FC2ブログ

健之くん応援委員会

“奇跡のクリスタルボイス”─作家・五木寛之氏が命名!─「金沢望郷歌」でデビューした 歌手の松原健之さんを応援するブログです。         健之(たけし)くんの歌声を もっともっと 沢山の人に聴いて欲しいとの願いをこめて!

体重計乗らない歴、2ヶ月半・・

結果は分りきっているので、長いこと体重計に乗っていません 太ってはいけないと医者にも言われているのですが、暑いのが苦手なため、この季節は出来るだけ冷房の中でジッとしていたいという願望が強く、どうもいけませんね。以前はこれでもスポーツ大好き人間だったので、少し心掛けないとと思っています。あとはストレスというのも、時に過食になったりして、「体重」には良くない!と思われるのですが。。

このごろよく、今の歌い手さんが「デビュー」するということは、ひょっとして、「年功序列」の世界へ足を踏み入れてしまうことなの?!と思ったりしています。年功序列で良いのなら、普通に‘9時~5時’のサラリーマンになっても同じなわけでして、ことは芸能界、まさかそんなことはないと思うのですヨ。他人には無い様々な才能を持って生まれて来た人たちが集まるのが、芸術・芸能界でありスポーツ界であり、また文壇であり画壇であり、詩壇であり歌壇であり、、するわけです。
ここは、その才能をもって多くの人々を広い意味で楽しませ、影響を与える事の出来る‘エンターテイナー’達の住む世界です。もちろんいずれの世界であっても、師・先輩・後輩の関係は厳然と重んじられなければならないでしょうけれど、年功序列という事になると、本来ここでは有るわけはないのです。一般社会に存在する通例にはとらわれず、一気に頭角を現せるチャンスがあるからこそ、特異な才能を持つ人達は、ある時をもって一般社会とは一線を画するこの世界へと、活動の場を移すわけですね。


私は、たけしくんがメジャーデビューするまで、(彼のCDデビュー作・「旅の終りに」を除いて)何しろ最後に買った日本の流行歌のCDが、米米クラブのアルバム「DECADE」だったわけでして、約20年、まったくと言っていいほど歌謡界事情にはご無沙汰しておりました。この10年間は、カラオケにも年に2回位しか行きませんでしたし、いくらか窺い知っているのは昔の歌謡界のみです。が、気付いてみますとどうなんでしょう、今、有望若手歌手の方たちの何人かを観察 してみましても、デビュー後何年経(た)たないとこのTV番組には頻繁に出られない、何年経たないと、ある番組には名を連ねられない、何年間は、こうこうこういうような仕事に専念して貰いまして、あと何年経たないとコンサートは開けない、何年経たないと大きな会場でショーは出来ない......たとえヒット曲を出そうが出すまいが・・・というような風潮が、ひょっとして今の歌謡界にはあるのかも知れないと感じています。これは、ファンもストレスが溜まりますね~!!

しかし、これが私の思い違いではなくて、もしも仮に、世にこのような流れがあったとしてもです、もうそれはそれでファンもかえって、今の歌謡界のいろんな‘考察’も出来て勉強になる、ぐらいに考えている方が良いのかも知れませんね それに、そうは言っても、誰しも焦らずに努力を続けていると、きっと、案外早くに大きな道が拓けて来るものだと思うのです。

歌手も、とにかくどんな逸材であっても「デビュー」をしていなければ、ただ“知る人ぞ知る”存在にすぎないわけで、それでは御本人にしても応援している人達にしても悔しいことでしょう。今そしてこれから、華やかに歌謡界へデビュー出来た御本人の素敵な「運」を喜び、レコード各社の組織力に期待して、健之くんはじめ若手の実力派歌手さんたちが切磋琢磨しつつ、早くもっともっと「全国」の人々にその歌声を知って頂けますよう、心から祈りたいと思いました。今年もあと5ヶ月なんだなーと、月末に当って、今日はエアコンを止めて汗を拭き拭き考えてみた次第。

