FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

8月の‘熱い’日々。そして9月へ

8月もいろいろな事がありました。東京で初めて猛暑日を記録したのが10日の金曜日、それからはまるで坂道を転がるように 猛暑日の連続で。しかし多治見市では11日間も猛暑日が続いたそうで、大変なことでした。世界中で同じく酷暑や、豪雨・洪水・山火事などが多発しています。日本の残暑も、和らぎながらもまだしばらくは続くのでしょう。アメリカの金融機関の問題に起因する世界の株安も、日本に16日・29日と影響を与えました!私は株取引はしないのですが、やはり1つの社会現象として興味を持って見ております。
31日朝、健之くんの故郷・静岡県西部を震源とする地震があり、この地域の方々はさぞヒヤリとされた事と思います。私達も小さい頃から学校で、もしも東海地震が起きたら・・という想定で何度も防災訓練もして来ているので、もう「心の準備」だけは身にしみついた所があります。今日はM4.3、なぜか岐阜の恵那市の方が震源よりも揺れているのがかえって不気味に感じました。どちらにも、何事も起こらないとよろしいですね。 明日は防災の日、1923年の関東大震災の話を、私はよく祖母から聞いて育ちました

PageTop

麗し☆花火大会

終戦記念日に、近所に上がった花火を少しだけ垣間見たのが尾を引いて、先日、もう今夏残り少なくなった花火大会の1つを友人と一緒に訪ねました。健之くんの故郷・袋井の3万発を誇る有名な花火や、隅田川の大会のような名物花火ではないのですがそれでも、対岸での打上げを川をはさんだ土手に佇んで見ておりますと、こちらに向って振りそそぐように開く色とりどりの尺玉は、お腹に響くその炸裂音と共に素晴らしい迫力でした。花火師の命がけの‘心意気’は、何処も変わりはないとも思い、また本当に、見ている人達もみんなで拍手をしたり大歓声を上げたりしていて、とても楽しいひとときでした。来年も又こんな花火が見られますように&たけしくんの歌声が沢山聴けますように・・・見上げる綺麗な光の輪と轟く音の中で、そっと神様に祈りました

PageTop

皆既月食は見られましたか?

今日あたり、全国的にいくらか激しい暑さが和らいだ、、という話もありますが、どうしてどうして、まだなかなかに暑いです。私共の所もコンクリートの林に囲まれており、昼間、それらの建物が吸い込んだ“熱”が、夜になっても翌日になっても冷めずに蓄積されて行くので常に暑いのだと、建築を専門にしている知人が言っておりました。なんとかならないものでしょうか こんな日はやはり、健之くんもお好きだという「カレー」が食べたくなります。全国にはいろいろなカレーがあり、北海道の「トドカレー」?!、山形の「さくらんぼカレー」なるものもあるそうですが、ウチでは専ら、横須賀の「海軍さんのカレー」のレトルトを沢山買い込んでおいては、食べる時に、これをベースに更にカレー粉・小麦粉・バター・香料・肉・野菜・にんにく....などを加えて、もう一度煮込んで‘独自’の味を楽しんでおります。そのままでもかなり美味しいのですが、時間のある時のちょっと一工夫、といった所です。今日もこのカレーとビールとで暑さを克服致しましょうか。 これから雨が降るそうで、久々の「天体ショー」はちょっと見られない模様。。それでもこれで少しは涼しくなってくれると良いのですが。

                                  20070828191001.jpg
                      

PageTop

「鏡花の芝居」ならぬ流し目王子のお芝居!

松原健之さんの「気まぐれ日記」(2007/8/23付)に、山崎ハコちゃんとの話題が載っておりました。名曲『浅野川恋歌』の作曲者と、カバーで素晴らしく歌っている歌い手さんとのコンビが集われたなんて、想像するだけでなんだか嬉しいです。この歌は、“天から降って来たように一晩で出来た曲”と、何かで読んだ記憶があります。ハコさん本当に素敵な曲!
ハコさんと健之くんとは、果たしてどんな音楽談義を交わされたのでしょうか、ファンもワクワクします。少し前のNHKBS・「フォークの達人」で、ハコさんの歌声は久々にたっぷり聞かせて頂いたのですが、強くて可愛らしい声は不変でした。
  ※部分、後に加筆

PageTop

バイオ?!   

