは、という事でこの8月頃から、日曜・朝の「ミュージックメモリー」(NHK-FM)というラジオ番組を、聴ける限りは聴き始めた私です。平尾昌晃さんと、お馴染み・葛西アナウンサーとの楽しい対談形式で、平尾さんの作品のみならず、いろいろな曲が紹介され、様々な音楽談義を交えながらの約1時間を、わが家は日曜もかなり慌しい中を、頑張って聴いております。小柳ルミ子さんの「瀬戸の花嫁」という曲は、最初は題名を、作詞の山上路夫さんと相談して「峠の花嫁」か「瀬戸の夕焼」か、どちらかにしようという事だったのを、ルミ子さんのマネージャー氏の「いっそ、
瀬戸の花嫁にしたら、、」のひと言で、それに決まったという秘話も、とても意外で面白いものでした。そういうこともあるのですね~

さて世の中は10月に入り、‘JP’(ジャパン・ポスト)が発足し、‘緊急地震速報’の放送が始まり、人が胸に‘赤い羽根’を付けて歩き、浪花の‘御堂筋’もいよいよ‘禁煙’となりました。NHKの朝のドラマの「ちりとてちん」が始まり、舞台は福井の小浜です。福井県は、健之くんの所属事務所の社長でもある、有名な五木ひろしさんの故郷であり、毎日必ず、登場人物の誰かが口ずさんだり流れたりしているのが、あの、健之くんもミニアルバム『桜橋から』で爽やかにカバーしておられる「ふるさと」です。ミュージックメモリーの中で、平尾昌晃さんが語っておられるところによりますと、この曲のイントロはまさに<ウエスタン>なのだそうです。音楽とは本当に楽しいものですね。

そして今月から又、大きな会場で華々しく歌われる機会も多く、ファンも嬉しい限りの松原健之さん。また新しいファンの方が沢山・沢山出来そうなのが、一番嬉しいですね。私も、現地へ行けない時でも、いつも心の中で精一杯、健之くんへ声援を送って行きます


PageTop

お誕生日おめでとう!!!

今日 10月1日は、我らが松原健之さんのお誕生日です!!!

この一年も、健之さんらしい晴れ晴れとした、良い年でありますように、心からお祈りしています

PageTop