PageTop

銀杏(いちょう)返しに 黒繻子かけて♪ ~隅田川~

今日は隅田川で花火大会が行われるそうです。何やら朝からウキウキしている人も多いようですが、私はあまりの人ごみは苦手なので、テレビででも見るとしましょう。この隅田川の花火でも22,000発で、松原健之さんの故郷・遠州袋井の大花火大会ではなんと、計30,000発が打ち上がるそうですから、これは凄い!袋井出身の健之くんも、おそらく花火がお好きなのではないでしょうか。遠征先でも、これからは各地で美しい花火が見られそうですから、そういう折は、健之くんの仕事の疲れも癒されるのかも知れません  隅田川と言えば、先ごろ成功裡に幕を閉じた、中村勘三郎さん率いる「平成中村座」のニューヨーク公演での出し物が「法界坊」だったということで、この正式な外題が『隅田川続俤─すみだがわごにちのおもかげ─』、とても面白いお芝居です。私も、一番最近に見た「法界坊」でも、もう1995年の中村梅之助さん扮した時の舞台ですので、またそろそろこの演目を観たくなります。劇中、俗に「双面─ふたおもて─」と呼ばれる舞踊が特に素晴らしいこともありますし、NYのお客さんも、言葉は分らなくても充分楽しめた事と思います。そしてこのたび、五木寛之さんも長く選考委員に名を連ねておられる「直木賞」の第137回受賞作品に、こうした歌舞伎の劇評などでもよくお名前を聞いていた、松井今朝子さんの「吉原手引草」が選ばれました。受賞前から傑作の呼び声も高かったということで、既に読了している方も多いとか。私も早く読んでみたいと思っています

PageTop

健之くん、また、出てネ♪

7/17~20のNHK-FM「歌謡スポットライト」は、楽しかったですね 特に最終・20日金曜日は、1週間ゲスト出演の松原健之くんのセレクトで曲がかかり、それは七色の曲調・どれもそれぞれに赴きが有って、とても良いものでした。五木ひろしさんの「道」に感動しきりです。
健之くんの選曲のセンスはさすがに素敵でトークも柔らかボイスで素敵、そして何より『あの町へ帰りたい』『金沢望郷歌』をまた、テレビ・ラジオで見たい聞きたいわ、と、ご感想などNHKにお便りして、ファン・パワーを炸裂させてみませんか?→NHKへご意見・ご要望

PageTop

灼熱・ヨーロッパ

この19日ごろから、ヨーロッパ南部が猛暑に襲われているそうです。アテネやルーマニアでは、
それぞれ48℃、49℃を記録し、ハンガリーはすでに数百人の犠牲者を出しているということです。極度の乾燥の為、大きな山火事がいくつも起こって、これも大被害をもたらしています。暑さは、子供や老人には特に、如実にこたえてしまうのも深刻な状況。本当に気の毒です。日本でも、天災・人災・その他諸々取り混ぜて、これから「熱い」夏になりそうですね。今日は昨日より涼しくなる‘予定’の、この辺りの天気予報も、まるで当っていません。今年は冷夏なのか猛暑なのかも、まだはっきりしませんけれど、最新号の音楽雑誌「カラオケONGAKU」誌上で、往年のNHK名アナウンサー・吉川精一さんに、あんなにも推奨して頂いているプリンス松原健之さんも、体調の管理にはさぞ腐心されている事と思います。今年の夏も又、頑張って乗り切って戴きたいものです。そしてこの音楽誌の吉川精一さんの文章を読みながら更に感じた事─吉川さんの司会・健之さんご出演の、先週のNHK「歌謡スポットライト」の最終日、健之くんのマイ・セレクションのコーナーで、吉川さんが、この番組の縁で松原健之さんという歌手と知り合い、その清新な歌声に触れ、なおかつその人の選んだ秀逸な曲の数々も聴く事が出来て誠に嬉しい・・・という優しい気持、素直な気持、あれほどのベテランにして、まだまだ謙虚な初々しい吉川さんの心根が、ラジオを通して良く伝わって来まして、健之さんの事を認めて尊重して下さっている様子とあいまって、とても感動したのを思い出しました。それにしても、吉川さんも演歌のCDを出されているのですね。美声で、きっと歌も、とてもお好きな方でいらっしゃるのでしょう

PageTop

☆童神(わらびがみ)☆

気まぐれたけしくんの「気まぐれ日記」は、まだ更新されませんか~?と、皆でパソコンを囲んだ夕べ遅くでしたが、その日記に、健之さんのお姉さんの所に、この日新しい命が舞い降りたという、思いがけなく嬉しいニュースが載りましたヨ~。健之さんと、健之さんの御家族に心からおめでとうございます。たとえ離れていても、健之さんにとって、家族の存在はいつも大きな心の支え・喜びでありますことでしょう。健之さんの幸せそうな様子がそのまま伝わって来て、良かったなーと、本当にファンも幸せです。そして松原健之さんの、特別に歌う子守歌を聞けるこの赤ちゃんは、なんと羨ましい。きっと素敵な女の子に育って行かれることでしょう。健之くんも、これから益々“愛”に溢れ肩の力も抜けて、素晴らしい歌を歌われる予感です。ね!たけし叔父さん!
西日本はほぼ梅雨明け・晴れ晴れと良い船旅を。