健之くんの故郷・袋井市の近くの遠州 森町は、美味しい“とうもろこし”の特産地だそうですが、今年も豊作だったしょうか 採れたて野菜を満喫出来る地域の方が、つくづく羨ましく思えます。と言うのも、私も大好きな“とうもろこし”が、今年の夏は、近くのどこのお店をのぞいてみても、なんだか細くて軽くて頼りない印象の上に、価格が高いのです。こんなに暑い日が続いているのですから、不作ということは考えにくい・・。ふと頭をよぎったのが、とうもろこしは、バイオエタノールなどバイオ燃料の大事な原料で、収穫したものがそちらの方へと大幅に流れてしまって、一般の食卓には供給が薄くなっているのかな、大量消費されるスーパーマーケットなどへ卸す品は、品質的にも落ちて来ているのかな、といったことでした。いずれ、とうもろこしとか、さとうきびとか大豆とかの、バイオ燃料やバイオディーゼル燃料に利用される農産物は、「燃料」と「食料」との間で熾烈な取り合いになる、、という話は、以前聞いたことはあるのですが、こんなに早く影響があるとも思っていなかったですし、自給率の低い日本のとうもろこしが、敢えて工業的に使用されているかは半信半疑ではあります。が、このところの、ちと弱々しい‘顔’のとうもろこし達を見ていると、あながち想像が外れているとも思えないのです。石油や軽油に代わる燃料としてバイオ燃料は不可欠でしょうけれど、一粒一粒がプキプキつやつやの新鮮・立派な!スイートコーンの‘茹でたて’が恋しい今日この頃です

PageTop

ああ、『金沢望郷歌』

まだ高校生の頃、学校のそばの図書館で、若き文壇の貴公子・五木寛之さんの小説を夢中になって読んだものです。『海を見ていたジョニー』、『涙の河をふり返れ』....などが、その頃の私達にとって、どれほど新鮮で楽しかった事か、そしてハンサムな五木さんは、みんなの憧れの的であり、五木さんの単行本を小脇に抱えて街を歩くことが、特にその頃の女子高生や女子大生のひとつのファッションにもなっていました。五木さんは、小説の内容も勿論ですが、題名を付けるセンスがまた格別で、その才能にも惚れ惚れとしたものです。それから後の『戒厳令の夜』や、先ごろ‘横書き’リメークで再出版された『風の王国』も、そうした五木さんならではの、スケールの大きな一大スペクタクルで、いずれも大好きな作品です。これから、もう1回読んでみようと思っています。
さて私は最近少し落ち着かなくて、先ほどやっと本屋さんで手に取った、今週号の雑誌「週刊現代」です。五木さんの連載エッセイ「新・風に吹かれて」は、このところの猛暑・酷暑を題材に、とても面白い内容です。まだの方は是非お手にとってご覧下さいね。松原健之さんのデビュー・ヒット曲『金沢望郷歌』も、ご存知の通り、1989年に発表された、五木寛之さんの同名小説の題名から命名されました。五木文学の香り漂う中にも、健之さんの甘美な歌声は、聴く人を郷愁・憧憬・望郷、そしてある種の官能の世界へも導いて、とても沢山の方々に愛され続けています。今週号のエッセイの中で五木さんは、おそらくは地球温暖化のせいで、このところの冬は、金沢にもめっきり雪が少なくなり、それは、五木さんの金沢ご出身の奥様がまだ小さいころ、膨大な積雪の為に、ご自宅の1階からは家の中への出はいりが出来ずに、2階の窓をその用に使用されていた頃とのあまりの違いに於いて述べておられます。少し前の号でも、たしか同様の事に触れられていました。ああ、ここで、五木さんが詞を書かれた、松原健之君歌うところの『金沢望郷歌』の一節 "君を見送る兼六園の 雪の白さが心にしみる・・・” このような光景も、もう松原君のうたう歌の中でしか聞けなくなるのだろうか・・・などと、ひとこと、ほんの一言書いて下さると、ファンはどんなに嬉しいかと、、私は、本屋の店先で涙がこぼれました。

PageTop

関東地方が一番暑い!!新記録40.9℃

松原健之さんを応援しておりますと、どうしても芸能関係のニュースは気になります。この16~28日まで、渋谷の東急本店で「渡辺プロダクション」の創立50周年を記念して、華やかな展覧会があるようです。 業界の草分けで、往時はあたかも歌手・タレントさんの殆どが、このナベプロの所属であるかのような印象も、人々に与えたかも知れません。 様々な展示品が楽しめるようで、
時間があれば行ってみても楽しそうです。東急本店もちょうど40周年だそうで、デパートの合併・再編も盛んな昨今、いろいろと大変なことでしょう。こちらは地下のお酒売り場が充実していて、世界のいろいろなワインが置いてあります。私は、純国産の、信州は桔梗ヶ原のぶどうから作る‘酸化防止剤無添加’のワインが、1000円ちょっととここではリーズナブルな上、甘くて美味しいので大好きです。


20070816134238.jpg
<近所の花火>
昨夜、まるでお盆の送り火のように、ポッと花火が上がりました。周りが明るいし、ごく短時間でしたが、それでもあちこちで、昼間の‘灼熱’からやっと解放された大人や子供の歓声が聞こえました。花火も、川や海の近くで多く行われます。“♪川のない街はさびしい・・・”(松原健之『あの町へ帰りたい』より)ですけれど、幸いここも大きな川の近くの街です

PageTop

治部煮.?鰻?冷凍ミカン? お弁当を想像する

13日のラジオ「えんかe-ジャン!」の中で、松原健之さんからご紹介のあった、今週末~ 24時間テレビの催しの一環で売り出されるという、期間限定・豪華「松健(まつたけ)弁当」。こちら(→金沢望郷歌⇒イベントスケジュール)を見ますと、たけしくんの故郷の静岡にゆかりの食材も、入っているような感じがします。ラジオの中で、健之くん自らお弁当製作の企画会議に参加されたのかな・・とうかがえるトークもありまして、出来上がり品を想像すると楽しいですね。なんと言っても、ご自分の名前を冠したお弁当の発売は、健之くんもとっても嬉しい事と思います。 ところで暑いさなか、つるっと冷たい食べ物は喉を通りやすいものですが、聞くところによると、東海地方では‘冷やし中華’をお店で注文しますと、必ずと言っていいほどマヨネーズが付いて来るそうです。皆さんの地域ではいかがでしょう?私の所では、まだカラシだけですね~。いくら暑くても「松健弁当」なら沢山食べられそうですが いずれにしろ出来るだけ、食べやすいものでしっかり食事を摂って、この猛暑の中でも元気にしていたいものです。

PageTop

メディテーションしましょ!

松原健之さんが、「気まぐれ日記」にてNHK総合の『21世紀仏教への旅』のことを教えて下さって良かったです。 以前ハイビジョンで放送された時にはなかなか見られず、最終回でしょうか、中国・フランス編を少し見ただけでしたので、今度は見てみたいです。時あたかもお盆の最中ですね。フランス編では、五木寛之さんは、たしかモントイユという町の、個人の家を改造した禅道場を訪ねたり、パリで弟子丸泰仙(たいせん)という偉いお坊さんの足跡を辿られたりしていました。私は弟子丸師の、布教のみに心を費やすというのではなく、「只、座して自己を見つめる」という禅の思想をフランスの人達が理解することで、彼ら自身のカトリックの信仰が深められればそれでいい、という寛大な心にとても感動しました。このように、禅における「瞑想」が、ストレスの中で暮らす西洋人の心には、落ち着きと平安を得る手助けになる、と五木さんも解説されていたと記憶しています。彼らは必ずしも“宗教”を求めてではなく、心のバランスを求めて「瞑想」するのだ、というような事もおっしゃっていました。是非、もう一度見てみたいです。(今日の深夜には‘裏’であの「米米クラブ」も登場するんですよ!ビデオ機が大活躍ですね

PageTop

e-ジャン、いいじゃーーん!!

ラジオ日本は、多摩川最河口の河川敷に有る送信所の、なんでも「指向性アンテナ」の位置と、そこから西向きに流れているという電波の関係等で、アンテナから‘東・北’方向ではいささか聞こえにくい場所がある反面、‘西’方面ではかなり広範囲で聞けるという事なのです。今日の「えんかe-ジャン!」も、多くの皆様が健之くんの歌声を楽しまれたことと思います。
私も、もちろん聞かせて戴きましたよ♪ 『金沢望郷歌』、なんとなく懐かし~く聞きました  『あの町へ帰りたい』が、良かったですね~~。少し、たゆたうように歌われて、切なさが溢れました。低音も本当に素敵。『涙そうそう』は、いつにも増して、羽のように軽やかで優しい節回しが随所に散りばめられて素晴らしかった。ほんとに今晩、健之くんの歌が聞けてよかったよかった!

ラジオ日本は、以前はラジオ関東という名で、古くから関東地方のリスナーに親しまれて来た局です。小さい頃「ベイ・オブ・トーキョー」という音楽・情報番組が子供ごころにも何となく面白くて、よく耳を傾けておりました。英語の意味が分らず、べいお、で区切っては、う~んなんのことだろう、と、ずっと思い続けていたものです