PageTop

電気屋一直線

松原健之さんが出演する「洋子の演歌一直線」を見ました。久しぶりで、健之くんの実物に会えたような気がして嬉しかったわ。相変わらず声もよく伸びて、とても綺麗でした。家族の見るHDDレコーダーにはいつものように録れたのですが、私のシゴト部屋兼寝室の狭い所にある古いビデオ機が、先月初めから故障したままで困っていたので、今日のものも含めて又いろいろ見る為にも、あとで近くの家電量販店へ行って、新しいのを買って来なくては・・と思っています。この量販店、春頃からビールやお酒の廉価販売も始めていて、とても助かります。今日も気温がそれほど高くない割には、蒸し暑くて過ごしにくい陽気です。冷たいビールの晩酌が楽しみな日々ですネ。テレビで素敵なたけしくんを見られて嬉しいから、私も今日は1本よけいに頂きましょうか

PageTop

溶け込んで

NHK-FM今週の「歌謡スポットライト」にゲスト出演中の松原健之さん、その歌声が番組のエンディングを飾り、ちょうど夕方6時前の日本中に、毎日美しく流れています。新曲『あの町へ帰りたい』♪たそがれの 歩道橋からしみじみと・・・ まさに黄昏せまるこの時刻にぴったりと溶け込んで、物柔らかな名調子のナレーションと共に綺麗な歌が流れ来ると、番組のエンディング・テーマとして、健之さんのこの曲が、ずーっと採用されたらいいのにな、などと思います
歌声がフェイドアウトするとすぐに、NHKの6時の時報です。全国でこの時報を聞きながら、ぼちぼちと一家で温かい食卓を囲むご家庭も多い時間でしょう。ああ、健之さんが、長い間努力に努力を重ねて、ついにこういう日が来たのだなあ、と思うとファンは胸がいっぱいですね。これからも健之さん、この調子で、益々飛躍して行って戴きたいものです 

PageTop

買い置きが!

カセットのカラテープの買い置きがあまり無いことに気付き、節約をしながら録らなくてはと、今日の健之くん出演の「歌謡スポットライト」>の録音は、吉川アナウンサーとたけしくんとのお話しと♪『あの町へ帰りたい』の部分のみです。そうしましたら後から、番組中にかけられた「藤あや子さん」の曲を、たけしくんも一緒に口ずさんでいた、というお二人の会話もありまして、あら~、それなら思い切って録っておいて、私も歌を覚えればよかったわ!と、ニヤニヤ思ってしまいました。そして“お酒は嗜む程度”の健之さんの歌声は、やっぱりさすが!ラジオから冴え冴えと美しく響き渡り、番組はとてもゆったりはんなりと穏やかな雰囲気で、明日からもまた楽しみですネ


犠牲者・怪我をした方が沢山出ている、7.16新潟県中越沖地震の被害には、又も胸が痛みます。遠く離れた私共の地域でさえ、震度3の長い横揺れがしていました。もはや、いつ何処で突然何が起きるのか、全く分りません。3年前の中越地震の時に、周辺のエネルギーまでかなり放出しているはずと考えられていたのだがと、短い期間に新潟・能登・またも新潟と、近い地域に頻繁に大地震が起こることにTVで専門家も首を傾げておりました。今回、震源が、浅い海中であるのは余震も大きい可能性があるとの事です。新潟・長野・能登の皆様に被害がこれ以上拡がらない事を、心よりお祈り致します。

PageTop

大型台風

梅雨前線の活動に加えて、台風4号が九州地方に接近する可能性もあって、今週後半、九州~東海~東北地方の太平洋側が大雨になるという予報です。鹿児島で今日、1時間に110㍉という降雨量を記録し、熊本では既に犠牲者も出ています。「熊本県大雨災害義援金」も、日本赤十字社などで募金を開始したようです。健之くんが日記で紹介してくれていたアフリカの飢餓地帯や他にもスーダン難民の事など、あまりに可哀想で見ていられないような状況。地球に、困難なことばかりが続きます。皆様どうぞお体には気をつけてお過ごし下さいね

PageTop

TOKYOららばい

mixi(ソーシャル・ネットワーキングサービス)の利用の仕方・仕組がいまだによく分らないのですが、時々松原健之さんの応援を書くことがあります。健之くんの「コミュニティ」もここにはあります。普通のホームページやブログのほうが、情報の伝播力があるようにも思うのですが、“新着情報が早いのが利点”・・と誰かが言っていました。ちょっと意味がよく分らないのですが...。一説には登録ユーザー800万人超、 有名人で自らmixiに‘参戦’している人もかなりいるそうです。やはり宣伝の為なのでしょうか。
 雨が降っています。こんな大雨続きになる前の月曜日、竹芝桟橋までブラっと出かけました。
実は、毎夜ここから出る‘納涼船’に乗ってみようかという事で行ったのですが、一日の疲れもあってか、なんとなくくじけてしまい 友人と二人、東京湾を眺めながら、そのまま桟橋近くをそぞろ歩く事に致しました。綺麗に着飾った純白地の「ヴァンテアン号」が、周遊のため静かに岸壁を離れるのを眺めたり、レインボーブリッジや、摩天楼の夜景がとても綺麗でした。羽田を発着する飛行機のテールランプも大きくきらきらと煌めき、涼やかな夜風の中の散歩は気持ちが良かったです。昔はこの辺は海苔の養殖も盛んで、白魚も獲れたのよね、後ろに愛宕山を控えて、近くには浜離宮、江戸情緒がたっぷりね、そしてこの辺はかつてあのジュリアナ東京があった跡・・などと話しながら、浜松町の小料理屋でちょっとビールと天ぷらを。東京が一番好き、、二人の一致した意見です。やはり、ここは愛する「♪わがふるさと」(松原健之・『金沢望郷歌』より)だからなのでしょうね