PageTop

君の瞳に恋してる♪暑っ!!36.4℃        

松原健之さんが、最近、映画を見てとても感動したというお話を、「気まぐれ日記」や、ご自身のラジオ番組などで紹介されていたことがありました。皆さんも、いっぱい映画を見て下さいね!と、言っておられたように思います。“いやあ、映画って本当に素晴らしい・・”ですよね!! 今月下旬に公開予定の作品で、感動で泣けること間違いなし、と、先日ある映画評論家が推薦している映画がありました。韓国の「私のちいさなピアニスト」がそれで、内容に感動すると同時に「ラフマニノフ」に浸れて、「ホロヴィッツ」の演奏も楽しめるという事です。見てみたいですね。私も映画が大好きで、中学1年生ぐらいから毎月、雑誌の‘スクリーン’をお小遣いで買うのが楽しみな子供でした。でも実際には、あまり映画館で映画を見てはいなくて、本の中であらすじなどを読んでいる分、見たような気になっていたようです。最近は‘スクリーン’にもご無沙汰ですが、また読んでみようかなと思います。 好きな俳優さんというと、今年度のアカデミー賞で、ついに 「クィーン」という作品にて主演女優賞を射止めた、ヘレン・ミレンは昔から好きで、彼女のことは、テレビ映画「第一容疑者」の主演でもご存知の方が多いかと思います。私は、名画「ベニスに死す」の変則焼き直しと思われる「迷宮のベニス」(日本未公開・ビデオのみ)に於ける彼女の‘怪演’が忘れられません。競演の天下の‘怪優’クリストファー・ウォーケンに勝るとも劣らぬ見事な“キレっぷり”は最高でした。ウォーケンさんと言えば、何と言っても若き日の「ディア・ハンター」の名演が印象に残ります。この映画の挿入歌『君の瞳に恋してる』は、聞くとウキウキ元気が出てくる曲なので、以前は携帯電話の着メロにしていました

PageTop

見上げてごらん夜の星を★

我が“郷土の星”が、若くして本当に星・‘千の風’になったのは、22年前のこの月、8月のことでした。
「坂本 九」ちゃんと、私の母やその親兄弟・そのまた友人・ご近所さんたち...は、年代の違いはあれど皆、九ちゃんと同じ小学校に通った「同窓生」。私は別の学校でしたが、今もちょくちょく、その小学校の前を通る機会があります。創立130年以上を誇るなかなかの‘名門校’で、校歌の作詞・作曲者はそれぞれ、北原白秋、山田耕筰 という、昭和初期の大御所・ゴールデンコンビです。  日航ジャンポ機のあの大事故を、その日私は仕事帰りに寄った池袋のパブの、大きなカラオケ用の画面が映し出すTVの臨時ニュースで知りました。刻々と伝えられる事故の様子を、もう飲むことも忘れて、知人達と見入ったこと、そして、乗客名簿にあった九ちゃんの名前。ショックで呆然としながら、なんとも言えぬ気分で深夜、帰途についたのを、この季節になるといつも昨日のことのように切なく思い出します。『上を向いて歩こう』の、九ちゃんのあの独特のウエスタン張りの声と卓越したリズム感は、世界の音楽市場を席巻しました。この素晴らしい天才を、早々にファンの前から奪い去ったものはいったい何だったのか、しっかりと答えは出ているのでしょうか。二度と繰り返して欲しくないことが、ここにもあります。

PageTop

立秋とスイカ

どんなに暑くても、季節は巡って「立秋」がやって来ました。ただし、本当に名ばかりですね。ひたすら熱中症にならないように気をつける毎日です。日が暮れて、ビールのグラスを傾けるのが楽しみ!という方もさぞ多いことでしょう。ラジオで耳にしたのですが、なんとこのビールのつまみに、スイカが意外とイケるというのです。冷たい食べ物同士ですし、どうかな・・と、ちょっとその取り合わせには首を傾げざるを得ないのですが、よく聞いてみますと、スイカはご存知の通り瓜科で、いわば「きゅうり」の仲間。酒の肴には、とかくモロキュウとか糠漬けとか、オイキムチとか・・、「きゅうり」は頻繁に登場するでしょう?というわけで、スイカも同じく、ビールとは味覚的によくマッチするという事なのです。 今夜は、生まれて初めて、ちょっと試してみましょうか。スイカの好きな健之くんのことを思って、ふと顔がほころびます。


「秋立つや一巻の書の読み残し」 漱石

PageTop

暑中お見舞い

暑中お見舞い
    申し上げます 


宣言を出しそびれてしまい、困っていたというウワサの気象庁が
今日はとうとう意を決したようで(^^)
東京地方も、やっと正式に梅雨明け致しました!
この応援ブログを、
いつも大勢の方に見て戴きまして、本当に有難うございます。

健之くんも、あの“クールビズ風”お衣装で
連日、頑張っておられる事と思います。
一見涼しそうな色合いでも、そこはやっぱり、きちんとした衣装です。
実は凄く暑いことでしょう。
出来るだけ涼しく歌えますように、、と
いつも蔭ながら思っています。


皆様も、どうぞご健康で楽しい夏をお過ごし下さいね。        
                            
                            健之くん応援委員会

PageTop