PageTop

2007-07-07 07:07

↑今日の「気まぐれ日記」たけしくんに、“こだわり”を見た思いが!もしかしたら偶然かも知れませんけれど。キャンペーンやイベント・コンサートに、健康で頑張ってくれますよう織姫さまに祈ってみましょう。『七夕の飾りは揺れて 想い出は帰らず・・』 天上の‘銀河鉄道’を走る列車が、
中空から色とりどりの美しい音符の束をほぐして、地上に向って振りまいてくれているかのような1曲・・今晩しみじみ聴くには持ってこいの『松原健之・ミニアルバム“桜橋から”』の「青葉城恋唄」ですネ。

PageTop

「濡れてゆこうよ どこまでも」

年間に降る雨の量は決まっていて、今年のように前半がカラ梅雨だった分は、どこかで必ずまとまって降る事になるそうです。にわかに活発化した梅雨前線の影響で、2日夜から九州の鹿児島・長崎・佐賀、そして山口も特に大雨で、土砂崩れ・浸水・列車の脱線も起こっているのをニュースで見ました。鹿児島の指宿(いぶすき)ではもう、降り始めからの雨量が300ミリを越しているそうです。被害の大きい所の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。昔、指宿で“砂風呂”に入った暑い浜辺が思い出されます。雨も、集中して降ったりせずに適当ならば・・風情もあって良いものですのに。ラニーニョ、エルニーニョ?地球温暖化の所為でしょうか、なにか「自然」がとても猛々しくなって来ているように思います。
♪雨が小粒の真珠なら 恋はピンクのバラの花・・ こんな歌をもし健之くんが歌ったら、きっと綺麗な事でしょうね。聞いてみたかったナ

PageTop

しずぎん

しずぎん(静岡銀行)へ行って来ました。松原健之さんの故郷、静岡県に本店のある大きな銀行ですが、と言っても行って来たのはもちろん都内に有る支店です。今から10年ほど前、山一證券が廃業に追い込まれたり、長銀や日債銀も破綻したり、他にもいろいろと金融界が大騒ぎだった頃静岡銀行は経営がしっかりしていて、なかなかカタいと評判でした。なるほど株価も高値安定しているしと、少しだけ預金を試みて、少額ゆえそのままになっていましたのを、久しぶりに、ついでも有ったので訪ねました。相変わらずしっかりとカタい印象の中、無事に用足しをして参りました。美人揃いのカウンターの女性から、ただ今「体感キャンペーン中」の商品を案内されましたが、まあ、お話と、チラシだけ頂いて来ました。全体の変わらぬ‘クール’な印象は、さすが「地銀の雄」です。帰り道に、大森名物・木田屋の“あまなっと”を買いたいと思ったのですが、或るビルの中にあった出店(でみせ)はなくなっていました。今では本店と、インターネット販売だけのようです。 隔世の感・・少し寂しい気持がしました。

PageTop

N700系

東海道・山陽新幹線が、8年ぶりに新型車両「N700系」を導入だそうです。品川駅からの出発式の模様を、夕方のテレビで見ました。もう長らく、東京─新大阪間の所要時間は新幹線で2時間半、と思って来ましたが、この新車両は、カーブを高速で走行出来る“車両傾斜システム”を採用しているために、これまでの時間を5分短縮、大阪まではとうとう2時間25分となりました。
たかが5分、されど5分と言うことでしょうか。フランスのTGVは先日ついに、時速574.8キロを記録したと言いますし、そのへんがJRにとっても気になるところなのかも知れません。そのTGVも、日本の‘リニアモーターカー’の持つ時速の記録にはとても挑戦出来ないそうですが、国・そして企業間のこんな“競争”も、乗客にとっての、「ただ毎日、安全に運行して欲しい」という願いの大前提の上に立ってのものであって欲しいと思います。今日の東京地方は、それほど暑くもなく、過ごしやすい気候でした。キャンペーンのため松原健之さんが元気に向われた大阪は、いかがだったでしょう。そして健之くんの乗った新幹線は、新型車両だったでしょうか?

PageTop